FC2ブログ

ホールディング核心

以前一緒に「めがね」をトライしたガミケンさんと一緒に宿題を片付けに裏御岳へ。車内で便意を催して立川でトイレに寄ったついでに駅弁を買って普通の通勤電車の車内で弁当を食べたりしながらも、一足先に裏御岳に到着。

さすがに暖かいのでアップは早く、「ちゃぶ台返し」はすぐ登れ、「一徹」とそのランジバージョンの「男一徹」も登り、もう充分暖まったのではないかと思われたものの、相変わらず「クライマー養成ギプス」には歯が立たず、とっとと護岸岩へ移動。

二人で早速「めがね」にトライ。僕はやはりまだアップが不十分だったのか、スローパー取りもままならなかったが、ガミケンさんはさっくり上部に到達。しかし右上のホールドを保持しきれない。

ようやく僕も暖まり、上部へ。しかしこのホールド、真横からなら持てるものの、下からではイマイチ保持しきれない微妙な外傾ホールド。どうやれば持てるのか二人して試行錯誤。実はここが核心なんじゃないかって気がしてきた。初めからサイドプルで効かせようとしても効かないけど、小指でジャムれるので、ハマれば次の手が出せる。しかし不安定。



最後の核心、リップの遠いガバ取りができず敗退…。ガミケンさんもどんどん高度が落ちて断念。御岳に移動することに。


ガミケンさんは初めてのロッキーボルダー。他に誰もいなかったのでマットに少し不安。後日小川山を控えている僕は下手に触って猫パンや怪我をやらかしたくないし時間も少ないので、やる気なし。ガミケンさんが少しお触りして満足したところで忍者岩に移動。

知り合いの方が蟹虫にトライしていたので見たかったが、ガミケンさんはヨレて何もできなそうということで早めに撤収することに。


まさかまた宿題になるとは思わなかった…。何でもないところだと思っていたところで詰まっちゃうということは、その課題を触れるレベルではないのだろうかと思いながら帰宅。あと暖かいとアップが早いように思えるけど、結局めがねを本気トライできるようになるまで時間を要したし、暖かくても最初からガンガンアップで登っておかないとフルパワーは出ないということが分かった。

真剣にエンクラ核心

夜勤明けだけど、久しく外岩に行っていないアンジェラが御岳に行くというので、完徹で午後から御岳入りの強行軍。

朝から「デッドエンド」に撃ち込んでいるアンジェラは、ポッケ取りまでは安定、リップを叩いているというからそら恐ろしい。僕が到着した時もポッケを止めていたが、リップ出しが足も上げず、カチに寄せずに超デッド…いやいやそれは厳しいでしょ…と足を上げてしっかりホールドを見てからリップ取りに行くようにアドバイス。

しかしその後は1回しかポッケが止まらず、薄カチで酷使する左手中指終了のお知らせ。僕は一応アップはしてみたものの、あまりの混雑に冷やかす気になれず、ほぼガンバ係に専念。暖かくなり、まだ小川山・瑞牆には早い今は御岳シーズンまっただ中。土日だとさすがに知り合いさんと会わないことがなく、この日も久々にお会いする方々と少しお話ができて良かった。


それから裏御岳に移動。鮮やかなつつじと同じ色のシャツのボルダラー。

IMG_4854s.jpg


狙うはちょこちょこ来ては触って敗退している「めがね」初段。3級でアップし直し、アンジェラが狙う「ジュリエット」1級のムーブを教えているうちに暖まってきたのでトライ。やはり前回詰まった上部の微妙な形のホールドを保持しきれず弾かれまくる。

時間が少なくなり、オケラで帰るのも何なので、久々に「ジュリエット」を再登。



その後に「めがね」にトライしてみたら、不思議なことに問題のホールドをスタティックに取れてしっかり持てた。まさかまだ暖まっていなかったということなのだろうか…。俄然可能性を感じて、マシンガントライ。ようやくマントルに入るためのガバ取りまで到達したものの、気合が足りずフォール…。


泣きのもう1トライ×5本ぐらいで帰りの電車を遅らせてもらったものの、真っ暗で動画も撮れなくなっていたので諦めて撤収。あと一歩で登れなかったこの悔しさを噛みしめながらの帰宅となった。成果の出ない自分に苛立っていたけど、あまり登れず悔しい思いをすることがなかった自分なので、このくらい真剣に追い込んだ方がいいのかも知れない。その分登った時の嬉しさもひとしおだろう。

帰りの電車の中で、何度「悔しい」と言ったか分からないけど、半日だけでも楽しく登れたことへの感謝の気持ちが徐々に勝ってきた。これは弱さなのか何なのか。地元で美味しいものを食べて帰り、幸せな一日だった。悔しいという思いは不幸なことじゃないからね。

オーストラリアにトンボ返り核心

エイプリルフールに岩馬鹿が昨年末以来のソロ御岳。まだ6時前の電車なのに座れないとは。8時前に御岳に到着。この壁のホールド、よく見ると垂壁とはいえ悪いのばかりなのね。

IMG_4825s.jpg

8時前から登り始めたけど、超スロースターターの僕でも暖かいこともあっていつもアップで登る「すべり台トラバース」もさっくり。ついでに「モンキーカンテ」4級も登ってみようかと思ったけど、こちらは苦戦。やっと暖まって登れた。スタティックに登りたかったけど、無理だった。



その後は痛めていた手首に悪いので避けていた「モンキーポッケ」を触ってみたら痛くなかったのでしばしトライ。相変わらず一手目すら取れないけど、ヒールのかけ方は分かってきたので少しは希望が見えてきた。日が出て暑くなってきたのでピンチ岩へ移動。

先客の家族連れさんがいたけど、下地を見ると浸水している…。石や木でなんとかマットは敷けそうなので少しトライしてみたものの、気付けば川の増水でブルーシートとマットがびしょ濡れ!

IMG_4826s.jpg

だめだこりゃ。このところ大雪の影響で登れなかったけど、もう御岳もダムの放水がある季節なんだなぁ。これからはピンチ岩と丸こん、水際カンテは撃ちにくそう。ピンチ岩は増水のたびに砂が下流に流されて下地が年々下がっているので、多分数年後には登れなくなるはず。まぁホールドが欠けまくる危険な岩なので、いい潮時かも知れない。増水だけに!


次は忍者岩へ。平日なのに相変わらずの人の多さ。ちょうど春休みのジュニアクライマーたちも来て賑やかに。

IMG_4827s.jpg

これも手首が痛むので避けていた「亀返し」を触りたかったけど、平日クライマーとしては人の多さにげんなりしてしまい、知り合いさんの「蟹虫」トライを見届けてからロッキーボルダーへ移動。上の道から移動するのは面倒だけど、歩道はさすがに歩きやすい。


運良くエゴイストを撃っている方々がいらしたので、混ぜてもらって少しトライ。一手目のカチは自分が持っていたところよりいいところがあることを知って、スローパー叩きまでは安定するものの、止まる気はまだ全然しない。これよりは可能性がありそうな裏御岳の「めがね」を触るために移動しようと思ったら、「モンキーポッケ」を撃っていたときに回していたカメラ用iPhoneをそのままにしてきてしまったことを思い出す…。

ロッキーから裏御岳は近かったのに、マットを背負ってオーストラリア岩まで小走り。運良くiPhoneはそのまま残っていたので回収して、わざわざ電車に乗って軍畑へ移動、裏御岳へ。


護岸岩まで直行し、「めがね」にトライ。前回同様ピンチ止めまでは安定するものの、寄せができず…。足位置を色々変えてもダメ。何がおかしいのかと色々再確認してみたところ、答えはピンチのホールディングだった。単にホールドの横に添えていた親指をファットピンチのようにがっつり右下のくぼみに入れてみたら思いっきり持てるようになり、寄せで落ちることはなくなった。

これはいけると思ったものの、その先の右上のホールドがまた微妙。横からピンチすると持てるものの、下からでは効かせにくいホールド。力で我慢して足を上げれば効かせられるのではないかと、時間もないので気合の声出しで最後のトライ。



あかんかった…。ヨレなのか、はたまたホールディングが悪いのか。まあ横の岩からマントルのパー練ができたので、マントル体勢になってはみたものの、そこで落ちると池まで転がり落ちる危険性があったので、マントルまでいけてもスポッターやマットがないとダメだったかも知れない。これはまた次回にして駅まで小走り。15分かかった。


無駄な移動時間が多かったものの、8時から17時まで結構登れたし、気温はちょうどいいくらいで楽しめた。しかしマットを背負って小走りで移動していたため、翌日から足のスネが筋肉痛になったのであった…。

全然芽がねえ核心

ガミケンさんと裏御岳を予定していたところ、48さんも御岳に行く予定だというので便乗させてもらい、3人で裏御岳へ。二人は初めての裏御岳なので、僕は案内役。しかしシーズン中だというのに2ヶ月振りの外ボル。大雪の影響もあるけど、外リードが面白くなってきたというのもある。


この日は暖かく、恐らく御岳だったら暑いくらいだったと思われるけど、日当たりが悪い裏御岳ではちょうどいい気温。暑くもなく寒くもなく非常に快適。真冬だった前回はアップの「ちゃぶ台返し」4級を登れる30分以上掛かったけど、この日は落ちることなくリピート。3回ほど登って念入りにアップ。

48さんとガミケンさんもアップを済ませ、ざぶとん岩恒例の「クライマー養成ギプス」2級に養成されて、今回も全くできる気がせず敗退し護岸岩へ移動。


本日のメインディッシュ、「ジュリエット」1級にトライする二人。僕は「めがね」「ジョニージェニージャニー」の両方を触ってみるが、相変わらず出来る気がしない。

ガミケンさん、48さんともにムーブをばらしてから数トライで完登。さすが!そして皆で2本の課題をセッション。するとガミケンさんが「めがね」の核心でキョンが決まることを発見。試してみたところ、初めてピンチをキャッチ!俄然やる気が出て、この一手はほぼ確実に止められるようになった。



しかし、一手取ってからの寄せで足が切れてしまう…。色々な足を試してみるも、どうしてもはがされてしまう。ガミケンさんは気合で耐えて上部へ。そのまま登ってしまいそうだったが、意外と難しいマントル部分で惜しくもフォール。その後はヨレてしまったようで、惜しくも完登ならず。


おむすび岩へ移動して、「ミジララテスタ」初段にトライし、一手進んだものの、核心と思われるガストン取りに行けず。高さ核心だけじゃない課題だよなぁ…。


用事のあるガミケンさんと別れた後、少しだけ久々のロッキーボルダーで「エゴイスト」初段を触る。駐車場でばったり会った元ジムスタッフのまっちゃんも誘ってマットも充実!皆カチ中継バージョンは考えずに、オリジナルにこだわってトライ。

二人はすぐにスローパーを叩けるようになり、いつ止まってもおかしくない感触だった。僕は一手目の左手カチの持てなさと、磨かれたスタンスが恐くて苦手意識があるけど、意識して左手をカチってみたらやっとスローパーに手が出るようになった。



とは言っても叩く前に左手がすっぽ抜けてしまい、本当に触っただけ。ここぞというところではカチを使うように意識しないとなぁ。ジムではたまにカチるけど、外では自然にカチ持ちが出てこないからなあ。


日が暮れてぬめるようになり、薄暗くなってスタンスも見えにくくなったのでお開き。前は全く出来る気がしなかった課題なので、少しだけ希望が見えてきたかも知れない。


終わってみれば完全なオケラ。半歩くらいは進展があったけど、ボルダーをやるとフィジカル不足を実感させられるなぁ…。しっかりトレーニングしないと。

復活課題リベンジ核心

3月並みの暖かさになるという予報の日曜日。最高のエンクラ日和にアンジェラ、コバちゃんと裏御岳へ。立川でかにチャーハンとソフトクリームを食べて、おにぎりを買って準備万端。

まずはざぶとん岩でアップ。二人はあっさり「ちゃぶ台返し」4級を登るものの、超スロースターターの僕は一手目すら取れず。いつまで登れないフリしてんのと呆れた二人はとっととマットを移動して「一徹」に取りかかる。一人取り残されてちゃぶ台を返そうと必死。居残り組の気分。いやネタでも何でもなくて、1時間はアップしないとまともに登れないんです…。

開始から30分ほどでようやく一手目が止まるようになり、やっと完登。アップを念入りにするため、5回ちゃぶ台を返した後、「一徹」はサクっと再登。そろそろ暖まってきただろうということで、毎回弾かれている「一徹右」2級に取り組む。

この課題はピンチを片手で保持してハイステップで乗り込み、遠いカチを中継してリップを取る分かりやすい課題だけど、ピンチが持てずに全く乗り込めなかった。皆であれこれ考えた挙げ句、リップが遠くなるけど持てる下のピンチを持って乗り込むことに。左足を切って少し体が浮いたので、可能性が見えてきた。

何度もやっているうちに、ピンチの持ち方が悪いことに気付き、ホールディングを変えてみたらこれがバッチリ。一気に距離が伸びた。そしてついに中継カチ取り!リップは外傾しており、飛ばしは危険に見えたので左手を寄せようと保持にかかった途端猫パンして中指の爪が割れた!じわじわ出血…。

溢れ出る血にコロスキンも効かないので、ティッシュを詰めてテーピングで固定したうえでトライを再開。痛みはあまりないものの、保持力は落ちる。ハンデは承知でトライしてみることに。スタートでコケたりして、もう止めとき!との周囲の声をよそに、気合のシャツインでトライ。



カチをしっかり持ち直せたので、足を乗せて寄せられた。弱い人ムーブという感じだけど、苦手の乗り込みを克服できて嬉しかった。

その後は「ドボク」1級/初段、「作業員」3級を見てみるが、どっちも下地が悪いしリップはコケだらけで掃除が必要…。ということで断念して、これまた厳しい2級の「クライマー養成ギプス」にトライするが、もうその体幹パワー全開な一手目をやる気力もなし。せっかく沢の水量が少ないので、今まで触ってなかった「風伝」3級にトライ。



ジムっぽくて気持ちい~。入れ違いで「岩のり」にトライする方がいらしたので、間違えやすい限定を教わった。ムーブが面白そうだったので、今度トライしてみよう。


そして護岸岩へ。池ポチャが恐いこの岩、池の上に木が敷かれて落ちないようになっている…。アンジェラが「ジュリエット」、僕とコバちゃんは「じぇじぇじぇ」(ジョニージェニージャニー)、「めがね」を触る。僕が「一徹右」にトライしている間に温存のためレストしすぎたのか、力が出なくなってしまったというアンジェラの尻を叩いてまずは3級を登らせる。

さて「じぇじぇじぇ」はというと、ポッケに指が入らないからつるっとしたアンダーカチピンチを使ってみるも、アンダーを効かせきれない。「めがね」は左手出しならなんとか出るものの、届いても止めるのはきつそう。特に今は体重が重すぎる…。

アンジェラがトラヴァース部分のばらしをやっている間に、知り合いのクライマーさんのいるおむすび岩に行くと、なんと一人、マット1枚で「3G」三段にトライしているという。しかも周りは雪が残っており、岩も濡れて染み出しがポタポタ。ジムで見かけると強いな~と思っていたけど、よくもこんな状態でこんな課題を…。

結局護岸岩では皆可能性が見出せず、御岳に移動することに。


解禁のロッキーボルダーで久々に「エゴイスト」を触りたかったが、時間がないのでスルーして一気に中州ボルダーへ40分ほど歩く。結局天気はずっと曇っており、それほど暖かくはならなかったものの、寒くもなく、ちょうど良かったかも知れない。

さて、中州ボルダーでのお目当ては、前回少し触ってアップ不足を理由に敗退した「ジャンピングフック」1級。今日は言い訳できない。知り合いのmanaさんやtomoさん親子もいらしていたので、一緒にトライしやすかった。

思えば外ボルダーやり始めの頃、とにかく1級を落としたくて一番可能性を感じていたこの課題をよく触りに行っていた。そしてばらしでリップは取れたものの、スタートからランジの体勢に入るまでのカチを繋ぐムーブができなかったのだった。こんないいスタンスがあるのに、当時の自分には、これに乗るの?って感じだった。とんでもない外岩初心者である。

まずはこちらも以前は意味不明な4級だった「レインボーハング」にトライしてみる…が、前回できた一手目ができない…ということで、先に「ジャンピングフック」にトライ。こちらは前回と違って、最初からリップに触れた。確か左奥を狙わないといけなかったはず、と思い出しつつトライ。以前は右上のカチは全く持てなかったので、フレークのカチから飛んでいた気がするけど、今はこちらの方がしっくり来る。



うーんすっきり!左手猫パンして出血したけど!保持力のある人にはジャンプも必要なくスタティックで取れる簡単な課題らしいけど、絶妙な距離感でスパーンと止まると気持ちいい課題。難易度的には「立ち鵜」と同じくらいじゃないかなぁ。以前は「1級」というグレードが目当てだったけど、今は純粋に面白いと思える。

最後に「レインボーハング」を登ってすっきり帰りたい。爪の割れた中指でカチって体を上げて、遠いガストンガバ取り。



2手目もマントルも悪っ!これで4級て。そりゃ昔の自分じゃ全く歯が立たないはずだ…。


アンジェラとコバちゃんはヨレヨレながらも、「ジャンピングフック」が惜しいところまでいき、またトライしに来ようということになった。だいぶ下地が下がってるけど、SDもできそうなのでやってみようかな。

このところ続いている、以前はできなかった課題へのリベンジ大収穫祭。ちょっと体重が増え気味だけど(この日も帰りに飲み屋でスキヤキ&ビールからのアイス)、来る収穫の季節に向けて、辛い種蒔きをはじめていこう。
Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ1級
百里眼1級
泉の家初段
花畑1級
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル2級
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術1級
竜王初段
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音2級
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
骨拾い1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ