FC2ブログ

ぬめりの温存核心

遅い夏休みを取得し、シルバーウィークより一足先に7連休突入。レンタカーを借りてアンジェラ、ミケちゃんと外岩。当初は白州に行く予定だったが、高速で山梨に入ってもずっと雨だったので、山の向こうの小川山に行くことに。せっかくなので、免許を取ってからあまり運転できていないミケちゃんに練習させようということで、途中のPAでドライバー交代。

IMG_8619s.jpg

アンジェラ教官が手取り足取り指導し、初狩PAから長坂ICを降りたコンビニまで無事に辿り着いた。久々のバックハウスインノでパンを買ってバクバク食べながら廻り目平キャンプ場へ。

IMG_8620s.jpg

さすが平日だけあってガラガラ!明日も外岩の予定だったので、指皮温存のために石の魂は回避して石楠花エリアの扇岩へ。


扇岩の「扇子」2級は難しいと評判のスラブ課題で、僕も何年か前に触った時は歯が立たず、その後に触った時は無理矢理リップにランジして止まらず落ちていた。果たしてあれからスラブ力は上がっているだろうか…。若干岩が湿っており、アップでホールドが持てないこともあり、前回どうやってランジ体勢まで持って行ったのやらといきなり自信喪失気味。

アップ不要のミケちゃん(a.k.a.スラブの魔術師)は以前すでに完登しているが、再登にトライし、一歩一歩高度を上げて最後は両手をプルプルさせながらもリップをほぼスタティックで取って完登。宿題となっている「忘却の河」に移動していった。

僕もミケちゃんの登りをヒントにしつつも最後の足上げができそうにないし、上げなくてもリップには届くのでムーブを固める。



たった数歩のスラブなのに難しかった…。スメアの足で立ち込むのは先週の「頭痛」トレの成果かも知れない。アンジェラはまだ残ってトライするというので、僕もミケちゃんに合流。


石楠花エリアは全体的に湿っており、「落武者」はコケコケだし、忘却岩は「忘却の果て」のラインは染み出しでビチョビチョ。以前「忘却の河」のマントルでヨレ落ちしているミケちゃんは、ムーブの再確認をしていたが状態が悪く、遠いガバ取りからマントルの2級をこなすのでもいっぱいいっぱい。こりゃダメだと移動することに。

扇岩に戻ると、アンジェラがもう少しで登れそうだということでしばらくガンバを送っていたが、しばらくして見事完登!

IMG_8621s.jpg

気持ち良く移動し、とりあえずナイトナース崩壊跡エリアへ。


「ギガント」の岩はそこそこ人がおり、マットも多かった。ミケちゃんは初となるので、とりあえず「ギガント」にトライし、3トライで完登。さもありなん。その後は一緒に「ファルコダイレクト」を触ってみたものの、カチが痛すぎてやる気になれず。アンジェラも「扇子」で出し切って苦手意識しかない「ギガント」をやる気がなさそうだったので移動。


最後は薄暗くなりつつあるなか、ヴィクター岩で「コンケーブ」の再登を狙って恐くてマントルで降りてきたり、「ヴィクター」1級をリーチでランジせず登ってやろうと思ったもののパツパツすぎて断念したり、「コンパウンド」4級の黒本にあるカチとポッケの中央ラインにトライし、初めてポッケが止まって足上げにまで成功してやっと希望が見えてきたりしているうちに真っ暗になったので撤収。


帰りはまた途中でミケちゃんに運転してもらう。境川の駐車場でポールいっぱいまで攻めた結果。

IMG_8630s.jpg

ラバー製でよかった…。岩の状態は良くなかったけど、平日外岩を満喫して帰宅。そして翌日の小川山に備えて寝るのであった。

指皮鍛錬核心

天気に恵まれなかったり、暑いからいいやと見送ったりで8月は一度も外岩に行かず、9月の引っ越しのゴタゴタを乗り越えて40日振りの外岩。アンジェラ、INOさん、ミケちゃんと小川山。久々に談合坂SAに寄ったものの、サバサンドが15分待ちと聞いて怒りのキャンセルからのコンビニ弁当を食べて9時半到着。まずは分岐岩へ。

IMG_8604s.jpg

トラヴァースの6級や4級の再登をしてから以前敗退した中央3級にトライ。状態は良くないものの、すぐに核心までいき、飛ばしの一手が恐くて出せず。

他称「スラブの魔術師」ミケちゃんはその一手を声出しの気合で乗り切って一抜け。そしてより直登に近いラインをトライし始めたので浮気してやってみるも、これどう考えても3級ではないでしょってことで最後に右寄りのラインにトライし、飛ばしの一手を止める気満々で出したのに裏切られてフォール。

石の魂に移動すると、別便の武蔵君とF川さんが。一緒に「黄泉」三段なんぞにトライしてみるも、一手目のピンチを取った後左手のポッケが痛すぎてやる気になれず。まだ指皮が外岩モードになっていないようだ…。

アンジェラと共に「石の魂」をトライ。アンジェラはポッケを中継する1級バージョン、僕はランジの初段バージョン。相変わらず右手のスプレー持ちとやらが全然しっくり来ず、かといって横引きではランジが出にくい。

IMG_0854s.jpg

横引きではタメが充分に作れないので、全然距離が出ない…。

以前外岩初心者だった頃にポッケ取りまでいっていたアンジェラは、徐々に感覚を取り戻していき、ついにポッケに指を突っ込めるように。股関節が極端に固い僕はどうせ左足が上がらないんだろうなと思いながらも、一度浮気してトライ。



一発で止まってしまい、まさかの完登。

その後はマットが少なくなってランジは危険だったのでスプレー持ちの研究をしたり、INOさん、ミケちゃんがトライしていた「A.I.T.」初段にトライしたり。どの課題も指が痛くなるカチばかりで、指皮がまだ外岩モードになっていない今は痛すぎる!

最後は右手人差し指の腹に穴が開いて終了…。何もできなくなったので、皆と犬岩へ移動。


武蔵君が「犬小屋」二段にトライしており、核心のリップを止めたかと思いきや、マットに足を擦ってしまい、審議。しかし完登は近そうだ。そこにミケちゃんが合流。二人でしばらくトライしていたが、ほどなくしてミケちゃんが完登。ヨレてダメかと思わせた武蔵君も続いて、めでたく揃って完登となった。

アンジェラとINOさんは「虹の入江」初段にチャレンジ。僕もトライしてみたものの、右手人差し指から出血しそうなので早々に断念して「頭痛」三段で遊ぶ。以前は離陸すらままならなかったものの、ついに一歩目を踏み出すことに成功!

IMG_0852s.jpg

シューズはミウラーよりブースティックの方が明らかに安心して立ち込めた。倉上さんがNMSで完登した時はブースティックだったそうだけど、ただの宣伝文句ではなさそうだ。シャンクの固さによるものだろうか。


夕方にもなると、さすがに涼しくなってきて、Tシャツ一枚で来たことを後悔…。昼も石の魂では風が通って寒いくらいだったし、もう秋なんだなあ。

とはいえ、岩は全体的にパリパリとは言えず、「静かの海」の面もほんのり緑がかっている。良いシーズンはこれからだなあ。とはいえ、皆成果を出せたり手応えを感じられたようでよかった。


帰りはナナーズでお買い物。レタスのコーナーに置いてあったレタス用のドレッシングを買ってみたけど、これがレタスと最高のマッチング!他のドレッシングを使う気がなくなるほど。キャベツには信州味噌で作られたコチュジャン味噌。これまたやめられない美味しさ。

夕飯は安定の境川。入るやいなや知り合いだらけで、後からも知り合いが続々と現れてシーズンの始まりを感じさせた。肉そばの肉の量が以前ほど山盛りではなくなったのが残念だけど、ここで皆にドヤ顔でいい報告ができるよう今シーズンも頑張ろう。


忘却とスラブトレ核心

天気や用事などで一ヶ月以上ぶりとなる外岩へ。花崗岩は「静かの海」を登って以来の2ヶ月ぶり。INOさんとガミケンさんはリードで5.10台を登りまくるとのことで、頸椎の不調によりビレイに不安のあるアンジェラと僕は別行動でボルダー。

集合の池袋西口は公園にポケモントレーナー多すぎ!朝5時だというのに…。イベント設営準備中らしく、こんな貼り紙がされるくらい。

IMG_8288s.jpg

行きのコンビニではご好意によりトマトが振る舞われていた。

IMG_8289s.jpg

美味しくいただきました!


9時ちょうどに廻り目平キャンプ場に到着。二手に分かれて行動開始。特に狙う課題もないボルダー組はどこに行くか決めていなかったけど、夏は成果を求めず技術練習をしましょうってことでスラブを中心にトライすることに。

まだトライしたことのない灯台もと暗しエリアのスラブ状ボルダーに行く前に、狸岩、灯台もと暗し岩でアップ。まだ登れていない「ポンポコ」3級は相変わらず離陸できず。そして謎の「右手は地上25cmのホールド」というスタート指定のある灯台もと暗し岩の無名4級…。

IMG_8307s.jpg

せ、狭い…。

IMG_8306s.jpg

必殺「手で足」!(でも離陸できず)

IMG_8308s.jpg

あーでもない

IMG_8309s.jpg

こーでもない

IMG_8310s.jpg

迷走!

IMG_8311s.jpg

あ、離陸できた!

IMG_8312s.jpg

はいはい敗退敗退。


そしてスラブ状ボルダーへ。

IMG_8302s.jpg

乾いてる…けどコケコケ…。しかしかなり寝たスラブで、3級、1級のラインはさほど高さもないのでトライしてみることに。

「キモサベ」3級は高さもなくホールドもあるので簡単かと思いきや、上部でムーブに少し迷う。その間にアンジェラが上部のムーブを解決し、完登。満面のドヤ顔。やられたと思いながら、意地の瞬間芸踏み替えムーブで完登。

お昼ご飯を食べながら「ダウンはいらない」1級のムーブを探る。3級のラインから右上し、傾斜が寝ているものの、ホールド皆無。ハイステップで乗り込み、マントルを返す感じなんだろうけどコケでフリクション皆無…。

多分秋冬でコケがなければいけるんだろうなあと思いながらも敗退。練習と割り切って「キモサベ」をより良いムーブで再登。



最初に苦戦したのは、ソールが残っていないシューズのせいだったかも知れない…。新しめのミウラーに履き替えたらあっさり。


昼過ぎに移動。石楠花エリアでまだ登れていない「扇子」2級をやるつもりだったけど、先客がいたので後回しにして忘却岩へ。アンジェラが「忘却の果て」にトライするも、リップ取り前の足上げに苦戦。これまでの最高到達点はリップ取りまでらしいけど、更新ならず。

僕も再登を試みてみるけど、相変わらず体が固い核心。足上げキツい…。リップを止めるのがやっと。止める場所が悪かったのか、季節的な問題か、全然リップが持ててなかった。「忘却の河」は難しいし、まだやっていない「忘れん坊」2級をアンジェラとやってみることに。

右手ピンチでのスタート体勢が違和感あるけど、リーチのお陰でリップ取りまではあっさり。しかし止まらずフォール。二度目のトライで充分に体を上げてからリップ取り。



アンジェラはピンチが持てないとスタートに苦戦し、結局敗退。レンタカー返却のために早めに撤収。リード組との待ち合わせの間にポケモンの置き土産。

IMG_8303s.jpg

運転中に初めて高速の渋滞に引っかかったけど、apple musicのゴキゲンなナンバーで乗り切り、なんとか時間通りにお開きとなった。


「忘却の果て」「忘れん坊」と言えば、朝コンビニで挨拶していただいた方を、どこでお会いした方だったのか一日かけても思い出せなかった…。そして、自分以上に人の顔を覚えないアンジェラが忘却岩で挨拶していただいた方を、前にどこでお会いしたのか思い出せていたのがショックだった…。

忘却岩の課題をコンプリートしたら、この忘却の呪縛から逃れられるのであれば、「忘却の河」に打ち込みたいと思う(でも人が多いし難しそうだから多分やらない)。


Tranquility on slab核心

アンジェラと二人で4週連続となる小川山へ。先週テン泊してみて、やはり泊まりは楽しいけど疲れるし成果も出ないよねってことで、今回は土曜日のみ。相変わらず夜中に目が覚めて眠れなくなり、2時間半しか寝られなかったけど、iPhoneでゴキゲンなナンバーをシャッフルで流していればアンジェラが助手席で爆睡していようと楽しく運転できた。

須玉のローソンで朝食を食べて運転を代わってもらい少し寝て、7時過ぎに小川山到着。先週とはうってかわって今週は車が少なかった。

IMG_8025s.jpg

こんなに天気はいいし、今日はさほど気温は上がらない予報なのにもったいない。


アップでいつもは近くにテントが張られていてなかなかトライする機会に恵まれないキャンプ場ボルダーのD岩。

IMG_8026s.jpg

カンテ左のSD3級は一手もので、さっくり一撃できたもののトラヴァースの2級はなかなか難しそうなので水晶スラブ下エリアへ移動。

先週再登に失敗した「ホワイト・ティアーズ」4級をなんとか登り、犬岩のトラヴァース6級、「YMルーフ」3級でアップし、ついでに「犬小屋」二段を久々にトライし、二手目のムーブを忘れてしまったけど核心取りはできたのでもうアップは充分でしょうということで、満を持して「静かの海」にトライ。


ちょうどリップに日が当たり始めてしまったけど、気温は高くないし岩は乾いている。集中して、まずは感触を確かめる1トライ目。左手奥のホールドも余裕で保持できて、右手のカチ取りまで先週の二日目とはうってかわって余裕でこなせる。体を返したところで足が抜けてしまい落ちたけど、非常に良い感触。

ただし左肩は少しズキンと痛んだので、あまり回数は撃てないかも知れない。2トライ目はウェアラブルカメラを装着してトライしてみた。



一人称視点はこちら。



超広角なので遠近感が強調されているのもあるけど、マントル後の恐さが少しでも伝わるだろうか。

長レストを入れながら、リップ上のホールドを観察してムーブをイメージする。

IMG_8027s.jpg

そしてウェアラブルカメラ、ブラシを外して、足が負けていたスクワマから安定のミウラーに履き替え、集中しての本日3トライ目。











IMG_0829s.jpg

IMG_0830s.jpg

IMG_0831s.jpg 










達成感と安堵感に満たされながら、午後はのんびりと最高に幸せなひとときを過ごした。


お昼に家から作ってきた玄米おにぎりを食べてアンジェラは「虹の入江」初段にトライ、僕はその隣の「仲秋」二段もトライしてみたけど、一手目も取れず…。先週は肩が痛くてトライできなかった「虹の入江」はなんとかトライはできたものの、核心越えならず。

IMG_0827s.jpg

そして林の中ボルダーへの移動の途中で再度キャンプ場ボルダーD岩のトラヴァース2級にトライ。暖まっていたせいか、核心と思われるカンテ回りのムーブがすぐ解決したので繋げてみることに。2級といえどムーブの精度を上げないと繋がらず、核心越えの後にヨレ落ちしたりしながら、なんとか完登。



右から左はカンテの回り込みがさらに難しそうなので、今回はパスして移動。


まずはクジラ岩。なぜか林の中ボルダーは水晶スラブ下と違って少し湿度が高くフリクションはイマイチだった。「緑のマント」を少し触り、

IMG_0825s.jpg

アンジェラの希望により「田嶋ハング」初段もお触り。僕はすでに登っているのでアドバイスはできるけど、難しい一手目にやはり苦戦。

IMG_8031s.jpg

普通にやるとかなりパワフルなムーブで、久々にやってもやっぱり厳しいけど、ヒールを効かせられれば右手をシェイクする余裕すらある。

IMG_8032s.jpg


最後にお約束となる「シャーク」1級に敗退して帰ろうということに。近くにあるスクリーム岩の「叫び」2級の下地は相変わらず殺しにきている。

IMG_8029s.jpg

これリップ取りが核心なんだろうか…。


でもって「シャーク」は皆がやっているムーブ以外でなんとかできないものかと探ってみるもどうにもならず、スタンダードムーブにトライして最後になんとか足は上がったものの、バランスが取れずデッドになってしまい敗退。

IMG_0824s.jpg

すでにクジラ岩には誰もいなかった。今日は涼しかったのにクライマーさんは少なかった。梅雨入り前最後のチャンスだったのになあ。


そして帰りは「ふじもと」で焼肉定食の肉大盛り!

IMG_8030s.jpg

小川山の人の少なさに比べ、ふじもとは相変わらず繁盛しており忙しそうだった。クライマーにとって最高のご褒美をいただき、須玉までは少し寝させてもらい、帰りの高速もゴキゲンなナンバーと今日の余韻に浸りながらドライブを楽しんだ。


「静かの海」に関して言えば、チッピングされたホールド(画像中央上の白いカチ)

IMG_8011s.jpg

のお陰で登りやすくなっていることは確かなようで、チッピング前がどうだったのかは分からないけど、チッピング前ならこの時期での完登はなかったかも知れないし、もっと苦戦していただろう。

前回分かったように、マントルに入るまでに要求されるフィジカルはやはりハードだし、リーチに助けられたところもあるし、マントルはコツが分かるまで苦労したし、マントル後もバランシーで難しかった。

足を滑らせたり両手のプッシュの置き換えで苔やゴミで手を滑らせたらどんな落ち方になるんだろうかと、静寂の中でものすごい緊張感だった。だからオブザベであそこを取ろうとしていたフレークを取れたときはすごく安心した。後のスラブはまず落ちることのない簡単さで、ウイニングランだった。

自分にとってはグレード更新だったけれど、チッピングによって再登者が増え、ダウングレードされたとしてもがっかりはしない。確かに三段というグレードがなければこんなリスキーな課題はやらなかったかも知れないけど、とにかくこの課題と対峙し、日常生活ではありえない緊張感を味わい、充実したこのひとときは何も価値が変わらないからだ。

まともに二段もほとんど登れていないので、登りやすいと言われ、さらにチッピングで簡単になり、好きなマントル課題といえど、三段なんてまだまだ早いと思ってトライする気は全くなかったけど、やってみようというきっかけになったのは城ヶ崎でお会いしたマントルが上手なクライマーさんのお話を聞いたからだった。

そして小川山で少し触ってみたときに、すでに完登していたもっさんが「これいけるんじゃないですか」と後押ししてくれたから、本気で取り組んでみようという気になった。そして小川山通いに付き合ってくれたINOさんにも感謝したい。


ただ、今回登れたのは周りに人がいない集中できる状況で自分の課題はさておきスポットに専念し、心からのガンバをくれたアンジェラのお陰だろう。このブログ1回目で「ダラダラ続けてれば、いつかは3段とか登れる日が来るんですかね?」と書いていたことを思い出させてくれて、もう間近だよと応援してくれた。本当に、ありがとう。






























おっと違った。今回登れたのはPD9のお陰です!PD9、ありがとう!

↓↓↓↓↓グレード更新したいなら今すぐクリック!↓↓↓↓↓
→→→→→→→→→→PD9公式サイト←←←←←←←←←←


テン泊の算段核心

アンジェラと一泊二日のテン泊で小川山。週末の小川山は3週連続。テント設営もあるし、良い状態のうちから登りたかったので、いつもより1時間早い4時に車を借りて何気に二人では初めてとなるいつもの中央道をかっとばす(アルトのエンジンが悲鳴)。

久々に双葉SAでの朝食。炭火焼き鳥親子丼は相変わらず肉がゴロゴロ。

IMG_7991s.jpg

朝からヘヴィすぎるカツカレーを食べたアンジェラはこの時点で限界グレードを攻められる体ではなくなったと言っていい。

お約束のバックハウスインノにてパンを買いに行くが、時間が早すぎたのか菓子パン系がなく残念。川上村の下道で珍しく電車が通るのを見たりして、8時頃小川山に到着。この時点で駐車場が8割がた埋まっていた。今日明日で開催されるイベントの影響でもないと思うけど…。


二日のレスト開けなので、明日もあるしじっくりアップしようということでクジラ岩へ。

IMG_7993s.jpg

体が暖まらない冬は苦戦するトリトン5級もさくっと登れたので、調子に乗って「穴社員」にトライするも、足抜けまくり。

3年前にヒールムーブで登って以来のアンジェラはヒールを封印しても一発でサクっと再登したというのに、僕はヒイコラ核心を越えたと思ったらカチ取りで足が抜けてマット外に落ちる失態。一緒にトライしていた女子に「もっといい足がありますよ」とアドバイスをいただく。ホント足が下手ね…。

無駄に時間をかけすぎた癖に結局再登は断念して、タイコへ。比較的登りやすい初段「太鼓判」をアンジェラにやらせながら、僕は指皮も使わないし本日の目的の課題とは違う筋肉しか使わない「太古」3級でアップしようという算段。

しかし「太古」の離陸から苦戦!やっとムーブを思い出し、再登したもののアンジェラにはそのムーブはリーチパツパツすぎて無理らしい。ということでリーチのない人でも登れるムーブを考えてみることに。

ダイクでのレイバックスタートはできそうでできないし、カンテ右面を登るのはラインが違う。色々試した結果、できたムーブがこれ。





このムーブでなんとかアンジェラが完登、僕も「太鼓判」を再登して、ちょっと予定から遅れたけど15時前にいよいよ本日の目的である課題へ。


狙うはもちろん「ヒッパルコス」…ではなく「静かの海」。ちょうど他にもトライしている方がいたので混ぜていただく。分厚いマットも多くて安心!1トライ目で足上げまでいき、岩の状態も問題なし。

前回マントルで足が抜けまくったので、秘密兵器Team VXiを持ってきたものの、むしろリップ取りまでのエッジングを要するスタンスで足が抜けたりでマイナス面の方が多かったので、とりあえず前回同様安定のミウラーでトライ。

アンジェラは近くの「虹の入江」に他のクライマーさんとトライ。僕も気分転換に触ってムーブを試行錯誤していたら、両足を高いスタンスに乗せることに成功。核心の一手取りはならなかったものの、それをヒントにした方が核心を越え、そのまま完登。どうやら上部は全く問題なさそう。

今週末は「クライムオン」という、豪華メンバーによるボルダリング講習などのイベントが開催されており、夜のトークセッションを見たかったので17時に撤収、買い出しに行く予定となっていたのであまり時間がなかった。

「静かの海」に集中し、マントルの返し方がようやく分かり、ついに返し切る。



今日サクっと登る算段だったのに、まさかのマントル後のフォール…。まああそこからでも落ちる課題だというのは分かっていたけど、落ち着いて動けば問題ないはずなのにバランシーなムーブが下手なところが出てしまった…。


結局時間切れ。ムーブは分かったし、上部から落ちても大丈夫ということも分かったので、明日やればいいかということで撤収。ナナーズに買い出しに行き、イベントに参加。

IMG_8002s.jpg

豪華メンバーの挨拶と、平山ユージさん、小山田大さんのトークセッション、そして一番の見所だったのは倉上慶大さんの「千日の瑠璃」核心ムーブ動画と超ランナウトからの大フォール動画。小さなナチュプロ3つだけでランナウトし、三段くらいという核心ムーブをこなす必要があり、「ここで落ちると死…ヤバいことになります」という発言に参加者一同「…ざわ……ざわ……!」

イベントが終了し、雲一つない星空をしばし堪能。流れ星も二つくらい見えた。明日に備えてぐっすり。


…と思ったら、3時頃に目が覚めてしまい、まだ動画が脳裏に焼き付いている「千日の瑠璃」のブログを読み返してみたりしているうちに眠れなくなり、結局そのまま起きてアンジェラを5時頃に起こして朝食の準備。

IMG_8004s.jpg

IMG_8005s.jpg

わざわざこのために双葉SAに寄ったのに、車に置きっぱなしだった「信玄生プリン」を食べる。やっぱりこれ美味しい!この日は日中曇りだった前日と違い、朝から日が当たって暖かかった。


テントを片付けて、今日は最初から不可能スラブへ。7時過ぎから犬岩トラヴァースでアップ。幸い外岩でよく会いすぎるカオルさんも「静かの海」にトライしていたので混ぜてもらう。

前日登っていたこともあり、早いうちから上部へ。余ったマットでアンジェラが「虹の入江」にトライしていたので、昨日解決したムーブで登ってしまおうかと触ってみると、二手目の左手ガストンで体を引き上げようとすると左肩がズキンと痛み、全くできない…。

何ぞこれと「静かの海」に戻ってみると、こちらは登っているときには痛くないものの、落ちた後に左肩がズキズキと痛む…。

この課題でフィジカル的に厳しいのはマントルに入る前の縦に踏めるホールドがない状態で、肩力だけで十字懸垂のような体勢で体を左に返すところだけど、これまではなんともないと思っていたのに体には相当な負担がかかっていたらしい。痛めたわけではないと思うけど、筋肉痛の強烈な奴かも知れない。

我慢してトライしてみたものの、やはり肩力は落ちているようで、昨日まで楽にできていた右手カチ取りがかなりいっぱいいっぱい。昼に1時間ほど昼寝してからトライしてみたものの、足上げが1度できただけで、体のことを考えて今回は断念することに。


レスト中に昨晩のイベントで「スクランブリング」(5.5くらいの簡単な課題をフリーソロで駆け上がるジャンルらしい)に興味を持ったアンジェラが手頃な傾斜の岩をスニーカーで登っていた。

IMG_8006s.jpg

本人的には「静かの海」のスラブと同じ45度くらいはあると主張していたので、いやそんなことないでしょとiPhoneで測って、「ほら40度ぐらいだよ」と事実を突きつけたら機嫌を悪くされる。岩女心って難しい!


残った時間はのんびりすることにして、今日はO田さん夫妻が来ているとのことだったので、ナイトナース崩壊跡エリアまでご挨拶に。O田さんは「ギガント」「ファルコ」「ファルコダイレクト」をサクっと登ってしまい、「未来少年」にトライ中だという。「大いなる河の流れ」「忘却の河」のどちらも2日で片付けた実力なら当然でしょうな~。

アンジェラも気が向いたら「ギガント」をやるつもりだったけど、皆が苦戦しているトライを見て怖じ気づいて移動することに。


最後は駐車場から近場の扇岩で「扇子」でもやろうかと思ったけど先客がいたのでファンタジー岩へ。右へトラヴァースする「モルヒネ」はもろに左肩が痛むので速攻断念して、裏面のスラブでまったり遊ぶことに。

後からいらした方々と遊んで、3級は登れなかったもののアンジェラが最後に以前ガバを取りながら落ちた4級にリベンジしてすっきり撤収。帰りは龍福でコマ焼きと、アンジェラが注文した定食の半ライスを分けてもらう。

IMG_8009s.jpg


万全を期してテン泊で来たものの、結果的に裏目に出てしまった。強度の高い課題を連チャンでやってはいけないなんてのは承知していたけど、ここまで負荷が高いとは思わなかった。初日に夜のイベントに参加せず終わらせておけば…。算段どおりにはいかなかったけど、やはり三段は難しい。

一緒にトライしていた方も「ヒッパルコス」をサクっと登ってしまうほど強い方だったけど、苦戦していた。通りがかったすでにこの課題を登っているカッチャンさんにも「この時期にやる課題じゃないでしょ!」と言われたけど、マントルまでいっているならもうフリクションはあまり関係ないはず。単に僕が下手なだけだ。

聞けばこの課題を草野さんは8月に登ったらしいけど、なんとか暑くなる前には決着をつけたい。トライを重ねるごとにこの課題を登りたいという気持ちが強くなってきた。左肩に不安はあるけれど、梅雨前のラストチャンスを、どうか。


Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ1級
百里眼1級
泉の家初段
花畑1級
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル2級
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術1級
竜王初段
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音2級
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
骨拾い1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ