FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダルウィークエンド核心

天気の良い日が続き、暖かくなってきたのでこりゃ裏御岳日和でしょってことで、アンジェラ、I上さんと電車で。駅から岩まで僕はジョギング。

最後の坂道で充分暖まったので、「ちゃぶ台返し」一撃、「一徹」も何回か登ったりして(SDは一手目まであともう少し…)、でも「クライマー養成ギプス」には弾かれるといういつものメニューをこなしていざ護岸岩へ。

IMG_6040s.jpg

すでに何人かのクライマーさんがいたのでマットは充実。僕は「ジュリエット」のトラヴァース部分だけやって充分暖まっていることを確認、「めがね」のスローパー取りもすぐできたのでいけそうな感じ。I上さんは数トライで「ジュリエット」をさくっと完登し、「めがね」に合流。

アンジェラ含む女性クライマー3人は皆「ジュリエット」狙い。前回は寒すぎて岩が氷のようでまるで触る気にならなかったけど、今日はベストコンディション。アンジェラはスタートに苦戦しながらも、コツを思い出すとスイスイ手が進む。核心部のばらしを練習した後のトライ。



初めてアンジェラがボルダーでチョークバッグを使ってるのを見た…。ともあれ「ヨッコイショマントル」という新技で、ついにアンジェラはジュリエットになったのであった…いや、この課題、岩の上で待つジュリエットのためにロミオが登るって設定なんじゃないですかね。宝塚か?いやあ男前なロミオでした。

そして男性陣は「めがね」「ジョニージェニージャニー」にトライするが、なかなか上部が解決できず。昼を過ぎてしまったので時間切れで移動。ロッキーボルダーへ。


この日のロッキーボルダーはすごい人の多さで、マットが余り歩道でも居場所が確保できないくらい。「遼」「エゴイスト」「In Tokyo!」のどのラインも盛況。しばらく昼食を食べながら様子を見ていたが、少し人が減ったのでトライすることに。

久々のトライだったのでスタートのスタンスから忘れてしまい、一手目から苦労する始末だったけど、ようやく思い出してスローパーを叩けるように。今日はカチあり派とカチなし派が半々で、カチなし派もスローパーへのデッドがいい感じに出せていたのに確率は低かった。相当難しいなこりゃ。

アンジェラも記念受験と言ってカチありVer.にトライしていたけど、得意の垂壁カチ系で思いのほかいい感じだったので結構やる気になっていた。ここにはアンジェラを連れてくるのは難しいかなと思っていたけど、興味を示してくれたのはありがたい限り。


しばらく撃ってから忍者岩へ。勢いに乗るアンジェラに「忍者返し」をやらせようと思って来てみたけど、相変わらずの大盛況。順番に入れない…。昨日欠けたという「子供返し」のスタートの左手は、少し悪くなった程度でほとんど影響はなかったけど、I上さんはシューズを履きもしないし、アンジェラもなぜか忍者返しをやると腰が痛くなるというので移動することに。

最後はオーストラリア岩。まずは「モンキーカンテ」をI上さんにトライさせる。御岳のツルツルスタンスでコツものムーブというクセのある4級。お手本で登って見せようとして膝を打つわマット外に落ちるわで、悪い印象を与えるだけ与えたものの、さすがの数トライで完登。アンジェラはもう全くやる気がないので二人で「モンキーポッケ」にトライ。

ここ2回はトライしようとしたところで雨が降り、まともにトライできていなかったけど、今日はコンディションバッチリ。さあ、この課題のスタートのヒールフックのためだけに持ってきたミウラーの左足を…。


…あれ、これ右足…?


家を出た時点で敗退が決まっていたとは…。FIVE TENのヒールで登れる気はまったくせず、なんとかヒールをかける場所やかけ方を工夫してみて何とか一手目は取れそうだったものの、こりゃ繋げるのは無理そうだし時間もないので撤収。

裏御岳は最高のコンディションだったから、もう少し裏御岳でトライして、ロッキーで時間いっぱいまで撃って帰った方が良かったな…移動に時間が掛かりすぎる。


相変わらず冴えない御岳通いだったけど、翌日は黒タオル先生とゆりえちゃんの挙式・披露宴。ボルダリングで知り合った割にホームジムも違っていたし、外岩にもほとんど一緒に行かないという珍しいクライマーカップルだけど、この日の二人の仲の良さ、ゆりえちゃんの堂々とした愛情溢れるスピーチにホロリときてしまった。末永くお幸せに!

超巨大ウェディングパンナコッタ。

IMG_6065s.jpg

決してスウィーツにしか目が行かなかったわけではないですぞ…。お料理も美味しく、皆様のスピーチでの新郎新婦のエピソードも心温まった。


翌日、我々も負けてらんないと対抗して写真婚式なるものをやってみた。カメラマン、ヘアスタイリストなどなどのプロの皆様のお陰で、馬子にも衣装の完成です。

IMG_6117s.jpg

この後のお食事会でまさかビール&立ち話で貧血により二度も倒れようとは…。健康と怪我には気をつけて、これからも二人で登って食べて笑っていきます!

スポンサーサイト

月イチ雨敗退核心

平日休みに一ヶ月ぶりのソロ御岳。前回は雨量計に計測されなかった雨で忍者岩濡れ濡れ、鵜の瀬で登れたものの夕方に駅前初段「モンキーポッケ」回収しようとしたところで雨に降られて敗退という無念さだった。今回は降水確率10%だったので大丈夫だと思っていたわけですよ…。


また寒さがぶり返していたけど、体が動かないほどではない。忍者岩に向かう途中、ピンチオーバーハング岩を見てみたけど、ここはもう池が当たり前の状態になっているようで…。

IMG_6019s.jpg

ちょっと撃つ気にならないなぁ。忍者岩に向かい、荷物を置いてからまずローラーボールを回しながら寒山寺まで往復ジョギング。そしてアップ。今回はマミ岩が混雑していたので久々にトラバースボルダー。手はガバガバだしかぶっていて体幹も暖まるのでアップに最適。

しかし気温がさほど上がらず、曇っているせいかアップが遅く、忍者岩を登る気にはなかなかならない。昼前になってようやく「子供クライマー返し」に着手…といっても一手目が止まらない限りは「子供返し」と変わらない。

調子の悪さにモチベーションダウン気味のところ、知り合いのクライマーさんたちがいらしてなんとか気が紛れた。Yさんは「蟹」が今にも繋がりそうだし、Poさんは「虫」を軽々と登る…。皆すごすぎるわ~。

忍者岩の裏側の割れ目に花が一列に咲いているのがかわいかった。

IMG_6021s.jpg

以前レスト中には筋膜リリースの棒が気持ちいいとオススメされてから、気持ちいいのでレスト中に前腕をブラシでこすったりしていたけど、薬局にこんなものがあったので買ってみた。

IMG_6018s.jpg

コンパクトだし、腕と首、肩ならこれで充分。900円ぐらい。今回は一手で落ちてたからヨレを回復させる必要もなかったけど…。


午後から少し雨がポツポツ降っていたけど、ついに傘が必要なレベルの雨に。こんなに降るとは…。「クライマー返し」のナックルジャムの練習をしていたら雨は止んだけど、岩がすっかり濡れてしまって乾きそうにないのでとりあえず忍者岩から撤収。一応オーストラリア岩を見てみたら、なぜか乾いており登れそうだったので、まさかの逆転やでこれと思って早速いトライ開始。

…マットを敷いてスタートについたところで雨がポツポツ。ツルツルした岩のフリクションが重要な課題なので、濡れてしまってはとても無理。橋の下で雨宿りしながら止むのを待ってみた結果。

IMG_6022s.jpg

びしょ濡れで乾く見込みなし。なんなのかな~今年のこの天気予報の裏切りっぷりは…。とっとと帰ってジムトレに励みましたとさ。

春の新エリア核心

たまの平日休みに運良く天気予報が快方に向かったので、以前から行ってみたかった非公開エリアSSKに行ってみることに。トポはないけど、先日行ったばかりだったI上さんにエリアを案内してもらう。距離的には駐車場までは瑞牆よりも全然近い。

IMG_5992s.jpg

駐車場で管理人顔していたにゃんこは人懐っこい。これからよろしくお願いします!

IMG_5996s.jpg

アプローチが険しく、しっかり山登りさせられると聞いていたので、ルートの岩場のようにうっそうとした山中をゴツゴツした岩に躓かないよう登っていくのかなあと思っていたけど、行ってみると駐車場は広くて売店もあるし、まだ木の葉が茂っていないので見通しはいいし、踏み跡は広くて分かりやすいし(途中渓谷の急傾斜のへりを歩く時には注意だけど)で全然問題なし。紅葉シーズン中なら最高の景観なんだろうなあと容易に想像がつく。

IMG_5997s.jpg

色々な岩を案内してもらいつつ、一番上部の岩までアプローチ。これがかの有名な小山田大ハング。

IMG_6003s.jpg

140度の傾斜で手はガバ、しかし一手一手が遠いダイナミックな課題。これはいつか登らないと!

15m級のでかい岩もいっぱい。リードクライマーにはたまらないんだろうな~。

IMG_6001s.jpg

有名なSSKレイバック。スタートから手が悪かった…。

IMG_6002s.jpg

そして目的の岩に到着。寄り道しなければ駐車場から30分程度かな?「ナルコレプシー」というトラヴァースの課題でアップすることに。グレードはいきなり初段…。

IMG_6004s.jpg

こちらは小ぶりながらも同じくらいの140度の傾斜をいいホールドで繋いでいく課題。スロースターターの僕はとりあえずばらしも兼ねてアップ。恒例のジョギング&ローラーボールアプローチで充分体が暖まっていたので、核心以外はすぐにばらせた。フラッシュ狙いのガミケンさんは慎重にアップ&オブザベしてからトライしたものの、核心でフォール。

二人でムーブを考え、足切れでもできるけどヨレそうだったので、ガミケンさんのトゥフックムーブをパクってトライ。アプローチで汗だく、天気も良くて暑かったので、お見苦しい姿で失礼します。



チョークバッグが木に当たったかも…。しかしスロースターターの僕にとっては最初にやる課題としては最適だった。ガミケンさんも続いて完登し移動。I上さんが前回敗退した「牙王」(きばおう)にトライしたかったけど、また敗退してトラウマにしたくないらしいので、別の課題を見て廻ることに。

IMG_6005s.jpg

「Mr.Boo」。ルーフカンテ沿いの課題。二段らしいので時間のない今回はパスしたけど、次回やってみたい。ここはなぜか残置マットが多い。小山田大ハングには脚立もあった。右側の波形のハング岩はカッコいいけどハング面を登る課題はないみたい。

大きい岩にガバクラックが斜めに走る2級の課題があり、心惹かれたガミケンさんがちょっと触りたいというので、僕はランチタイムにして観戦。ホールドガビガビだしヨレ系トラバースなのでやる気なし…。I上さんがマントルまでいったのが最高到達点で、ガミケンさんはどんどんヨレて高度が落ちるばかり。言わんこっちゃない…。

まったりしていた時に某有名ジムスタッフさんたちが現れて、3級ぐらいの課題でワイワイ楽しんでいた。岩場ではやっぱり皆グレードに関係なく楽しそうだったな~。


初段くらいの適度な課題を見繕って、選択したのがマントル一発の「なまはげ」。見た目ホールドも分かりやすく、フリクションも良い岩なので簡単そうに見えるけど、こういうのに限ってくせ者だったりする。I上さん、ガミケンさんがあっさりフォールした後にトライ。



足切れてカッコ悪かったけど、なんとか一撃。初段フラッシュは初めて。足切れずに登りたかったので、その後も2回リピートしたけど上手く登ることはできず。I上さんも体が半回転して落ちそうになりながらも粘って完登し、残るはガミケンさん。岩にへばりついてガバまであと一手というところで落ちること2回、ついにスタートも切れなくなり断念…。やはりあのクラックトラヴァースは余計だったか…。


なまはげ退治に成功し、次はアプローチ時に面白そうと目を付けていた「幻獣ガタゴン」退治にトライ。スタートが意味不明で、力で無理矢理一手目を取ることはできるものの、身動きが取れなくなる。

しばし悩んでからようつべ先生に正解を聞いてみたらまさかの手に足ヒール。しかもヒールを効かせるのではなく、あくまで左足で薄カチを蹴られるように乗せておくだけという、自力では絶対に分からなかったろうなというムーブ。奥が深いな~。しかし肝心の一手目を取れても、ホールディングが悪いのか保持力が足りないのか、ヒールに乗り込むに至らず…。ド敗退だった。


残った時間でエリアで駐車場に一番近い「パスウェイ」にトライ。

IMG_5998s.jpg

リーチがあれば有利というこの課題、なぜかリーチクライマーの僕はフラッシュを義務づけられていたけど、そんな無茶な注文は全く意に介さずあっさりフォール。前回完登しているI上さんから正解ムーブを聞いても一手目がなかなかピンポイントで止まらなかったけど、やっと止まると見た目に反して持てる。



上部は問題なく完登。通りがかった撤収中の某スタッフさんに「不健康」返上の認定をいただきました。指皮売り切れで断念したガミケンさんと隣のSD3級で遊んで撤収。


午前中は暑すぎたものの、昼からは曇りになってちょうどいいくらいの気温だった。しかし花粉がすごくて後半はずっと目をこすり鼻水をかみながらのクライミングを強いられた。フィジカル的にも弱く贅肉たっぷりで調子は良くなかったものの、新しいエリアの素晴らしいロケーションと課題に久々にワクワクしながら楽しい時間を過ごせた。

駐車場で売店の方が「大丈夫?怪我はなかった?」と非常に好意的に声を掛けてくださった。非公開とはいえこの情報社会ではすぐに広まって次第に広まっていくんだろうけど、クライマーが悪いイメージを持たれないように大事に利用していかなければ。

宴の終わり核心

幕山公園の「梅の宴」最終週にアンジェラ、48さんと湯河原幕岩へ。48さんにサンセット岩を案内するのと、早めに撤収するつもりだったため、魚市場食堂はパスして早めに到着。

アップを兼ねてサンセット岩へアプローチ。48さんが僕のブログを見ても結局見つからなかったというので正面壁から案内したものの、一向に見つからない…。48さんが断念したというポイントまで来てしまい、さすがに道が険しすぎてこれはおかしい…。

改めて自分のブログを見てみたら、正面壁からフィックスロープで登るとあるではありませんか…これだから一度来た道も忘れる超方向音痴は…。一旦遊歩道まで降りて正面壁まで引き返すと、マットを降ろしてサンセット岩を探す二人組のクライマーさんに遭遇。道案内をすることに。


無事サンセット岩に辿り着き、僕はローラーボールでアップし、48さんは早速「サンセットダディ」にトライ。スタートで苦戦していたものの、スタンスが見つかると後はあっさり。アプローチの方が時間が掛かった…。ホントすみません。「ファンタジスタ」は二人ともやる気がなかったので、一人「パイプライン」にトライしていたアンジェラと合流し、休憩。

梅も見頃ということで、かなり賑わっていた。

IMG_5958s.jpg

そして当然のごとく梅ソフト。今年も食べ納めか~。

IMG_5954s.jpg

今年「梅の宴」には4回目の参加。かなりのリピーターである。売店で買い物をするともらえるチケットが溜まるのも2回目。大好きな甘酒と交換してもらった。

IMG_5955s.jpg

生姜を入れると美味しいよというので、半信半疑で入れてみたら、これが暖まるし甘さが引き立つしで美味しい!


ポカポカに暖まったところでそろそろ登るか…と思ったら、まさかの雨…。とりあえず貝殻岩に戻るが、それなりに人がいたのにさすがにマットが濡れ始めると皆マットを回収して雨宿り。本当にここは天気が不安定だなあ。僕は時間が惜しいので、雨でも登れる薄かぶりの梅林ボルダーへ。

案の定、同じことを考えているクライマーさんが集まっていたのでアップを開始。サンセット岩へのアプローチや甘酒で充分体が暖まっていたせいか、僕としては異例の早さで西村君一手目、木漏れ日ポッケ取り、アイアンメイデン核心というアップのメニューをサックリとこなし、仕掛かり中の「秋晴れ」にトライ。

まだアップは終わっていないので、アップの仕上げを兼ねてムーブの確認。前半のムーブがしっくり来なかったけど、ホールドが持てないと不思議といいムーブが勝手に出てくるもので、得意の女子力高いキョンムーブが炸裂。試しに序盤から繋げてみたら、動画を撮っていないのにあわや登れてしまいそうだった。西村君のスタートに着くところで、力が余っていたのでうかつに振られムーブをしてしまい落ちてしまったので、ちゃんとカメラをセットしてトライ。



振られムーブの対策をしてこなかったので、迷いながらもアドリブ対応で乗り切り完登。西村君のガバでかなりレストを入れる人が多いけど、全然ヨレていなかったのでサックリいけてしまった。ムーブがハマり過ぎたのか、ローカルエンデュランスを鍛えている時期だからなのか。何にしろ苦手のトラヴァースで成長を感じられてよかった。


雨は降ったり止んだりが続き、ほとんど晴れ間が覗くことはなかった。アンジェラはまだ「パイプライン」に苦戦していたので、超カチ&正対&狭い「十郎」を登った48さんと一緒に猿山岩を見に行くことに。

リードの桃源郷エリアにある小さい岩の課題。ベンチの近くにあるので、見世物のように見られるから「猿山」という課題名なのだろうか…。少しトライしてみたものの、岩は小さくてもパワフルな一手もので、いきなり猫パン。すぐにまた雨が降り始め、さすがに登る気をなくしたので貝殻岩へ戻る。

アンジェラが諦めムード、48さんも雨続きですっかりモチベーションが下がっていたので、一人登る気満々だった僕も多数決に負けて15時過ぎに撤収に同意…からの、実家に泊まって明日も来る宣言!!!


神奈川県の実家に帰って、お土産のケーキと夕飯をトレード。

IMG_5957s.jpg

そして疲れを癒やすために、近所のスーパー銭湯へ。露天風呂で雨に降られたりしたけど、年始の豊田以来の久々の湯船ですっかりリラックスできた。


翌朝、電車で湯河原へ。バスにも無事座れて、泣いても笑っても今年最後の「梅の宴」。5回目。梅は見事な満開。

IMG_5953s.jpg

今日はアンジェラに「パイプライン」を登らせることが目的。アドバイスのために僕もその場ジョギング&ローラーボールでアップ。

IMG_5960s.jpg

日曜日の予報が雨だったこともあって、この日はほとんど他のボルダラーさんを見ることはなかった。完全に貝殻岩を一日中独占。平日クライマーに戻った気分で非常に居心地が良かった。

昨日の激しいアプローチに比べたら、ちょっとジョギングの強度が弱かったのか、アップは遅め。「パイプライン」の再登にもかなり苦戦。仕方ないので、「石切師」6級をSDで登ってみた。



5級くらいですかね?(嘘)「パイプライン」でうっかり石切り穴を使ってしまうと5級と言われてしまうので注意されたし。湯河原幕岩は限定に厳しいんじゃ!

アンジェラはのっけからリップからのばらしに難なく成功し、昨日苦戦していたリップ取りもバシバシ止まり、もはや「落ちる気がしない!」とまで言い放って、自信満々のトライ。

IMG_5979s.jpg

せっかくなのでiPhoneで240fpsのスーパースロー撮影してみました。



ナイス受け身。この日、最高到達点は左手のリップ止め(直後にヒールが抜けて落ちた)。残念ながら段クライマー誕生とはならなかった。僕もアドバイスのためにアンジェラが確率の低いポッケ取りを何度もやったけど、ヒールの位置が悪くても右手のピンチが持てていれば登れてしまうし、バッチリヒールがかかっていても力に余裕がないとヒールが外れてしまう。登りやすいと言われる人気課題だけど、なんだかんだ言っても難しい。

僕はガンバしながらムーブ作りをしていた「Wプロジェクト」にトライ。この課題はポッケ取りからの登り方は鬼のようなポッケ保持力が要るけど、ポッケに2本しか入らない僕にはかなりの無理課題。力不足すぎる。なので、リップ取りからのムーブで登ることにした。



足技が面白かった。このムーブだと実質初段くらいだと思うけど、ラインが違うわけでも限定解除でもないので、良いムーブが見つかっただけで、特に引け目を感じることはないはず。でもやっぱりいつかはポッケ取りからのムーブで登りたいな。そのためにはもっとトレーニングしないと。2回楽しめるから「W」プロジェクトなのかも。


まだ貝殻岩で登っていない「ローリングストーン」を3級らしいムーブで登りたかったけど、相変わらず謎。そしてこちらも明らかに1級ではないだろうという難しさの「バーリアル」に最終バスの時間まで10分ほどトライ。こちらも厳しいけど、もしやと思ったムーブがハマって解決!1級と思えるムーブが見つかった。次回はこれを登ろうっと。

IMG_5972s.jpg

さようなら満開の梅。


最終バスに滑り込みで乗って帰宅。90分座りっぱなしで帰れる電車があるので便利。ご褒美のハーゲンダッツ。

IMG_5974s.jpg

そして今日が誕生日である僕の希望により、豊洲に寄ってららぽーとでディナー。残念ながらマットはコインロッカーに押し込めなかった…。

IMG_5976s.jpg

そしてまずは400グラムのリブアイステーキ。

IMG_5981s.jpg

まあ、二人でシェアしたんですけどね。

そしてこの店を選んだ最大の理由がこのチーズケーキ。

IMG_5982s.jpg

系列店で食べたこのニューヨークチーズケーキがあまりに好みすぎて、このチーズケーキのために食べに行っていたのに、残念ながら閉店してしまったので食べられなくなってしまっていた。調べてみると、横浜のチーズケーキ専門店から仕入れており、系列店では提供しているのだそう。単に自分の好みに合っていただけかと思っていたけど、チーズケーキも売りのひとつだったのね。

それからも色々美味しいチーズケーキを食べているし、記憶の中で美化されているだけなのかもと思ったけど、やはり美味しかった!久々に成果も出て、最高のバースデーウィークエンドになった。


登った課題の数は気にしなくなっていたけど、久々にカウントしてみたら今回で合計40段を達成していた。まだまだ全然段クライマーだなんて思えないけど、楽しみながら焦らずじっくりと50段、100段を目指していきたいな。

結晶プリンセス核心

完全に週末の豊田遠征を諦めていたけど、前日の昼になって急に週末の予報が好転!降られる可能性はあったけど、アンジェラ、I上さん、ひであき君と特攻してみることに。

3時半に都内を出発し、浜松SAに6時到着…が雨…。雨雲レーダーを見ると未明に豊田は結構降った模様。おでんを食べながら相談し、フクベ、恵那への転戦も視野に入れつつ最後の分岐点前のPAまで結論を先延ばし。ひであき君は託児所で豊田の結晶クライミングに備えてノーハンドスラブ練習。

IMG_5930s.jpg

そしていよいよ決断の時。雨雲レーダーを見たら、遠いけど最も登れそうだったフクベが今まさに雨…。ということで、一番近いし雨は止んでいる豊田に行ってみることに。ヤケクソの特攻にふさわしいヤケクソなお土産を乾き待ちのオヤツとして購入。

IMG_5931s.jpg


日当たりを考えて古美山へ。こんな天気に来る意識高い外岩クライマーは我々くらいのもの…かと思いきや、駐車場には結構車が駐まっていた。そしてリーチロックに行ってみると登っている人はいるし、岩の状態も万全ではないが湿り気を感じる程度で濡れてはいない。登れる!我々は賭けに勝ったのだ!

IMG_5932s.jpg

そして湯河原で効果のあったジョギングでアップ。そして充分に体が暖まったところで小岩ロックのa~cのトラヴァースをできる限り厳しいラインで登る。限定課題については色々議論が交わされているけど、こんな小さな岩でもガバ限定、アンダーのみだとかで楽しもうとする姿勢は好きだなあ。自分のやりたいように楽しんだ者勝ち。

そしてリーチロックで「のみ上がり」「のみパッチン」の定番アップ課題を登ってから「一難去って」…ではなく、敢えての「文明開化」にトライ。なぜなら「一難去って」をすでに終わらせたアンジェラが「文明開化」を触りたいと仰るからだ。

「この私にかかれば、どんな結晶もガバ結晶!」(結晶プリンセス:談)

IMG_5877s.jpg

さ、さすがです…(無駄に自信を付けてしまったようだ…)。「一難去って」にボコられっぱなしの僕とI上さんも、トラウマを深めないように敢えて「一難去って」はスルーして一緒にトライ。

しかし前回触ってはいたものの、まだまだアップが終わっていない僕には一手目からキツイし、猫パンをやらかしていきなり血だらけ。それでも一手目が安定して止まるようになるや、予想外にスルスルと上部まで進むように。俄然やる気を出して激撃ち。しかし核心への一手が出ないので、気分転換にひであき君と「一難去って」をトライすることに。



状態がいいとは言えないので期待していなかったけど、1トライ目で登れてしまった。これですっきり「文明開化」に専念できる。



うーむ核心のガバ取りにいくための足上げならず…。状態が良かったらいけるのかなあ…。結晶クライミングは奥が深い…。


皆が「一難去って」にも「文明開化」にも諦めムードを醸し出してきたので、宮川エリアへ移動。いつもはジム状態の蛇の目ロックだけど、今日はI上さんのお知り合いさんグループだけだった。前回はあまりの混みように1回触っただけなので、ほぼ初トライ。グレードはeだけど、登りやすいと言われているだけに皆順調に手を進めて、I上さんは3,4トライで完登。ジムっぽくて得意系だと思ったけどさすが。

結晶クライミングにフルボッコにされた花崗岩苦手のひであき君だけど、この課題は良いホールドが続くのでかなりの手応えを感じ、俄然やる気に。上裸になって気合を入れてもフォールするなど、ヨレを感じさせたがなんとか完登。

あまりやる気がなさ気だったアンジェラはともかく、一人取り残された僕。核心のガバに届いているにもかかわらず止まらない。最大筋力が落ちておりキャンパも全然ダメな時期だからなのか…。トライしているうちに「文明開化」で負荷をかけ続けていた右手人差し指にチクリとした痛みが…。先週の湯河原では最後まで持ってくれたヒビ割れだけどまだ治りきってはいなかった。



ランジへのムーブを固めてからのこのトライでも止まらず、ついにヒビ割れがパックリ、出血終了。小雨も降り始めたので、I上さんに緑ロックまでマットは持たずに案内。こちらは染み出しでびしょ濡れだった。雨が降り止まないので撤収。


朝には登れない覚悟で来てみたけれど、なんとか16時くらいまでは登れてよかった。登り損ねた「蛇の目」よりも、今はまだ出来るか分からないけど、結晶クライミングの代表作であり非常に勉強になる「文明開化」をやりたい気分。帰りは浜松SAで餃子パンとかつくね串。

IMG_5934s.jpg

物足りずスペアリブとソフトクリーム。注文した後に食べてみたかった「サバサンド」があったことに気付いて悔しかったけど、スペアリブおまけしてくれたからいいや。

IMG_5935s.jpg

やっぱり豊田は面白かった。今回のリスキーな日帰り遠征で、少し身近な岩場に感じられるようになったのも収穫。は~、仕事を投げ打って豊田に住みたいぜ~。

Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ初段
百里眼1級
泉の家初段
花畑初段
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル初段
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術初段
狆穴子初段
竜王1級
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音初段
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
背骨岩カンテ右1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。