FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅咲きの梅核心

連日の敗退に懲りず、I上さん、アンジェラと湯河原幕岩。テンションがイマイチ上がらなかったのは、2日前にジムで右手人差し指の腹にヒビ割れをやらかしてしまい、出血即終了の状態であったこと、宿題の「サブウェイ」を前回ばらしもできなくなり、その原因が前日のTRXトレーニングのせいなのか、またはトレーニングのピリオタイゼーション的に弱くなる時期だからなのか、不安たっぷりだったからだ。

そして当日、待ち合わせ場所にI上さんが来ない…。連絡もつかず、一時は諦めて電車で向かおうと改札に入ったけど電車に乗り遅れ、30分待ちとなったのでとりあえず連絡をしながら駅で待つことに。調子も微妙だし、今日は近くのジムでいいかとも思い始めたところでI上さんを叩き起こすことに成功、少し遅れての出発となった。


時間がないので魚市場食堂は諦めて海老名SAで各自メロンパンやらおにぎりやら串焼きやらホットクやらを買って食べながら幕山公園へ。時間が遅いのと、人出が多いこともあって、初めて一番下と思われる第5駐車場に停めることに。梅が7分咲きぐらいになっていることもあり、ここ数週間と違ってかなりの賑いを見せていた。

IMG_5840s.jpg

今回はのっけから貝殻岩。僕はスロースターター対策として、駐車場から岩までマットを背負いながらジョギングしてみた。スピードは皆に合わせるために歩くスピードと同じ。端から見たら、ただの気がはやってテンションが上がっているおじさんである。

しかしこれが効果てきめんで、20分ちょっとで汗をかくほど体が暖まり、のっけから9級、6級を落とし(僕的にはすごい進歩なのです)、ほどなくしてマントルの4級も登り、これはもう「サブウェイ」繋げトライできるんじゃないですかというくらいのアップの順調さだった。

しかし早くから「パイプライン」にトライするアンジェラと一緒に「サブウェイ」の一手目からムーブの再確認をしてみるも、できない…。少しは楽な後半部分からムーブの再確認でアップをしつつ、段クライマーが目前に迫っているアンジェラにインタビューを敢行。

IMG_5914s.jpg

IMG_5883s.jpg

IMG_5884s.jpg

TVに映りたがるI上少年(二段)であった。


結局昼過ぎになっても僕的に核心であるヒール解除からの寄せができないまま、とりあえず梅ソフトで一息つくことに。すごい盛況で行列!

IMG_5849s.jpg



IMG_5851s.jpg

本当は登ってからご褒美で食べたかったけどまあいいか。


14時過ぎから午後の部開始。大体気が緩んでまた敗退かなと諦めムードも漂ってくる時間帯だったけど、その雰囲気を一変させたのがアンジェラの気合のトライだった。今回も確率の低かったリップ取りをバシバシと止めるようになり、ポッケ取りも自己流ながら高確率で止まるようになっていた。そして落ちては本気で悔しがる。「デッドエンド」を狙っていたときと同じモチベーションの高さだった。

15時を過ぎてから僕もアンジェラの気合を見習い、繋げトライを開始。結局安定の超スロースターターっぷりであった。あとはいつもと同じ時間との戦い。やはりヒール解除からの寄せのムーブができなかったが、試行錯誤の末、ムーブが決まった。こんなことも自然に出ないとは、まだまだムーブの引き出しが少ないなあ…。そして全てのムーブが完成し、もう次は登れると確信しての繋ぎトライ。



本腰を入れてから7日もかかってしまい、もう登っても嬉しいより肩の荷が下りたぐらいにしか感じないんだろうなと思っていたけど、登れてみたら素直に嬉しかった。


一緒に「サブウェイ」をトライしていた2人の方々はかなりの長レストを挟みながらのトライで、一人は見事なスタティックムーブで危なげのない一抜け、その次に僕が完登、午前中から黙々と上裸でのトライをしていた方は午後如実にヨレが表れており、もはやこれまでかと思われたけど、僕のトライの後に自らのムーブを貫き、マントルで落ちそうになるも持ち直して執念の完登!

皆の祝福を受けて戻ってきたその表情は、それまでの真剣な表情から一変して満足感溢れるいい笑顔になっていた。そして「皆の声援のお陰で頑張れました」と仰っていた。皆がお互いを祝福し感情を共有できるクライミングってやっぱり素晴らしいスポーツだなあと思うのだった。


アンジェラは一度ポッケからのリップ止めまでいったものの、ついにヨレと指皮の限界で断念。「サブウェイ」にトライしていたI上さんも体幹売り切れで終了宣言。僕は残った時間で「Wプロジェクト」にトライさせてもらった。

この日トライしていた方がキョン足での離陸でやすやすとポッケを止めていたので、ポッケ止めも足位置次第ではと思ったけど、やはりポケットを止めてからも厳しいので、I上さんが採用した右手出しムーブを試してみる。

IMG_5919s.jpg

一手目は止まるけど、そこからリップまでのムーブはもう少し練らないと繋がらなそう。両方の人差し指の腹がひび割れしそうで痛みを感じてきたのもあって、残念ながら時間切れ。1日で二段2本は欲張りすぎた。

IMG_5863s.jpg

梅林のライトアップも始まっており、18時を過ぎても人が多かった。案内所で甘酒も振る舞われており、とても美味しくいただいた。帰りに渋滞に巻き込まれつつ、実家へ帰宅。久々の家庭の味は充分なご褒美だった。


翌日はさらなるご褒美三昧。築地で寿司!大トロでほっぺが落ちる!

IMG_5911s.jpg

岩手物産展で南部せんべい買いだめ!

IMG_5915s.jpg

イデミスギノのケーキ!

IMG_5918s.jpg

ブールミッシュでケーキとGINZAソフト!

IMG_5913s.jpg

夕飯は作るのめんどくなったのでベトナム料理屋の弁当!

IMG_5917s.jpg

寝る前のアイシングはハーゲンダッツの新作!

IMG_5920s.jpg

デブっても地道なトレーニングを積んで、小川山シーズンにはピークに持って行けるよう頑張ってトレーニングします!実家から持ち帰ってきたこのローラーリストボールがスロースターター対策になればいいなあ。

IMG_5916s.jpg

でもこれうるさい…。

スポンサーサイト

テレメータ雨量核心

平日休みにソロで御岳。都内では前日にかなり雨が降ったものの、雨雲レーダーの履歴や雨量計の履歴からほとんど降っていないと判断、気温も暖かそうだったのでいつも通りの時間に御岳へ。

着いてみたらまあ路面は濡れてますし、すべり台岩もオーストラリア岩もしっとり…アップのジョギングついでに忍者岩を見てみたらびしょ濡れの真っ黒け。信頼していたテレメータ雨量計の信頼度がぐっと下がったぜ…。

IMG_5816s.jpg

なので、乾くまではとりあえず日当たりが良く暖かい鵜の瀬岩へ。暖まっていないと一手ものの6級にすら苦戦。ようやっと大トラバースの最後の核心でアップを終えて、まだ登っていない2級に着手。とりあえずは一番右の黒本No.11から。



次に御岳で最も登りやすい2級として有名なジムっぽいNo.10を…と思ったけど、ちょうどいらした方がそのバリエーション初段の直上バージョンにトライを始めたので、一緒にやってみることに。恐らく実質数手で終わりなんだろうけど、一手目から厳しい。一手目が止まってもホールディングが分からず持ちきれない。

他の岩が登れないせいか、次々とクライマーさんたちが集結し、その中には先日のTRXでお世話になったトレーナーの千葉さんも。「鵜の瀬大トラバース」にトライするという。他にもこの課題にトライしていた方もいて、数トライでつなげて見事完登していた。核心である2級No.9のムーブが分かったのは収穫だった。

千葉さんも長レストを入れながらの気合の上裸トライで見事完登!しかも先にこの課題を登ったベテランクライマーさんは「鵜」にトライして、すぐにばらした後にこれまでに見たこの課題の動画のどれよりも安定したムーブで登っていた。その方をして「今日初めてこの課題に可能性を感じた」そうなので、いかに厳しい初段か分かろうというものだ。

そんな素晴らしいクライミングを目の当たりにしながら、僕はといえばバリエーション初段の一手目の痛さと保持れなさに敗退。ムーブは分かったんだけどなあ…。そしてすぐに「モンキーポッケ」を片付けるためにオーストラリア岩まで戻る。


コーヒーを飲んでオヤツを食べてからトライしようと思っていたものの、準備中に雨がポツポツ…。雲行きが怪しかったけど、今日降る予報なんてなかったのに…。慌ててマットを敷いてトライするも、ホールドを拭きながらのトライを強いられ、しかも雨がどんどん強くなってきて一旦雨宿り。

IMG_5818s.jpg

しかし雨が止むことはなく、トライ不可能な状態になってしまったので断念…。

IMG_5819s.jpg

早めに撤収して、ジムで閉店まで登りましたとさ。一日12時間登っていたことになる。雨に始まり雨に終わった外岩。今年に入ってからずっと続いている敗退ロードはまだまだ続くのだろうか…。

TRX核心

クライミングに効果が高いと言われているTRXトレーニングのクライマー向け講習があるというので、アンジェラやガミケンさん他ジム仲間と参加(実は両隣もTwitterのフォロワーさんだった…)。

IMG_5759s.jpg

僕は運動神経ゼロで、フィジカルより体の使い方に問題を抱えていると自覚しているので、非常に期待していた。今回はロクスノの連載で有名な千葉さんが講師(写真で見るよりはるかにイケメン!)。たった2時間ではあったけど、左右のバランスの悪さや尻の使えてなさなど、弱点がよく分かった。今度は本格的な講習に参加してみたいなぁ。


翌日、I上さん、アンジェラと湯河原幕岩。さーて、本日の魚市場食堂は?

IMG_5780s.jpg

三色丼!今日は状態も天気もいいから、岩場でも三色くらい課題を落としちゃおっかな~と気合充分だった。


とはいえ豊田でボロボロにされた指皮が心配なので、テーピングを巻きながら貝殻岩でアップ。「梅の宴」が始まってから、ボルダラーはすっかり減ってしまい、この日もほぼ貸し切りだった。

IMG_5781s.jpg

暖かいのですぐにアップが終わるかなと期待していたけど、なかなか暖まらない。「サブウェイ」の抜けの4級もなかなかできるようにならない。アップ不要のアンジェラは「パイプライン」にトライするも、ほぼ確実だったリップ取りがなぜかできない。

I上さんは「サブウェイ」のムーブ作りでアップし、本命である「Wプロジェクト」に取りかかる。腰に来るので大事にトライしたいらしい。一手目からリップを取りに行くムーブですでにばらしは完了していた。さらにムーブを改善しつつ、本日3,4トライくらいで見事完登!

僕は前回のように時間切れを恐れてあまり休まずにアップをしたものの、やっと全ムーブのばらしができるようになった頃にはすでに昼過ぎ…遅すぎる…。そして繋げトライに入るが、ひとつひとつのムーブに全然余裕がない。2日間のレストも挟んでるし、昨晩のTRXは時間も短かったし筋肉痛になっている様子もないのに…。しばしマットに寝っ転がって天を仰ぐ。

IMG_5782s.jpg

そうだ、これはバレンタインデーなのにチョコを食べてないからだ!

IMG_5785s.jpg

コンビニで自腹で買ったスウィーツを食べながらトライ。アンジェラはあまりのリップの取れなさに敗退ムード満点。僕はテーピングを外してトライするも、いっぱいいっぱいのトライ。そしてついに恐れていた治療中だった人差し指のひび割れから出血…やっちまった…。再度テーピングを巻いてトライするも、核心のサイドガバ取りからの足寄せができない。体幹がヨレてる?

前回は何でもなかったそこのムーブだけをやってみても、今日は非常にキツイ。そこに来るまでもギリギリな感じだし、「Wプロジェクト」を触ってみても前はできたばらしもできない。こりゃ今日はアップが遅いんじゃなくて、あからさまに調子が悪いだけだと自覚して断念。最後に梅林ボルダーへ。


クールダウンに「梅林体操第1」を考えてみた。



アップにもどうぞ。そして残った時間で「秋晴れ」のムーブ作り。いいムーブが見つかったので、「サブウェイ」が終わったらトライしてみよう。


帰りは事故渋滞に巻き込まれてしまったので、途中で降りて厚木の焼肉屋「岩ちゃん」へ。

IMG_5791s.jpg

厚木名物シロコロホルモンとソフトなんこつが絶品!しかも安い(3人で計5000円位)。こんなことでもないと寄らない場所なので、かえってよかったかも。


三色丼どころか真っ白(シロコロだけに)になってしまったけど、まさかの敗退にも関わらず清々しい気分だった。それは、今日は真剣に集中してひとつの課題に撃ち込んで、それでも調子が少し悪ければ登れない難しい課題であり、自分の実力が足りないのだと分かったこと。今日出せる実力を出し切っての敗退なのだから仕方がない。指皮も日々のケアのお陰でほぼ影響はなかった。回復方法は間違えていなかったということだ。


翌日、TRXで鍛えた臀部が軽く筋肉痛になっていた。以前は鍛えていたので、それなりに強いと思っていたもの、普段いかに使っていなかったかがよく分かった。体幹のヨレももしかしたらTRXによるものかも知れない。ということは、いかにクライミングに効果があるかということではなかろうか。今回の敗退は倍返しさせてもらわなければ!

指皮めくれ核心

ウィークデーど真ん中の祝日、カヅミさんとカッチャンさんにお誘いいただき、アンジェラと日帰り豊田へ。指皮命の豊田に備えて、ひび割れした指皮に絆創膏をしてヒビケア軟膏を塗って回復に努めていた。


そして当日朝3時に出発し、足柄SAで軽くうなぎ蒲鉾なんぞを食べたりする。

IMG_5748s.jpg

ソフトクリームやジェラートは当然まだ販売しておらず残念。朝食はコンビニで買って済ませて、まずはカッチャンさんがトライしているという「太刀」のある百聞(「ひゃっけん」と読むらしい)エリアへ。

有名課題である「マッドドッグ」へのアプローチはすぐ。しかし道路に雪が残っていたように、このエリアは日当たりが悪く、まだ岩が濡れて…いや凍っていた。

IMG_5749s.jpg

諦めて、まずは日当たりの良い古美山に行くことに。アップ不要で、「一難去って」をどうしても落としたいと言っていたアンジェラには願ってもない展開。日当たりも良く暖かいリーチ岩で10時頃から登り始める。

IMG_5750s.jpg

前回怪我をしていたとはいえ敗退していたこの課題は回収しておきたかったので、負けじとアップを開始。カヅミさんと「一難去って」の隣のラインの「ロン」(c)を触ってみる。多分一手ものだけどフットホールドに迷う。ベテランクライマーさんがムーブを教えてくれたので、言われるがままに結晶に立ち込んで登れた。結晶クライミング入門って感じの課題だった。下地悪いけど。

ちょうどスカルパの某五段クライマーさんが「シャンバラ」V15のトライにいらしており、アップで「一難去って」を登ったり、トイレへの通りがかりで「シャンバラ」の核心ムーブを見ることができた。常人からしたらありえんムーブだった…。あとチビっ子クライマーがリーチのなさから足キレキレムーブながら、見事「縄文」(e)を登るのを見られたのも良かったなあ。

トイレから戻ると、アンジェラが「一難去って」を登ったという。最初のトライから上部まで行っていたものの、マントルに苦戦するんだろうなぁと思っていただけに予想外の早さでびっくり。動画も止めてしまっていたし、直接見ることができず残念だった。

アンジェラは「文明開化」へのトライを開始し、僕もアップがてらに少し触ってみる。そして暖まってきたようなので、絆創膏とテーピングを外してトライしていたが…。

IMG_5751s.jpg

指皮ズルムケ。ふやかしていた指皮が乾燥していなかったために、結晶に引っかかり簡単に剥けてしまった。しかも両人差し指。これならまだ最初から普通に登っていた方がマシだった。薄皮一枚残っていたので、出血こそしなかったものの、岩に触れただけでズキンと痛い。

とりあえず「一難去って」を1トライだけしてみたものの、マントルまでいかず終了。心折れて移動を申し出る。本当に何をやってんだか。


昼過ぎからは百聞エリアに行ってみて、様子を見る。

IMG_5753s.jpg

アプローチの近い「あられ」などの課題のある岩を見て、カッチャンさんが行けると判断し、少し山登りをして「太刀」のある岩へ。

IMG_5754s.jpg

かぶった圧倒的迫力の岩。残念ながら、凡人の僕には登れるものなら登りたいという気さえも湧いてこない…。嗚呼自らのスケールの小ささよ。


近くの課題を案内していただき、マントル課題「オオマタ」(e)にトライしてみる。スタートで横になって足をガバカチに突っ張ってマントルを返すだけとはいえ、全く右手が返る気がしない。「太刀」トライ中のカッチャンさんが気分転換にトライし、ムーブをあれこれ試してムーブが決まってからはさっくり完登。

ムーブをパクってみたけれど、真似できず足を滑らせて膝を岩に強打するの繰り返し。心折れて敗退。そしてカッチャンさん曰く「ウェルカム課題」という「氷雨」(e)にトライ。

確かにホールドは良く、1トライ目でリップに到達したので、あっさり登らせてもらえるかと思いきや、リップへの寄せが決まらない。このエリアに次来ることがあるのかどうかも怪しかったので、今日登れなかったら当分宿題のままになると思って必死にトライ。ようやくリップ寄せのムーブが決まって、あとは繋げるだけ。

ヨレる課題でも手数が多いわけでもないので、登れないはずがないと思っていたけど、薄暗くなってきたのでライトを照らしてもらって、ヘッデンを点けてのトライでナイトボルに慣れていない僕は急に雰囲気が変わったことで、何でもなかった下部のムーブがちぐはぐに。寄せまでも行かない。

そして結露のせいかリップのフリクションが悪くなってきたので、テーピングを外してトライしたらそれがまた裏目に出て、薄い指皮でフリクションがないわ痛いわ、おまけにスタートホールドで指を挟んでダラダラ出血するわ、悪循環。結局最後のトライでリップに寄せられたものの、その右手が滑ってはがされてフォール。

最後にカッチャンさんのラストトライを見届けて、残念ながら完登は見られず撤収。台湾料理の店でヤケ喰いして帰途に就いた。


せっかくの「一難去って」リベンジの機会も活かせず、今後来ることがあるかどうか怪しい百聞エリアの課題も登れず。いきなり指皮ズルムケさせた自分のアホさ加減と、登れる課題を登れない自分の弱さに呆れ果てて、これまた落ち込んだ日帰り遠征だった。

自分の実力不足よりも、登れるのは力に余裕のある課題だけで、実力を出し切っていっぱいいっぱいで登れたということが少ない気がしてならないのはマイナス思考に陥っているからではない気がする。こんなんじゃ伸びないわけだよなあ。

梅のつぼみ核心

週末の予定が決まらず、寒い御岳に行くよりジムトレでもするかと観念していたら前日にI上さんから救いの湯河原行き決定。二日前の雨も問題ないだろう。当然のごとく朝ご飯は魚市場食堂。

IMG_5733s.jpg

ブリのかま塩焼き定食。脂たっぷり。コンビニで今回は別グループとなったむさし君、ジムスタッフのスズメちゃんと挨拶。梅祭りの初日なので下の駐車場からアプローチだけどなんてことない。アップには「木漏れ日」をやりたいというアンジェラ様のご意向に従って梅林ボルダーへ。雨は二日前だったけど、貝殻岩は前日に降った前回と同じくらい湿っていた。

予報は晴れなのに一面の曇り空だったけど、御岳と比べたら天国。たまに雲の隙間から日が射せば暑いくらい。そのせいかアップも順調で、「ガンバレ西村君」を1トライで登れるという快挙(普段は準備運動しながら5トライは必要)。そしてまずは「アイアンメイデン」にトライ。

SDからの離陸は足位置が決まれば難しくないものの、2手目を保持して3手目の悪いポケットを止めるのに苦戦。僕のムーブでは遠いカチ取りのムーブは固まっていたので、ここが核心になっていた。結構なトライ数を要してようやく核心超え。



上部はリーチも活かせてサックリ。とはいえここのグレード感からしたらちょっと厳しめかも。次にアップで登ると豪語していたアンジェラがみるみる高度を落としていた「木漏れ日」にトライ。前回核心でポッケがすっぽ抜けて登れなかったけど、ムーブは固まっていたので3トライくらいで核心超え。



前回は上部はカンテ限定ということで、左側にあるガバを使っちゃいけない雰囲気になっており、今回はさらにその上のカンテ近くのホールドも微妙という雰囲気になってしまったので、一応避けて登ったけど、大して変わらないかなあ。横取りされた形のアンジェラは御機嫌斜め…。

その後はTwitterの知り合いの方々のグループと一緒にワイワイしながら「秋晴れ」のムーブ作り。もうちょい良いムーブができれば登れそうかな。アンジェラが断念したところで広場まで降りて待望のランチタイム。梅の宴開催時期ならではの楽しみ、屋台の坦々焼きそば、おでん、甘酒、酒まんじゅうを堪能。


午後の部は貝殻岩。のんびりしていたら結構な時間になってしまった…。しかしタイミング良く、貝殻岩貸し切り。

IMG_5744s.jpg

早速「サブウェイ」の思い出しトライ。I上さんが「Wプロジェクト」にトライしていたので、そちらにもちょいちょい浮気していたら雨がポツポツ…。ホントここの天気には裏切られる…。マットが濡れてしまい、シューズを乾かしながらのトライを強いられることに。残り時間が少なくなってしまったので「サブウェイ」に絞ってトライ。I上さんのアドバイスもあって、より良いムーブができた。繋ぎ3トライ目でマントルまで行ったものの、ヨレ落ち。さらにムーブを練り込んでレストを挟むように。



ヨレてはいなかったはずなのに、マントルで足を滑らす…。まあヨレてたんだろうなあ。ここぞというところで弱い…。遠いリップ取りで右足をなぜかフラッギングしていたのが悪かった。両人差し指の腹がヒビ割れして出血、iPhoneの動画が真っ暗で映らなくなってしまったので、最後に「Wプロジェクト」のムーブ作りをして撤収。次回は夢の「一日二段2本完登」でも目指すか…。


帰りは海老名SAでジャンボフライドチキンとタコ焼きを食べてお土産を買って、地元のミニストップでソフトクリームを買って帰る。

IMG_5745s.jpg

梅の宴で駐車場代、入園料がかかるようになったことから、超ジム状態だった貝殻岩も撃ちやすくなったし、温かい食事もできるし梅もこれからが見頃。梅の宴の賑やかしとして、自分の遅咲きなつぼみがほころぶまで、まだ楽しませていただきます。

北風核心

ド敗退の湯河原幕岩の翌日に、前日のウサを晴らさんがためにアンジェラと御岳。ホリ快で駅弁を食べて栄養補給。大好きな鶏もつ煮入り。

IMG_5721s.jpg

見せてもらおうか、加熱機能付き容器とやらの力を…!

IMG_5722s.jpg

やけどするくらいアツアツ!鶏もつ煮が一個だけってのは寂しいけど!!でも低カロリー高タンパクで最高!


…車内で会社からの電話が鳴って対応に追われながら御岳到着…すでにゲンナリ…。前回の御岳では最初から忍者岩で登れたし、今日もさほど寒くないように思われたので、熱いコーヒーを飲みながら忍者岩に向かう。

IMG_5724s.jpg

めっちゃ雪残ってる…。しかも着いてみれば風が冷たすぎる!初岩タッチに「忍者返し」という無謀な行為をしたところ、離陸もできず。前日登っていたのでそれなりにアップは早いかなと思ったのに、一手目取りができるようになるまで30分以上を要した…。

それでも忍者岩に来たときにアップに使う玄関岩SD4級はすんなり登れたので、空いているうちにと「子供クライマー返し」にトライ。最初は離陸もままならず。ただの「忍者返しの離陸もやっとなのにリーチがあるから子供返しにトライする無謀なヒゲのオッサン」に成り下がってしまった…。しかもいきなり重要な右手人差し指の腹にヒビ割れ…。ハンドクリームでしっかり対策してきたのにどういうこと…この時点でかなり意気消沈。

テーピングをして、出血するなよと祈りながらトライしていたものの、そのうち忍者岩は混み始め、トライすらままならない状態に。15分に1回くらいしかトライできなかったんじゃなかろか。しかも一手ものだから体は全然暖まってこない。「忍者返し」にトライしていたアンジェラも全く進展がなく、「やってて全然面白くない!」と完全に終了モード。


結局一手目すら止まらないまま、オーストラリア岩に移動。狙いはもちろん今日の最低限のノルマである「モンキーポッケ」。時間はまだ2時間以上ある。15分で終わらす!と気合を入れてトライするも、前回はあっさりできた一手目ができず。まだ体が暖まっていないのだろうと、「モンキーカンテ」やばらしで暖めるも、ばらしすらままならない。

一旦知り合いのいる鵜の瀬岩に遊びに行こうかとも考えたけど、時間的に微妙だったので、ここに留まってトライすることに。一手目のヒールが全然うまくかからず、いじいじ触るも結局時間切れ。何が悪かったのか全く分からないままに一歩後退、いや、振り出しに戻ってしまった…。


何だかんだで前日のヨレが残っていたのか、風が冷たくて体が暖まらなかったせいなのか、単に調子が悪かったのか、完全に迷宮に迷い込み、久々に自分のあまりの登れなさに落ち込みながらの撤収。帰りにアンジェラのご実家でお食事をいただいたり、立川でいい買い物ができたのが救いだったかな。

「人生、クライミングだけじゃねえぜ」とピエロのような作り笑顔でホロリと涙。もう気温10度未満の日は御岳には行くまいと誓ったのだった。それより春の瑞牆小川山シーズンに向けたジムトレの新たなピリオタイゼーションを開始しよう。

Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ初段
百里眼1級
泉の家初段
花畑初段
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル初段
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術初段
狆穴子初段
竜王1級
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音初段
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
背骨岩カンテ右1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。