FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014登り納めde松葉杖核心

毎年恒例となっているお正月休み岩遊びツアー。今年は仕事納めの翌日から出発して、旅行先で年越しをすることに。まずは北山公園に行き、大阪で宿が取れなかった大晦日からは名古屋に移動し、登り初めはまだ行ったことのない豊田へ。7泊8日と、これまでの人生最長旅行になった。

始発で出発して新幹線に乗る品川へ。やけに地下鉄が混んでいると思ったら、帰省ラッシュではなく、某巨大イベントと重なっていたせいか…。新幹線は自由席なので、荷物の置きやすい車両最後列の席をゲットしようと敢えて始発をスルーしたら、その後の新幹線は全て東京発だそうで、最後列どころか座れるかどうかも怪しくなってしまったので、慌てて指定席券を買いに行く羽目に。

新大阪への到着が1時間弱遅れてしまったものの、前日からの雨で岩場は乾いていないだろうから気にしない。というか到着してみたら路面はびしょ濡れで、とても登れないだろうと判断し、初日からいきなりレスト…。海遊館に行ってみることに。

IMG_5593s.jpg

ウミウシやらペンギンやらジンベイザメやらゴキブリを見て、夕飯は鶴橋の焼肉。午後は少し晴れ間も覗いて、岩は乾いたかなと思ったのに、お店を探している間に通り雨、というか雹が降ってきて雨宿り…。やっと止んだと思ったら目当てのお店の行列が長すぎたので、適当なお店に入ってみたけど、どのお肉も安くて美味しかった。

IMG_5597s.jpg

明日登る分の前祝いってことで。ホテルにチェックインして明日に備えて早めに就寝。


二日目。早起きして朝食を食べて北山公園へ。地面はぬかるんでいたものの、ショーギ岩は乾いていた!

IMG_5598s.jpg

すでに何人かのクライマーさんが登っていた。アンジェラの狙いは「ショーギ入門」なので、付き合ってアゲハの岩のガバカチでアップ。一旦トイレを借りに植物園までジョギングして戻ってしばらくしたら、実家に帰省していたガミケンさんが登場!一緒に「ショーギノーマル」をトライ(ガミケンさんは全くやる気がなかったので2トライで終了…)。

ここ2年間敗退しているこの課題をのっけからトライすることになってしまったが、昨年手応えを感じていただけに、今回はアップで落としてやる気でいた。毎回混んでいるこの岩、忍者岩やクジラ岩などのジム状態岩が苦手な僕だけど、とっとと片付けて解放されたかったので、集中トライ。



とにかくバランシーでことごとくスタンスが悪く、苦手な課題だったなあ。アンジェラも早々に「ショーギ入門」を片付け、ノーマルにトライしてそれなりに手応えを感じていたようだったけど、ヨレて初手が止まらなくなってきていたので移動することに。

空いている岩を探して歩き回ったものの、今回狙っていた「食パンマントル」のある弁当岩はびしょ濡れ、「飛龍」のある羊歯天国岩も人がいっぱいで居場所もないので、空いていた火の用心へ。ここは日当たりもよく、居心地もいいけど、代表的な課題である「火の用心左フェース」1級は下地が悪いし、いかにも難しそう。

IMG_5599s.jpg

とりあえずホールドやスタンスを探しつつ、ムーブを作っていたら、この課題を狙っている女性クライマーさんがいらして一緒にトライすることに。上部は遠い右への薄い凹みへのデッドが恐く、外すと下地が斜めっているところに落ちることになるので、どうしても腰が引けてしまい止まらない。

女性クライマーさんは一度このホールドを止めたものの、そこからリップへの飛ばしができず、左手で思わず限定のカンテを取ってしまいNG…。しかしそのムーブを参考にして、右ホールドは無視して一気にリップを取るムーブを選択。



止まって一安心。元々は2級で、キーホールドがチッピングにより悪くなったため1級に格上げされたということなので、甘めの1級かも知れないけど、スラブでの足使いがすごく勉強になった課題だった。

最後にノーマットでトライしていた方と一緒に「飛龍」を触る。この課題はなぜか初北山公園の時から、何の根拠もなくできそうな課題だと思っていたけど、昨年は右カチが保持れず完膚なきまでの敗退。今回はカチは持てるようになっていたものの、そこからのヒールフックでの乗り込みができない。

最後にガミケンさんたちも来て「林トラバース」3級をトライしていたけど、北山公園が苦手で完全エンクラモードのガミケンさんを「飛龍」に巻き込むことはできず。全てのムーブはばらせたものの、時間切れで翌日に持ち越しとなった。何度来ても帰りの夜景はきれいだった。

IMG_5600s.jpg

夕飯はホテル近くの「勝大」というお店で串カツ&どて煮&天むす。安いし美味しいし、とにかくスタッフさんのサービス精神が伝わってくるいいお店だった。

IMG_5601s.jpg



三日目。北山公園最終日。5:30にホテルをチェックアウトして北山公園へ向かう意識の高さ。西宮市のかわいいマンホールともまた一年のお別れか。

IMG_5603s.jpg

朝日を眺めつつ、8時から登り始める。

IMG_5604s.jpg

まずはアップにアンジェラが前回落とせそうだった「ナインティナイン」のあるあこがれランド岩へ。

僕ものんびりアップして、再登を狙ってみるも難しい…。というかカチが指に食い込んで痛すぎる。前日すでに右人差し指に穴を開ける寸前まで結晶で指皮を削られており、他の指も万遍なく削られていた。アンジェラもそれは同じで、とにかく指が痛く前回の到達点にも達せず。

僕は前回とは違うクラック中継なしムーブでトライするも、リップが止まらず無駄に指皮を消耗。最後と決めたトライでなんとか再登。



そして「飛龍」にリベンジに向かう。

IMG_5605s.jpg

指皮がなくなってやる気のないアンジェラが昼寝する中、羊歯天国岩を独占してムーブ探り。とにかくカチ取りからのヒールの乗り込みが甘くカンテが取れない。動画を撮ってどこが悪いのか研究しつつ色々試してみる。そして何度かカンテが触れるようにはなってきた。



カンテ奥のガバへの飛ばしに失敗…。もう少しトライすれば登ることもできたろうけど、この課題に執着するよりも色々な課題を楽しもうということで移動することに。


しかし敗退ですっきりしない中での集中力に欠けるトライが続き、テーブルロックの4級スラブ、「アドレナリンカンテ」、「空手Oh!」のどれも種蒔きにもならない。最後にお約束となっている厳しい2級「ドラの音」の敗退で北山公園を締めることに。

しかし、前日ガミケンさんたちがトライしていた時のヒールムーブを試してみたところ、前回より手が進んで俄然落とす気満々に。そしてついにドラ(ガバ)を触ることができたもののスリップ落ち。しかし下部は安定してきたので、小雨が降り出し、名古屋への移動で時間がなかったけど泣きの1トライをさせてもらう。



まさかの上部でヨレ落ち。初めてガバのマッチに成功したものの、サイド以外は思ったほどガバではなかったこと、乗れるスタンスがなく(薄暗くて見えなかった?)常にスメアが要求されたこと、レストが不十分だったこと、さらにはしっかり昼ご飯を食べなかったことなど、敗因はいくつもあったけど、無念の敗退…。

上部で落ちると、下部の岩の上に落ちることになり、そこに厚いサブマットを敷いていたものの、落下時の衝撃で少し左足を痛めたようだった。トライ後に慌てて荷物を片付け、悔しさと疲れの中で左足をかばいながら小雨の中下山した。初めは普通に歩けたものの、駅に到着した頃にはびっこをひいていた。

しかし名古屋でレンタカーを借りる都合上、休む時間はなかったので、そのまま新大阪から新幹線に乗って名古屋へ。レンタカーを借りてからファミレスで食事をしながら、救急診療が受けられる病院を探して病院に向かい、診察してもらう。幸い骨に異常はなく、捻挫のようだったけど、すでにびっこで歩くこともままならず、松葉杖を借りることに…。

IMG_5607s.jpg

遠征中、しかも初めてで楽しみにしていた豊田を前にまさかの怪我。課題にもド敗退。普通に考えれば泣きたくなるような状況だったけど、常に怪我をする覚悟はできていたせいか、なってみると意外と受け入れることができた。登れなくてもアンジェラに登らせて岩場を見学するだけでもいいかなと思えてきた。アンジェラや病院には迷惑をかけたけど、旅行を楽しもうと、年の変わり目と共に心も切り替えていたのだった。


スポンサーサイト

マブる気満々核心

土曜日の夜に雨予報。昼過ぎまでなら登れたろうけど、日曜日に乾く方に賭けてみることにした。結果、土曜日の降り出しが遅く、しかも夜に長く降り続いてしまい、半ば諦めムードで御岳へ。そんな状態でもそれなりの数のボルダラーさんが御岳に来ていた。

ジム仲間のめぐりんが遊歩道トラバースを狙っているので、とりあえず行ってみることに。忍者岩に寄ってみたら予想以上にびっちょり。染み出しというレベルではない。

IMG_5575s.jpg

残念ながらアンジェラの忍者返しトライは見送って遊歩道岩へ。こちらは岩が小さいからか、少し湿ってはいるものの濡れているのはリップぐらい。充分登れそうだった。僕はあまり登る気がなかったので、ガンバ係をしながら寝っ転がって読書。

IMG_5576s.jpg

前回核心まではスムーズで安定していためぐりんは1トライ目でいきなり核心超え!しかしその後で惜しくもスリップ。これは登れそうだと思ったので、何かアドバイスはできないものかと慌ててアップ開始。しかし皆登れる岩を求めて彷徨っており、ここは数少ない登れる岩だったためにすぐに混み始めてしまった。

僕は完全に観戦モードで読書。めぐりんは核心の後のムーブを探っており、ようやく固まったものの繋がらず。完登を見届けたかったけど、昼過ぎに撤収してジムに行くことに。


せっかくなので、9月に雨敗退した時に面白かったマーブーに行くことに。雨で登れないだろうとほぼほぼ予想できていたのにわざわざ御岳まで出て来たのは、正直言ってマーブーで登りたかったからです!ということで昭島のショッピングモールで食事をしてからいざマーブー。

アップの5級でもムーブが面白く、相変わらず新鮮で楽しい!4級でもムーブが分からず登れないのもあったけど…。ちょっとグレードは前回より辛めになったかも?3級でもいっぱいいっぱい、2級をなんとか1本登れたのみ。

課題も楽しかったけど、一番の収穫は念願の「東京粉末」のチョークを買えたこと。通販で相変わらず売り切れているし、店頭にもなかったので諦めていたけど、工房でチョーク詰めの作業を行っていたので、聞いてみたら売ってくれるとのことだったので、3種類を大人買い!

IMG_5581s.jpg

チョークボール派なので、チャンキーではない粉末タイプの方が詰め替えやすいし、かなり粒子が細かくてマッドロックに近い感じ。しかし値段はこちらの方が圧倒的に安い。香り付きの効果も楽しみ。スタッフの方々にも色々よくしていただいて本当に感謝感謝。


東京で最後の外岩は残念ながらまともに登れず。でも年末年始は北山公園~豊田の7泊8日外岩旅行!登り納めで年初に敗退した課題を大掃除して、元旦から初の豊田で色々な課題を登りまくるぞ~。

気温差核心

アンジェラ、I上さん、マキちゃんと湯河原へ。今回も魚市場食堂でがっつりモーニングを!と思ったのに、市場に着いてみれば市場がお休みなので開店が遅いらしい…仕方なくすき家で「朝定安いし栄養バランス良くて最高…」と栄養補給を済ませて幕岩公園へ。

今回はアップにロープをやってみることに。皆が桃源郷のスラブをやっている間に僕は三角岩の一周8級の課題を延々と回ったり、希望岩の課題を登ったりしてアップ。

そしてI上さんと以前リードで登った「テレホンクラブ」1級をボルダーでトライしてみたり、「帰還兵」をTRで登ったり。寒波で真冬の寒さという予報だったけれど、さすが湯河原、日当たりのいい喜望峰エリアはとにかく暑く上裸になりたいぐらいだった。

IMG_5572s.jpg

IMG_5571s.jpg


ロープで遊んだ後は午後に貝殻岩へ。前回から本気で取り組み始めた「サブウェイ」にトライ。まだばらせていなかったパートのムーブを探ってばらした後は、繋げ核心なのでより良いムーブをと取捨選択。

喜望峰では暑かったのでヒートテックを脱いでしまったけど、貝殻岩に来るなり曇りがちになり、日が当たらないと風が冷たいこともあって手がかじかんでしまう寒さ…。慌ててヒートテックとダウンを着てムーブの精度を上げていくが、この日はスタートからの繋げは数回のみで、どれもヨレる前に落ちてしまった。しかしムーブは固まったので、あとは繋げトライをしながら自動化してくかなぁ。


帰りは港北PAに寄ったついでにローストビーフの店の濃厚チーズケーキを買ってみた。高いけど美味しかった。湯河原でも寒いもんは寒い。超スロースターターの僕がアップに半日を費やす真冬が来てしまったんだなぁ。

外岩完全レスト核心

日曜日に湯河原に行くことが決まっていたのでレストのつもりだったけど、コバミケが御岳に行くというので、アンジェラと冷やかしに行くことに。まぁアクティブレスト程度ならいいかぐらいの気分で。

いつものようにホリ快始発で行こうと新宿で乗り換えようとすると、電車が来ていない…どうやらそのホリ快は行楽シーズンの11月限定だったらしい。こうなったら次のホリ快以外の電車で行っても、その後に出発するホリ快で行っても時間はほとんど変わらないので、駅の喫茶店でのんびりしてから行くことに。


9時に御岳に到着すると、知り合いの面々が。御岳シーズンまっただ中という感じ。まずはミケちゃん狙いの「魅惑の丸こんにゃく」がある丸こんにゃく岩へ。僕も狙ってはいるけどアップなしでは全く話にならないし、翌日に疲れや怪我を残したくないのでやる気なし。コバちゃんも中央、右の再登を狙うもできずにふて寝。ミケちゃんも一手目が止まらず大レスト。

IMG_5566s.jpg

アンジェラがお手洗いに行きたいというので移動することに。その程度のモチベーションです。移動中に珍しく外岩に来ていたおやかた組とすれ違いつつ、忍者岩へ。


ここではアンジェラ、コバちゃんが「忍者返し」にトライ。僕はあまりの混みように、全然シューズを履く気配なしで遊歩道岩近くでお茶会をしていた女子クライマーズにお茶菓子をねだりに行ったりしながらガンバ係。二人は思ったよりいい感触になってきたのもあり、かなり本気トライに。

アンジェラはスローパーではなくピンチを使うムーブで惜しいところまでいくようになった。以前クラック取りまではいっているコバちゃんは徐々に感覚を取り戻しつつあり、ついにカチを止めてクラック取りに。惜しくも左手のガバをちゃんと持っていなかったためにクラック止めはならずだったけど、その次にカチが止まったときにはクラック取りも完璧に決めて完登!

左手首の故障や仕事でジムに行けない日々が続いており、外岩だけのクライミングだったけど、好きではないというチャートの御岳でサクっとクラシック1級を完登。グータッチでも本当に興奮してしまったほど嬉しかった。

僕は途中からシューズだけ履いてみたものの、「虫」の一手目で「きつっ」と言って戻ってくるだけで、何も登らずじまい。そういえば途中から水位が急に4、50cmぐらい下がって中州ができてしまっていた。こんなこともあるんだなあ。

IMG_5569s.jpg

せっかくなので普段は川ポチャ必死の「玄関岩トラバース」でもやればよかったんだけど、それすらやる気にならなかった。アクティブレストどころか完全レストだったなぁ…。そして夜は飲んで食べて明日への活力と脂肪を蓄えたのであった。


お腹いっぱい核心

寒波により寒さが厳しい週末、安定の暖かい岩場である湯河原幕岩へ。瑞牆・小川山に比べれば都内から近いので無茶な早起きをしなくていいし、何より海の幸が楽しめる!

なわけで、朝ご飯は小田原魚市場食堂でお刺身定食。ちょうどTVの撮影もしていたほど、話題のスポット。新鮮なお魚の、他ではなかなか味わえない単品が日替わりで豊富にあるので飽きない。皆満足したようだった。


8時過ぎに岩場に到着。便秘薬を毎週末使うようになってから効果が薄れてきて、出切らずに下腹部が苦しいままの外岩。残念ながら朝からガッツリ食べても出る気配なし。とりあえずアップに米粒岩。スラブの課題を限定してみたり、皆で米蔵2級バージョンでピョンピョン跳んでみたりしていたら結構な時間に。途中トイレにこもってみたものの、血管ブチ切れるほど踏ん張っても全く出ず…。

昼頃から貝殻岩へ。しかしあまりの混雑ぶりに、梅林ボルダーに行ってみるが、こちらも人が多い。どうせならということで貝殻岩に戻ることに。

昨年はリードで来ることが多かったので、ほとんど触らずじまいだった「Wプロジェクト」を今ならどのくらい通用するか楽しみにしていた…が、以前と大して変わらず!こんなにポッケ悪かったっけ?二本しか入らないし!スローピーなリップもフリクション悪い…。

足位置を工夫してトライしてみるも、一手目も二手目もかなり厳しい。強いクライマーさんがサクっと登っていたけど、あのポケットでリップ取りを楽にするためにフリの体勢に持って行くことすらままならない。こりゃまだまだ力不足かなあ…。

かなり前に「パイプライン」をいいところまでいっていた黒タオル先生は落とす気満々で集中トライ。得意のヒールでポッケ取りまでは安定しているものの、リップが止まらない。色々なムーブを試してついにマントルに。皆のガンバを背に受けて、気合のマントルで完登。最後のスラブパートもヨレヨレで登るくらい出し切っていた。

ジムクライマーだった黒タオル先生もついに段クライマーに。実力はあるのだから、外岩に慣れて通い始めたら当然の結果だけど、普段はクールな黒タオル先生が「ガンバで登れるんだね」と言ってくれたのは嬉しかった。

どっかぶりに強いI上さんもマントルを返した後に足を滑らせるというポカをやらかした後に、メンタルの強さを見せる完登。僕は長ものなのであまりやる気のしなかった「サブウェイ」に手を付けることにしてみた。すると意外と手が進み、ベテランクライマーさんのアドバイスもあっていいところまでいくようになった。

中間部のヒール寄せムーブが固まらず時間切れになってしまったけど、ヨレはさほど感じなかったし、ムーブが固まれば次回はいけそうな感触だった。狙いは決まったかな。


帰りは温泉でのんびりして、夕飯は何にしようかと調べてみたら魚市場でまだ営業しているお店があったので寄ってみることに。

IMG_5546s.jpg

アジフライは以前食べたことのある店にはかなわないだろうと思ったけど、ここも全然負けていなかった!しかも具だくさんのあら汁が最高!あら汁にしては食べるところが多すぎで文句を言いたいぐらい。魚市場定食で売り切れていたマグロのほほ肉フライが食べられたのもよかった。

クライミング以外は大満足の湯河原幕岩。ちょっと人の多さにはゲンナリするけど、暖かかったしみかんやキウイも安く買えたし、エンクラには最高!


そして翌日はアンジェラが「デッドエンド」を完登したら行こうと決めていたサラダバーレストランへ。

IMG_5558s.jpg

ビュッフェで全種類をのんびり4時間かけてお腹いっぱいで動けなくなるほど食べた…。が、それでもお通じはなかったのであった…。下腹部は妊婦かってぐらいにポッコリしている。はぁ…。

三度目の正直核心

デッドエンド完登を狙うアンジェラに付き合うこと3週目。土曜日に行くつもりだったが、直前に雨予報となってしまったため、朝に順延を決定。予報通りに御岳は早くから雨となったので、行かなくて正解だった。

日曜日、前日思ったよりも雨が降り、気温が低いこともあって都内から青梅に着いてもまだ路面は乾いていなかった。デッドエンドに向かう林道もぬかるんでいた。アンジェラの体調は万全なのに、まさか今日はコンディションに足を掬われるのか?と一抹の不安がよぎった。

IMG_5531s.jpg

すでに何人かがトライしていたデッドエンドに着いてみると、嘘のように乾いていた!さすが雨に強いデッドエンド。アンジェラは早速トライを開始。僕も今日こそはサポートの役割を果たすために、いそいそとアップ。アンジェラは数トライで早くもポケット止めに成功したが、ポケットの中が少し濡れているらしい。

念入りにブラッシングをし、再登をした方がリップが濡れていると言っていたので、リップの掃除とティッシュで水分を拭き取ってきた。完璧なコンディションではないものの、今日のアンジェラの調子なら必ず行けると思った。そしてついにリップ取りへ。



前回の反省を見事に生かし、踏み替えからスタティックにリップのガバ取り。僕が登ってみせるまでもなく、わずか5,6トライでの早期決着だった。その後はデッドエンドの次に登りやすいと思われる「デッドエンド横断」を勧めてみるが、すでに満足してあまりやる気にならないとのことで移動。

「魅惑の丸こんにゃく」を触らせてもらうが、僕はまだ暖まっていないのと、状態が良くないのもあって全く練習にならないので鵜の瀬岩に移動。見納めの紅葉で賑わう御岳小橋周辺では枯葉が風に舞っていた。

IMG_5533s.jpg


鵜の瀬岩は日当たりがいいので全く問題のないコンディションだった。アンジェラが触ってみたいという「立ち鵜」1級のラインはちょうど空いていたのでトライ。この課題はスタートからガバカチへの一手ものだが、足上げによるデッドとランジのどちらでも登れて、それぞれ左右どちらの手でも取れるので、まだやったことのない右手出しでデッド、ランジ両方で再登してみた。

アンジェラは一手ものが苦手なので、なかなかその一手が止まらず苦戦していたが、トライ開始から30分ちょっと…。



デッドエンドでの勢いそのままの完登だった。登りやすい1級とはいえ、こんなにもあっさり登ってしまうとは予想外だった。気持ちよくお昼ご飯へ。鵜の瀬からほど近いそば屋さんで食べてみた。

IMG_5535s.jpg

テラスは景色もいいし、鴨南蛮と味噌田楽で暖まった。午後は忍者岩へ。デッドエンドを登ったら次は「忍者返し」しかない。


相変わらずの混雑をみせる忍者岩。何も狙いのない僕は何をやろうかフラフラしながら、割り込むのも申し訳ない気持ちで何も登らず…。アンジェラは何回かトライしたものの、相変わらずスローパーが止まらず。僕も苦手のこの課題、果たして登らせることができるのだろうか…。

アンジェラとしては全く手が進まない「忍者返し」よりも遊歩道トラバースをやりたいとのことで、最後に空いた遊歩道へ移動して少しトライしたところ、こちらは気に入ったようだった。薄暗いなか、ヘッデンを点けて撤収。

IMG_5536s.jpg

このトンネルの中ではフィルタをかけずとも全てがセピア調のモノトーンになる。アンジェラのクライミング歴において最も苦戦した課題を登れた今日という日のことは、きっといつまでも色褪せない思い出となることだろう。


帰りに食べ飲み放題の焼肉を食べて、酔った僕はお菓子のまちおかで4000円近くもお菓子を買い込んで帰宅…。そして恒例のアイシング。

IMG_5539s.jpg

僕は午後は結局遊歩道岩での数トライしかしなかった。「魅惑の丸こんにゃく」、「エゴイスト」、「鵜」…。どれもまだまだ歯が立たないけど、次からはアンジェラに負けないように頑張らなくては。
Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ初段
百里眼1級
泉の家初段
花畑初段
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル初段
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術初段
狆穴子初段
竜王1級
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音初段
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
背骨岩カンテ右1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。