FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀の歩み核心

2日間天気が悪く、都内では豪雨だったこともあって外岩は諦めていたけど、朝5時前に目が覚めてしまい、ふと御岳のテレメータ雨量を見ると、数日降っていない模様。このデータは信用できるので、急遽御岳に行ってみることにした。

立川の売店で朝ご飯を買って食べて、御岳のセブンでコーヒーを飲んでアップ開始。最近コーヒーを飲むと体が暖まるのとカフェインの効果もあってアップが早いと分かってきた。二日の完全レスト明けだったけど、いきなりすべり台トラバースのカチも持てる。調子に乗って朝露で濡れたアプローチシューズで登ろうとしたらスタンスが滑って転んで肘を強打してしまったけど…。

ついでに前回より水量が減って「水際カンテ」が撃てそうだったので触ってみた。離陸はなんとかできるものの、一手目を出すには至らない…。下地の高さによって難易度が変わると言われ、どうにもすっきりしない課題だけど、そのうち登りたいなぁ。

忍者岩の前にマミ岩に立ち寄ってアップの続き。4級、3級と登って、動画を撮っていなかったSD2級にトライ。低いスタートから無理のないムーブを目指して登る。



そして忍者岩へ。後から素登りトライのクライマーさんが来たけど、僕が狙っている「亀返し」とはラインが全くかぶらないので気兼ねなく触れた。後半部を再確認して苦手の序盤を練習。相変わらず一手目を取った後の足上げに苦労する。三手目のガチャガチャカチのフリクションもイマイチ。

ムーブを変えようかと思い始めてしまったけど、三手目さえ止まれば後は問題なしと踏んでいたので、確率は低いもののムーブを変えずにトライ。そしてやっと三手目をいい形で止めて、初めて4手目が出せた。



途中で手順を間違えそうになったり、カンテのカチ取りで思わず声が出てしまったけど、なんとか完登。一番上までトップアウトしたけど、ボルダーで息が切れたのは初めて…。ヨレ核心課題だと思っていたけど、持久力さほど問題なかった。普段ボルダーの長ものをやってるお陰かな。iPhoneを買い換えてカメラ用iPhoneが2台になったので、別アングルも。



昔は全くできなかった一手目が取れるようになっていたので、昨年5月くらいから本格的に着手してみたものの、右手首や右肩を痛めてトライできないことが多く、たまにトライしてはムーブを忘れたりの繰り返しで、まさに亀の歩みだったけど一段落して一安心。

ヒールが苦手だった頃はヒールが一番好みの紐ミウラーでないとできる気がしなかったけど、今はどの靴でもできるようになっていたので、スタートのスタンスで少しでも滑らないようにTeam VXiを採用。今思うとガッツリかかる面ヒールなのに、本当に下手だったんだなぁ。

少しクライマー返しのナックルジャムを練習したり、忍クラを探ってみる。忍クラを途中撃ちするため、苦手の忍者ではなく変形忍者で登っていたけど、変形忍者の一手目はもう完全にスタで取れるようになっていた。スタートの左手ガバは欠けたようだけど、特に影響なし。どちらも難しそうだし、人がぞろぞろ増えてきたので移動。


たもと岩で「私の家」にトライ。まずはミケちゃんに教わったスラブパートのスタンスを試すのと、レストの仕方を考えるために「私の見栄」を登る。ヨレてるとレスト部分でもちゃんと休めるのか不安…。ともあれヨレ落ち以前に、スタートから合流部まで行けるようにはなりたい。

ムーブを微調整して繋げトライ。しかしカチが滑る…。チョークがあっという間になくなる。午後のたもと岩は日陰だけど風がなく、とにかくカチがぬめる。何度もスリップ落ちして指皮だけを持って行かれる。亀では右手の指皮を消費したけど、こちらは左手。両手ともヒリヒリしてきてしまった…。

かなり天気が良く気温が高いのと、元台風の低気圧のせいで朝から湿度が高くて状態はあまり良くなかった。亀が登れたのはラッキーだったけど、この二段は実力不足でラッキーじゃ登れそうにない。仮に後半まで行けたとして、一人だとマットが足りず、スラブパートはノーマットになるけど、それなりに高さもあって石もごろごろしてるので、ノーマットの不安はかなりヨレに繋がるだろう。


ということで早々に諦めて最後に丸こんを触ることに。しかし当然こちらも状態は良くなかった。今日は中央1級を再登しようと思ったけど、それすらできず…スタートのカチがとにかく持てない。魅惑も触ってみたけど、離陸も前回より厳しくなっていた。こりゃ無駄撃ちになりそうだと思ったので、指皮温存してジムトレしようと早めの撤収。帰ってジムでトレーニングして終了。ご褒美はコンビニスウィーツ。

IMG_5337s.jpg


宿題が片付いて、さて次は何をやろうと黒本を眺めていたら、飽きるほど通っている御岳なのにワクワクしてきた。鵜の瀬では鵜SDや大トラバースをやってみたいし、一人では撃ちづらい砂箱岩はほとんど触っていないけど、日当たりがいいので真冬に取っておくとして、デッドエンド再登と御岳ジャンプはアンジェラと行く時に取っておけばいい。

忍者岩には「子供クライマー返し」なんて二段もあるらしい。以前「子供返し」の一手目が確実に取れるようになっていた頃に、クライマー返しの後半をやりたくて子供返しからスタートしてみたこともあったけど、そういう課題もあるのね。忍者返しは苦手だし、子供返しの一手目への寄せは厳しいので、この課題の方がやりやすそう。忍クラやクライマー返しにも繋がるし。今度触ってみるかなぁ。


10月中旬から今までのように夜勤ではなくなり、普通の土日休みになってしまうので、ジムトレの量も減るだろうし空いている平日外岩も難しくなってしまうけど、皆と外岩に行ける機会が増えるのは楽しみ。あとは混んでいる岩での順番待ち核心を乗り越えるためのズカズカと岩に取り付くメンタルを鍛えなければ…。
スポンサーサイト

花畑開花宣言核心

天気予報が好転し、文句なしの状態で大人数の外岩。このところ瑞牆に向かっては状態が悪く小川山に転戦していたりしたし、土曜日なので小川山は混雑しそう、それに何より「カーボンブラック」を連呼するコバちゃんのために瑞牆へ。

メンバーはいつものコバミケに加えて、フォンテーヌブロー帰りのスタッフひであき君(と言っても海外留学のついでにノーマットで遊びに行った程度らしい)、ジム仲間のO田さん、I上さんの6人2台で談合坂にて合流し、すた丼を喰らって行く。


幸い渋滞にも捕まらず、8:30に瑞牆到着。日が当たるともはやぬめって登れないくらいまだまだ暑い御岳と違い、こちらは寒く、しっかり長袖を着てきている皆に「半袖で大丈夫ですか!?」と心配されてしまった。もうこっちはこんなに涼しいんだなぁ。

まずはアップに皇帝岩。7級のポッケ限定を登って、アップのお約束であるカンテの4級を皆でセッション。ここで花崗岩が苦手なカチ系チャートクライマーひであき君が苦戦。就職活動ですっかりブランクができてしまい、全盛期の力を取り戻していないこともあり、スタートからドはまり。そして皆に「ブロー帰り~↓」と罵られる始末。もはやイジメである。

恒例のSD6級敗退の後、ハイボルの三種の神器シリーズをセッション。アップの早いミケちゃんは数トライで「玉」2級を完登。しかし皆はスタートのポッケの悪さに一手目もロクに取れず敗退。そして「皇帝」二段の後半部にあたるマントルの5級を皆でトライ。

全体的に低いグレードが辛めのこの岩の例に漏れず、この課題もなかなかくせ者のマントル課題。マントル慣れしている僕とミケちゃんは登れたものの、皆は指皮をガンガン削られるのみで敗退。しかしあの厳しい一手の後にこのマントルとは…まあこの課題をやる人にはなんでもないんだろうけど。

この岩はいつもアップでしか来ないので、今回も難しい課題には触らずじまい。でもそのうち「フリークエント・フライヤーズ」「ヴォック」「皇帝」はやってみたいなぁ。そして花畑岩へ。


ここでは最近小川山で「神の瞳」を落としてめでたく段クライマーになったコバちゃん、ブロー帰り(笑)のひであき君、ホームジム150度壁の住人I上さんが「花畑」を狙う。すでに登っている僕とミケちゃんは「ラフレシア」にトライ。

一手目取りや、一手目を取ってトゥをかけてからの寄せに苦戦したりと皆課題を抱えながらのトライ。そこで一抜けしたのは遠い一手目がようやく止まったI上さん。寄せから体をうまく入れ替えながらのマントルをベテランらしく難なくこなしていた。そして次に寄せで苦戦していたブロー帰り(笑)のひであき君が特殊マントルを若さで切り抜け、残るはコバちゃんのみ。

気合の上裸になってトライし、一手目取りは確実に止まるものの、マントル体勢に入るまでに落ちること数回。皆が「とっとと終わらせろやもう昼だし」という雰囲気の中でのトライでようやくマントル体勢に。そこからまさかの足ブラでヒヤヒヤさせたものの、皆のガンバで立ち直し完登!ナイスガッツだった。

ラフレシア組はというと、核心の一手目取りはならず。しかし僕はヒールのかけ方も分かってガバに触れるくらいにはなり、暖まってからトライをすればいけそうな感触を得た。ガバを止め、左手を寄せてからの三手目取りもブラインドホールドへのランジで気が抜けないので、練習をしておく。



上のリップ取りは奥のスタンスより一手目を踏んだ方が良さそう…。可能性を感じる課題なのでまたトライしたいけど、核心はスロースターターの僕にとってはアップ直後ではなく、しっかり暖まった状態でこの岩に来るということ…。


午後はメインエリアへ移動し、ランチタイム。愉快な外岩仲間たちとマット。

IMG_5319s.jpg

午後イチはコバちゃんがなぜかご執心のマイナー課題「カーボンブラック」1級のある岩小屋へ。高さがあるうえに、下には大きな岩がある恐怖核心の1級スラブへカンテから合流するという誰得感の強い課題。1級スラブは高さ核心で下部は簡単そうなのに、わざわざカンテから回り込んでグレードが変わらないとは…。

恐いもの知らずの自称スラバー・コバちゃんはすでに1級のスラブは登っているが、なぜかこのマイナー課題を登りたいらしい。手始めにミケちゃんが1級スラブにトライしたところ、上部で高さにオタオタしたものの、あっさり一撃。でもあまりやる気になれない…カンテから繋げてくるカーボンなんちゃらも然り…。

ということで、発射台からエア発射してみたりして遊んでいたが、皆がカンテ部分に苦戦していたので試しに触ってみた。すると皆が超えられなかった二手目のカチ取りに成功し、数回でスラブパートに入れそうだった。誰かに登らせようとコツを教えたりしていたものの、結局誰もスラブ突入ならず。僕もスラブパートをやる気がないので移動することに。シーズン始めから高さのあるスラブ上部で足を滑らせて怪我はしたくないもんでね…。


最後に美しき日岩へ。狙いは宿題となっている「日々の暮らし」1級。すでに何度も登っているミケちゃん、ヒールが苦手でやる気の起こらないコバちゃん、ブロー帰り君、体の固さには僕と同じくらい定評があり、スタートの手に足ヒールができないI上さんは隣りの「コールドスリープ」1級にトライ。

「日々の暮らし」のムーブを思い出しながらトライしていたが、人が多かったので息抜きに皇帝岩で足を痛めてしまったO田さんがトライしていたスラブの4級に混ぜてもらう。



途中ムーブに迷いつつもなんとかオンサイト。下地も良くて足使いが問われる、スラブ練習に最適な課題。

そして本題に戻る。いつも最後に来てはムーブを思い出すのに時間が掛かり、思い出した頃には時間切れ移動、を繰り返していたので、いい加減に終わらせたいところ。途中のポッケホールドの欠けた部分は春にトライした時よりもさらに広がっており、ホールディングを工夫しなければしっかり保持できないようになっていた。この課題、どんどん難しくなっていくのではないだろうか…。

ようやくスタートから全てのムーブを思い出し繋げトライしたものの、核心のガバ取りでヨレ落ち…。そのトライを見ていたコバちゃんからのアドバイスにより手順を変えてみたところ、一気に楽になり完璧なムーブが完成!しかし序盤でのミスを連発しているうちに右手指に二カ所ひび割れができて出血、他のクライマーさんたちは撤収し、日が暮れて夕日が当たるようになり、そろそろ撤収というムードの中、「これはもう脱ぐしかないでしょ!」との無責任なギャラリーの要望により、気合の上裸トライ。



やっと登れた~。1級にこんなに苦戦するとは…と思ってハッとして、いつの間に1級は登れて当たり前なんてツヨツヨな気分になってるのよ俺?なんて思ってしまったけど、そのくらいの気持ちでいないと二段は目指せないから、心意気だけは1グレード上がったと良い方向に考えることにしよう。ともあれ尻を叩いてくれた皆に感謝!


僕のトライ中に皆もこの課題にトライし始め、良い感触を得たようだった。最後に僕も「コールドスリープ」を触ってみることに。ルーフからクロスでピンポイントなポッケを取る一手目が取れないようだったが、僕が皆とは違うヒール位置を試してみたところしっくりして、僕とミケちゃん、I上さんは一手目取りに成功。



しかし抜けも難しい。外岩らしい面白い課題だったので次回トライしてみたい。夕暮れの18時頃に撤収。

IMG_5321s.jpg

怪我から復帰したばかりのO田さんの怪我は残念だったけど、3人が花畑を飾り、僕もラフレシアに開花の可能性の芽が出てきて、楽しいワイワイ外岩の最後をきれいに締めくくることが出来た。僕の希望による境川PAでの焼き魚ともつ皿は美味しかった。そしてジェラートは種類も豊富だしボリュームもたっぷり!おばちゃんサービスいいね!


日も長く、一日中手汗が出ないくらい涼しく、岩の状態も文句なし。まだ暑い御岳と違って、こちらは良いシーズンに入ったんだなと実感。ハイシーズンは短いので、昨年のように雨でチャンスを潰されることなく登りに来られるといいな。でも数少ないチャンスでもモノにできるように自分自身の状態を整えておこう。

シーズンフライング核心

丸こん激撃ちの翌日は寝不足と疲れで、珍しくえらい疲労感のまま休日勤務。そして早寝して今日はミケちゃんと裏御岳。疲れが抜けて、春に宿題になっていた「めがね」が登れればいいなぁと思いながら行ってみたものの、ざぶとん岩への踏み跡に気付かないくらい草ぼーぼー。そして岩まで降りてみると…。

IMG_5310s.jpg

こっけこけのしっけしけ!岩全体が緑がかっている。染み出しもあり、アップ課題の「ちゃぶ台返し」すらやる気になれない。そして水量も多い。沢の上流の巨大ハング岩の染み出しが止まらず、沢が滝になっている。

IMG_5311s.jpg


日も当たりにくいし、そりゃ苔も生き生きとしてしまいますわ。一応護岸岩を見て、こちらは湿っている程度で登れなくはなかったけど、池ポチャ防止のためにかかっていた木材もなくなっているし、アップ課題もないので御岳に移動することに。裏は10月以降かなぁ。


同じくアップのしづらいロッキーボルダーはスルーし、忍者岩へ。マミ岩や玄関岩でアップして、亀の後半でアップ。今日はそこそこ人も多く賑やか。中でも初忍者岩のお兄さんが気合のトライ連発で、皆がガンバガンバと応援していた。あとはガバ取りだけだったのに惜しくも完登ならずだったのが残念。こういう雰囲気はいいなぁ。

亀は前回苦手の一手目を取った後の足上げのやり方が分かったものの、今日はやたらと左足が抜けてしまいほとんど足上げならず。やっと体が暖まってきた午後には日が当たり暑くなってしまい、ぬめるようになって全く進まないので、僕ら同様裏御岳を苔敗退してきたCoffeeさんと移動することに。


僕の希望でたもと岩へ。「私の家」の繋げトライにチャレンジ。すでに登っているミケちゃんはSDスタートのばらし。ミケちゃんのホールディングやムーブを参考にするも、結局前回作ったムーブを採用してトライ。しかし前回は持てたガチャガチャの中継カチが今日はぬめって持てず…。

「私の見栄」の数手前からの繋げにチャレンジするも、スラブでミケちゃんのスタンスを試そうとしたら壁からはがされてしまいフォール。うーん、さすが二段、そう簡単には繋がらない…。


結局今日は丸こんには行かず撤収。まだシーズンインしていなかった裏御岳からの移動で疲れたのか、疲れが抜けきっていなかったのか、今日はどうにもイマイチな感じだった。まぁこういう時もあるさ。状態の悪い時は蒔いた種に手汗の水やりをして課題を育てて収穫の時を待つさ。

二段の入口核心

三連休のまっただ中だというのに都合がつかず、ソロで御岳。ようやく涼しくなり、天気の良い日も続いたので今日はガチクラができそうだ。始発で出発して、いつもアップするソフト岩周辺は釣り人が多かったのでとっとと忍者岩へ。

IMG_5306s.jpg

かなり増水気味で、よくアップで登る玄関岩SD4級のスタートがギリギリ離陸可能なぐらい浸水している。アップとストレッチをしているうちに、壇マキ君が登場。同じ「亀返し」狙いなので心強い。そして元ホームジム仲間で久々に会うオカピーも。

亀返し後半部を確認しつつアップし、「素登り」をやりに来たのにPusherの薄いマットしか持ってきていないオカピーにマットを貸してスポットしたりする。一度ヒールがすっぽ抜けてスポットしていたのと反対側に落ちて岩盤に着地させてしまったが、怪我はなかったようで一安心。ポッケを取って悪いのを確認し、少ないマットでのトライは諦めがついたようだ。

すでに亀返しのムーブができあがっており、繋げるだけだったマキ君は何度目かのトライで危なげのない完登。後半もヨレを感じさせない安定感だった。強いな~。

僕はといえば、前回同様二手目に試行錯誤。無駄な力を使いたくないから、一手目を取った状態から色々な足位置やムーブを試していたけど、これが悪かった。移動の前にせっかくなのでスタートから始めてみたら、一手目を取った状態では狭くて上げられなかったガバスタンスをあっさり踏めた…。トラヴァースはちゃんと流れでムーブを作らないといかんね…。やっとムーブは固まったけど、忍者岩が混み始めてきたのでマキ君と移動。


そしてたもと岩へ。最近ミケちゃんが登った「私の家」二段にトライ。

IMG_5308s.jpg

この課題、後半部分だけの「私の見栄」1級はすでに登っているけど、前半のルーフ部分はほとんど真面目に触ったことがない。ジムでも強いマキ君の力を借りてばらしにかかる。すると、マキ君はあっさりばらしを完了。僕もそのムーブを丸パクしてばらせた。思ったよりもルーフ部分は悪くない。

しかしヨレた状態でこなす後半の一手目はかなりキツイ。しかもこの縦カチが鋭くて痛い!僕は後半は登っているけど、復習を兼ねてトライしていたら人差し指が少し切れてしまった…しかもルーフ部分もかなりガチャガチャしたカチが多く、指皮がヒリヒリに。一応「私の見栄」を再登して終了。用事で早く帰るというマキ君とはここでお別れ。


最後に一人で丸こんにゃく岩へ。「魅惑の丸こんにゃく」二段の感触を確かめるためだ。まずは両手カチスタートで左1級を登ってみる。一般的なSDの三手目からとなる右手スローパー、左サイドガバカチに比べると少し楽かも知れないけど、どうせならペチペチ叩いた方が個人的には面白い。

そしてこの課題のスタートにして核心の一手目。左足の位置を色々試して、結局正対挟み込みでスタート。前よりは体が上がるようになったけど、かなり気合を入れてもスローパーを叩くのがやっと。足が切れちゃうのはまだまだ手が持てていない証拠だなあ。

IMG_4050s.jpg

二手目をまだ試していなかったので、一手目が止まったていで練習。足も悪いしパワフル!前日にちょうどジムでこれと同じようなムーブの課題をやったけど、やっぱりジムのホールドと違ってガバカチとはいえ悪い。この後にガチャガチャした部分を叩くパワフルなデッドかあ。数手ものの二段はキツイなあ。

三手目以降のムーブを色々と探って、悪くなかったのが右手で奥のガチャガチャを取りにいくムーブ。とりあえずこれで左を再登。



一手一手は楽だけど、手数が増えるのであまり良くないかなあ。さすが二段、まだまだばらせてもいないし、登れる気は全然しないけど、少し可能性が見えてきた。何よりやっぱり撃っていて面白い。2mちょっとの小さな岩なのに、一手一手にフルパワーを要求される、これぞボルダーという課題。

最初は早めに切り上げてジムトレするつもりだったけど、あまりに丸こんが面白くて時間を忘れて激撃ちし、右手の中指は指紋がなくなってチョークが乗らなくなったくらい。対岸ではイタリア人のおじさんたちが水遊びではしゃいでて楽しかった。お陰で堂々と上裸でいられたし。10時間以上も登れて大満足。


そうそうフィジカルは向上しないけど、まだ気温が高く、フリクションが悪かったとしたら今シーズンにもチャンスが来るかも知れない。御岳の本格的なシーズンインと共に、やっぱりこれは心から登りたい課題だと再確認。「亀返し」や「私の家」はとっとと片付けてしまおう…なんて、何も登れていないのにすっかり気だけは大きくなって、いつものようにアイスを食べて帰途についたのだった。

人生の転機と天気核心

外岩を予定していたものの、前日になってまたウェザーニューズが超悲観的な予報に変わったものだから、結局中止に…。上り調子で、瑞牆なら初段2,3本まとめて落としちゃうぞ~(妄想)ぐらいの勢いだったので非常にがっかり。なんかまた昨年みたいなパターンだな…。

てなわけで結局ジムへ。こないだまではどっかぶりを敢えて封印して薄かぶりでカチトレしていたものの、さほどカチに強くなったわけでもなし、逆にフィジカル的に弱くなってしまった気がする…。

なので最近はアップの後は135度、150度、ルーフだけで過ごすことに。ホームジムでは壁ごとに大体同じ面子が集まっているので、居場所が変わるとちょっと新鮮。久々の強傾斜でファイル課題を中心に撃ち込む日々。


ところで去る9/10に区役所へ婚姻届なるものを提出してきたわけですよ。せっかくアンジェラが平日に半休取って来たのに、諸々の証明書取得の手続きに延々待たされ、喫茶店で一服していたらえらい豪雨になって雨宿りを余儀なくされる始末。

こういう時には便利だろうと、普段使わないFacebookで結婚報告をしたので、ジムでは会った方々にお祝いの言葉をいただきました。感謝感謝。そして翌日は某スタッフさんも「私も負けてられないと思って!」と、入籍を済ませてきたとのこと。おめでたい!お二人で「虫」に撃ち込んでいた日々を見ていただけに感慨もひとしお。

そしてなんと僕らのためにアニバーサリー課題を作ってくれたとのこと。クライマーならではのプレゼント、ありがたくいただきます!7級~3級の4本、4級にどハマリしたもののなんとか全完。アンジェラも3級を落とせてご満悦。

当初の予定では瑞牆で宿題をサクサク落としてこの報告を含める腹積もりだったけど、ネタができて良かった。1級のファイル課題でできそうな課題があったので、ホームでの初1級を記念に、と思ったけどこちらは一カ所ばらせず…。

その代わり、もういつ止まってもおかしくないと思っていたキャンパでのカチラング1-5がやっと止まった。何年がかりだったんだろ。次は体の連動トレーニングとして、ノンストップでラダー登るのを練習しよう。店長いわく、コツは「慣れ」だそうで…。


ジムでの筋トレ大会のときにその店長に「これクライミングの役に立つんですか?」と聞いてみたところ、「いや、関係ないです。むしろ調子悪くなります!でも見た目ゴツくなるし、オフシーズンだからいいんですよ!」とのこと。色んな意味で流石すぎる!

もちろん強くなるにはフィジカルは必須で、そのためのトレーニングは必要だけど、フィジカルが先行しすぎるとムーブが疎かになる。ムーブは数値では計れないし説明もしづらいので自覚がしにくい。なので登れない課題があると力不足だと思って力で解決しようとしてしまうという悪循環。

逆に力やリーチはないのに登れる人は全然フィジカルを強化しようとしない。筋トレをしている姿が想像できない。だからそういうタイプでフィジカルを強化しようとしている人は目に見えて強くなっていると思う。

自分は筋トレである程度筋力はある状態で始めたので、懸垂・キャンパが強さのバロメータで、「つまるところクライミングは保持力と引付けだ!」という有名な広告の宣伝文句を信じていた頃もあったけど、自分より登れるのに力はない人たちの強さが単に体重が軽くてパワーウエイトレシオが勝っているだけではなく、ムーブが上手いのだということに気付いてからは運動音痴なりに体の連動、使い方の工夫を意識してトレーニングしている(指力だけは鍛える必要があるので、それは続けつつ)。

強い人のムーブを注意して見ていると、もちろんフィジカルあってこそのムーブもあるけど、足置きや体の使い方など勉強になる。そしてクライミングの奥深さに気付かされる日々…。


やっと外岩シーズンに入るというのに、なかなか天気や都合に恵まれず外岩に行けていないけど、夏のトレーニングの成果を出すとともに新たな具体的目標を見つけて、一皮むけるためのトレーニングに励もう。でも、怪我や故障をしないことが最優先というのはずっと変わりません!安全第一!家庭持ちのオッサンになっちゃたしね!
Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ初段
百里眼1級
泉の家初段
花畑初段
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル初段
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術初段
狆穴子初段
竜王1級
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音初段
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
背骨岩カンテ右1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。