FC2ブログ

岩の縁核心

48さんと9ヶ月振りの笠間へ。残念ながら小川山、瑞牆は次シーズンを待つことになりそうだけど、それまでの花崗岩は笠間がある。グレードは厳しい岩場だけど、笠間のオフの間にどれだけ花崗岩に慣れてきたかが試される。


まずはいつものように珊瑚岩へ。ここはガバガバのリップトラヴァース「樹海」初段があるので、アップには良いのだ。ムーブをばらしてアップし、とりあえずカメラをまわして繋げトライ。



すでにこの課題を登っている48さんの「前半はスピーディーに」というアドバイスのお陰で、思ったよりサックリ登れた。最後のマントルは一応一番奥まで下がってからヒールかけてマントルしておいた。

暖まったところで、恒例の「うるま」初段トライ。



前回まではカチに触る前に足が着いてしまっていたが、今回は少し引き付けが強くなったのか、本気で取りにいっているように見えるぐらいまでにはなったかな…。ちなみにキョンが決まるという話だったけど、全くできず。左手のアンダーが強くないと無理だろうなこれ。


移動して、毎回弾かれ続けている「ワシントン倶楽部」2級にトライ。今日は状態が良さそうだがいかに。



1トライで登れてしまった…。びっくりするくらいにリップが持てた。フリクションのお陰だろうなぁ…。いくらでも再登できそうだったので、新課題を設定。



リップトラヴァースしてみたけど、全くグレードは変わらず…。「ボストン倶楽部」初段には完敗。


そして今回の目標である「石器人スラブ」初段へ。小川山でのスラブ特訓の成果を出すことができるか。



…全く進歩していない。しかもこの後、乳首を持ったままスリップ落ちした際に猫パンだけでなく、左手人差し指を爪ごと持って行かれそうになり、危うく剥がされそうになって少し爪が欠けて深爪状態に…。じわりと滲む血。指先で保持する課題ができなくなってしまった…。


そんなわけで、前回マントルを返せなかった「ハートビートカンテ」2級にトライ。この課題ならカンテだけなので、指にテーピングを巻いた状態でもなんとかなる。前回は比較的あっさりリップまでいけたと思ったが、意外と苦戦。レイバック技術は全く磨いてこなかったのだから仕方がない。カンテで足はスメア、ちょっと恐い下地でまさに心臓バクバク。



ホント恐かった…。さすがに下地の岩から転がり落ちることはないと思うけどねぇ…。


次も指先に優しい(指皮には厳しい)フリクションクライミング。笠間に来たらこれを登っておけという課題、「ラブタッチ」3級。2回目の笠間で登っているはずなのに、二人して再登に苦戦。こんなムーブだったっけ?と首をひねりながらもなんとか再登。



こりゃジムダラーが弾かれるわけだわ…。奥が深い。「ラブカンテ」2級は以前は全く登れる気がしなかったが、少しトライしてみたら、可能性が少し見えてきたので、次回は狙ってみたい。


最後に大黒岩で「サムライ返し」の意味不明さを再確認して撤収。いつも「うるま」に始まり「サムライ返し」に終わるから、毎回打ちのめされて帰ることになっている気が…。

同じ花崗岩でも、小川山や瑞牆とは違ったフリクションクライミングが楽しめる笠間。まだまだレイバックやスメアリングをはじめ、ジムでは練習できない技術が未熟だと思い知らされつつも、ホールドが乏しい岩のリップにカンテと、岩の弱点を突いて登る独特の面白さを堪能した。
スポンサーサイト

○級らしく核心

ソロで御岳。さすがにもう始発では寒すぎる。午前中は丸こんを触るつもりだったが、アップのためにデッドエンド岩へ。7級のガバにぶらさがったりしてアップするも、なかなか暖まらず、ようやくシューズを履いたのは先に登り始めてサックリ「亀返し」を落としてきた48さんが到着した頃。

アップの仕上げに、まだ登っていなかったカンテ3級にトライ。スタートの後は池ポチャだけど、ライン的にはそちらには落ちなさそうだったので。



ホールドをめっちゃ探してしまった…。さてお次はかなり前に登ってはいたものの、たまに再登しようとしてもなぜかできない4級。登った時はかなり上のホールドをサイドプルで持って右向きにレイバックして足を張ってスタティックに左手でガバをガストンで取るというムーブだったが、足がツルツルしてとにかく恐いししんどい。

ガバの真下から正対でハイステップして遠いデッドをかますムーブもできなくはなさそうだったが、全然4級じゃない。どうやったら4級っぽく登れるのか。誰も4級らしく登っているのを見たことがないし、動画もない。あらゆるホールドを探って、ようやく完成したムーブがこれ。



4級っぽいんじゃないでしょーか!足もしっかり乗れるホールドだし、後の岩に落ちることもない。リーチのない人でも無理なくスタートできる。この岩で数少ないアップにいい課題かも。

その後は48さんのテッシートライ、オーハタさんの横断トライ(ほぼ登れていただけに惜しかった…)を見守り、デッドエンド再登はまた持ち越しにして動画を撮っていなかった5級にトライ。



せっかく敷いていただいたマットを足蹴にして後出しノーマットて。


正午に丸こんにゃく岩へ移動。前回「魅惑の丸こんにゃく」の離陸はできていたので、今回はばらしへの第一歩として、2手目を取った状態からのスタートで左1級を登ってみた。日当たりが良すぎて暑く、手汗がひどいのでヒートテックを脱ぐついでに上裸でトライしたら登ってしまった…。



その後は、ひたすら離陸練習。しかし当然一手目が止まることはなかった…。

IMG_3519b.jpg

だってこの一手が止まったらこの課題の半分くらいは終わりだもの…。二段は厳しいで…。

体力温存のために離陸練習は終わりにして、まだ登っていない中央1級にトライ。いまだ水量は多く、変な落ち方をしたら川にドボンだけど、まあいけるっしょと軽い気持ちでトライ。



笠間の「ハングマン」2級以来のマントルグレード更新。昨年何度も弾かれていただけに嬉しかった。ポイントは足の置き場所だった。


さあ、この勢いに乗ってマントル課題「マルガリ」初段へ。アプローチは砂箱からよりも、遊歩道から降りてきた方がいい、というか砂箱からは草ボーボーすぎて無理。

以前は離陸もできなかったが、今触ってみてもスタート悪っ!なんとか左手でカチが持てたので、右手はスローパーを持ってスタート。足も悪い。その足に立ち込んでからのポッケへのデッドがきつい。

IMG_3520b.jpg

止まりそうで止まらない…。マントル課題としては悪いホールドではないので、マントルに入れれば五分五分ぐらいな気もするけど、この日は結局止まらずじまい。こんにゃくを叩きすぎてヨレヨレ、指皮もヒリヒリだったからだと思いたい。


せめてゴミ拾いをして来た意味を持たせて納得し、「私の家」のルーフ部分を触るが、ホールドに触ると結露してしまいツルツルで危険なので断念。

最後はとけたソフトクリーム岩裏面のSD3級を岩の上からではなく、さらに右下からスタートしてやろうとムーブを作るも、日が暮れて時間切れ。最終的にはキックマントルのガバから豚の鼻に抜ける「とけたソフトクリーム岩裏トラヴァース」が作れたらいいなと思いながら撤収。


これだけ通っている御岳でも、まだまだ登り方を工夫したり、別ムーブを作ったり、楽しみ方は色々ある。やっぱり外岩は面白い!と、弱いなりの楽しみ方を見いだしつつ、これからのシーズンに胸をときめかせて帰途に就いた。

夜勤明けでもとん勝つ核心

今週末は休みがないので、夜勤明けに皆が行っている御岳へ。駅に着くなり家で着替えて荷物を持って駅に戻る。その間まさに10分足らず。車内で寝ていくつもりだったが、結局寝られず御岳到着。


まずは皆のいるデッドエンド岩へ。デッドエンドをトライするアンジェラ、きのぴーさん、たえちゃんと合流。僕は7級や自作アップ用トラヴァース課題でアップし、デッドエンドの再登をしようと思ったが、今日は激混み…。30人近くいるんじゃなかろうか。

とりあえずデッドエンドを触ってポッケ取りまではあっさり行ったので、調子は悪くないと思ったものの、順番待ちが激しすぎて、再登でお邪魔するのも申し訳なく思い自粛。イギトラ面のまだ登っていない3級や再登していない4級をやろうかと思ったが、3級は後が池ポチャしそうだし、イギトラも大人気でこちらも自粛。


結局ほとんど登らないまま、皆もヨレてきたし移動することに。途中で対岸の千尋岩を触ってみるが、スタートが悪いし核心で落ちたら一段下に落ちるので、敬遠してA/B岩へ。昨年末にアップで敗退したSD5級を、なぜ登れなかったんだというぐらいにあっさり登った後、皆に超お買い得課題SD2級を登らせて、デッドエンドで受けた心の傷を癒そうという親心を披露。お手本で登った後、アンジェラとたえちゃんがトライ。

アンジェラはあっさり完登…。この人にとっては余計な気遣いでした。リハビリ中のたえちゃんはガバを取ってからのマントルに苦戦。「丸こんにゃく左」1級を落としてきたきのぴーさんも参加して、あっさりオンサイト。たえちゃんにアドバイスを贈る。

湿った岩に苦戦しつつも、気迫のマシンガントライでアドバイス通りマントルで岩に体を近づけて足を乗せ、前に重心をかけてぐいぐい体を引き上げ…完登!今日一番の見事な頑張りだった。

IMG_4117b.jpg

僕はと言えば、何でもトポにないトラヴァースの初段があると知って、トライしてみることに。あっさりムーブはばらせたので、繋げトライ。



2、3回目でできた。SD2級に負けないバーゲンっぷりな気もするけど、楽しませていただいた。最後にちょこっと丸こんにゃくを触る。あっという間に日が暮れてほとんどトライはできなかったものの、以前は全く尻が浮かなかった「魅惑の丸こんにゃく」二段の離陸に成功!一手目のスローパーを叩くことまでできた。瑞牆の「竜王」でちょっとこういう離陸核心課題のコツが分かったからかも知れない。ムーブですなぁ。


皆それぞれ成果を得て、非常に気持ち良く帰途に就くことができた。帰りにきのぴーさんが帰りに必ず寄るというコンビニ向かいのとんかつ屋で祝勝会。

IMG_4119b.jpg

にんにくとんかつ定食で超スタミナ回復!…からの

IMG_4120b.jpg

ハーゲンダッツでアイシング!チーズはアンジェラの車内のおつまみ。そして地元に帰ってから残念ながら神楽坂のカフェが閉まっていたので、コレを買って帰る。

IMG_4121b.jpg

ケーキケーキ!チーズはアンジェラの夜のおつまみ。


すっかり日が暮れるのが早くなったのと、小川山のシーズンが終わって御岳に集中するようになったからか、あまりの混みように、ほとんど登れずじまいではあったけれど、半日ながら楽しいエンクラを満喫できた。何より御岳で一番登りたい課題、「魅惑の丸こんにゃく」に可能性が見えてきたのが嬉しい。小川山・瑞牆はほとんど成果を残せないままシーズンが終わってしまったけれど、その分他の岩場で頑張ろう。

裏の楽しみ方核心

ソロで御岳…と思ったら、御岳到着前にCoffeeさんから裏御岳にお誘いを受けたので、ご一緒することに。御岳でいつもの儀式、C岩トラヴァースとすべり台トラヴァースを済ませて合流。

最近はあちこちの岩場で挟まれる岩を求めているCoffeeさん、人が登らないような岩を探してそのままトライするという素登りな精神をお持ちで、御岳小橋で合流するなり、ここを渡った林の中にもボルダーがありますよと案内されて行ってみると、なかなか立派なかぶったボルダーが。

IMG_4102b.jpg

真ん中左のラインは4級ぐらいになりそう。以前テープのゴミが落ちていたそうで、トライしている人もいるようだ。まさに灯台もと暗しですな。この近くにも完全なルーフながら、ガバが通っているラインのある岩があったりして、御岳らしからぬ課題ができそう。


車に乗せていただいて2度目の裏御岳へ。まずは唯一アップできる課題のあるざぶとん岩へ。「ちゃぶ台返し」4級、「一徹」4級を登って、「一徹右抜け」2級は相変わらず出来る気がしない…。なので前回できなかった「一徹」のアンダーガバ限定ランジバージョンである「男一徹」3級にトライ。



スタートで右手がスリップして危うく池ポチャしそうになったこともあったけど、リップが止まると気持ちいい。意外とマントルも悪い。

裏面の「クライマー養成ギプス」2級も相変わらずできない。多分キョン気味でやればできるんだろうけど、コツを掴むのが大変そう。「岩のり」初段、「風伝」3級のラインは水量が多くフォール即池ポチャなので敬遠して護岸岩へ移動。


いつにも増して背面の沢が深くて恐い…。Coffeeさんはまずは「ジュリエット」1級にトライ。僕はすっかりムーブを忘れて、スタートもどうなんだか忘れていたけど、Coffeeさんはさすがにさっくりと解決。カンテのガバがブロックごと欠けてしまって分かり辛くなっていたけど、そこまで行けば手も足もいいので、落ち着いて対処して完登。

僕は「ジョニージェニージャニー」初段を触ってみるが、そもそも一手目のアンダーポッケに指が太くて入らない…。立っていても2本ねじ込むのがやっとで、それでも充分に持てておらず、奥の引っかかるところを持つためには中指一本しかないので、ちょっと厳しい。

「眼鏡」初段は左手が出せるものの、遠くてホールドもツルっとしてるので止めるのは厳しそう。ドイチェさんの一手ものは悪い…。二人で少し触った後に、最後のおむすび岩へ。相変わらず高さがあり、傾斜も測ってみると105~110度くらいある。とりあえず記念「ミジララテスタ」初段を触る。



序盤から難しかった…「虹の入り江」と同じく、高さ核心までも行かね~。


午前中で一通り回ってしまったので、午後は御岳へ転戦。忍者岩へ。二人とも「亀返し」にトライしているので、一緒に触る。今日はなぜか亀返しをやる人が多い。アップし直して僕もトライするが、痛めている右手首と右肩のどっちも痛い…。後半のムーブを楽にする方法を教わったものの、繋げトライに入れず。こりゃ治るまでお蔵入りにした方がいいかなぁ…。

Coffeeさんは、一年前にトライしていたが、すっかりムーブを忘れていたようなので、思い出しながらトライして、ようやく記憶を取り戻し、繋げトライ。しかしカンテの前で惜しくもヨレ落ちが続く。

レスト中にどこかチムニーできる岩はないかと探していたCoffeeさん、意外にも亀返しのすぐ後の岩に挟まれるところを発見。周囲の人たちに「何やってんだ?」と怪訝な顔をされながら、石を落としたり、チョックストーンを掃除して落とすことに成功、プロジェクト課題にトライしていた。ちょっと触らせてもらったけど、ただでさえジャミングできないのに、ツルツルのチャートではムズい…。

惜しくもプロジェクト完成はならなかったものの、自分で課題を設定するのは面白そう。まだまだ手垢の付きまくった御岳でも開拓は残されているんだなぁ。


亀を断念し、残った時間でまだ登っていなかった周辺岩A岩にトライ。ここの3級は以前少し触ってムーブが解決しなかったので、今はどうか試してみたかったのもあり。2級はラインは明確だけどかぶりがきつくて手もイマイチ。リーチの近い二人でムーブを探って、なんとか完成。



リップがゴミだらけ…。忍者岩から近いし、同じ2級でも鵜の瀬のランジより面白いからオススメ。続いて横のスタンドスタートの3級。前はできなくて、途中のホールドが欠けたんじゃないかと言って諦めた最後のガバ取りは、今はあっさりできた。解決力が上がったのかなぁ。



リップ取りは右手だとめちゃ遠くてデッド。左に乗り込んで左手を出すのが正解なのかな?SDスタートの3級は、トポを見ると抜けがさっきの3級と同じに見えるけど、そこに行くまでが明らかに厳しい。残念ながら時間切れ終了。


特に成果はなかったものの、外岩の色々な楽しみ方を堪能できた一日だった。次は御岳最難のマントル課題「マルガリ」初段にトライしてみようと思っているけど、Coffeeさんはすでに登っているので、色々教えていただいた。どうやらテクニカルではなく、奮闘系らしいので、少しは芽があるかも。以前はスタートも切れなかった課題に少しは歯が立つようになっているだろうか。小川山や瑞牆で少し鍛えてきたマントル力を試してみたいと思う。

ソロでもお助け核心

せっかく世間のお休みなのに、誰とも都合が合わず、ソロで御岳。

ほぼ始発で出発し、前日ジムでヨレるまで12aの長ものにトライしたりしていたので、アップもとっとと済ませて空いているうちに忍者岩で亀を触る。しかしさすが世間は3連休の初日、最初からそれなりに人がいて、10時頃には普段は誰もトライしない亀やクライマー返しを触る人も出てきて、あまり撃ち込めない…。


どうせ今日は繋げるつもりはなかったので、とっとと移動して誰もいない遊歩道岩へ。日当たりもいいし、居心地が良い!この岩が「彼氏」だというほどにハマっている頭のおかしい変態の女性クライマーさんがいるが、高さもないし下地も最高、ランチタイムにもぴったりの場所で、ハマるのも分かる。トラヴァースの1級も面白い。

その変態クライマーさんの嫉妬を受けつつ、おホモ達の遊歩道岩君と会話を進めて「逆トラヴァース」初段のムーブを探る。強いクライマーさんの動画は見ていたが、同じムーブは全くできないので、新たに作り直す必要があった。

しばらくすると、核心部分を楽に越えられるムーブが完成!あとは手数を減らせるようにムーブを工夫して、いよいよ繋げトライを開始するが、昨日のヨレと暖かさもあって、核心の前で手汗が…。

ムーブは徐々に洗練されて自動化されてくるものの、とっとと片付けてやろうと充分なレストをせずにトライしては手汗で落ちての悪循環…。良く見たら、今日は曇り予報だったので涼しくなることを予想してヒートテックを着ていたのだった…。脱げばいいじゃん!ついでにTシャツも脱いで遊歩道岩君と裸のお付き合いだ!



周りをキョロキョロ見回して、人がいないことを確認してからの上裸トライだったが、まさかの足スリップ…。


そうこうしているうちに、4人組のクライマーさんたちがいらした。遊歩道岩君を横取りされるかたちで自分が嫉妬する番だったが、これがちょうどいいレストになった。長レストを挟んでのトライ。



繋がった~。レスト核心だったか…。1級にトライしていた方は、僕のように初段10本を目標としていたようだったので、逆トラは初段と聞いて色めきだっていた。是非頑張って欲しい。「でも半分くらいがトラヴァースなんですよね…」「確かに最初の頃はそうなりますよね~」と同意。


思わぬ収穫が出たので、遅めの昼食。最近の外岩のお気に入りたんぱく源はこれ。

IMG_4068b.jpg

ボリュームも味も栄養も完璧!スモークタンも美味しいけどね。


「私の家」のルーフ部分は雫が垂れていたので、ソフト岩で遊ぶことに。先日48さんが登っていたマントルLow Start(豚の鼻)」1級を触ってみることに。

核心の一手目はできそうだが、もしマントルで手を滑らせたらマットのない岩の上に落ちるので、今日はやめておこうかな…と思い始めていたところ、ちょうど忍者岩でお話した方々がいらして、一緒にトライしていただけることになったので、マット充実!安心して撃てるように。



危なっかしいマントルだったけど、なんとか登れた。一人だったら敬遠していたところだったので、本当に助かった。さらに瑞牆の「花畑」のある岩も教えていただいたり、感謝感謝である。

最後に次なる目標の「鵜」初段を3分だけ触って、激ムズだけど面白そうだと新たな目標を見つけてホリデー快速までダッシュして帰ったのだった。


ソロだとマットが足りなくて撃てなかったり、リスクが多かったりするけど、今日は人が多かった分、かなり助けられた部分が多かった。またどこかでお会いすることもあると思うけど、その時は自分が力になれたらいいな。

乾き待ち核心

いよいよトレーニングの効果と減量がピークを迎え、絶好調なところで瑞牆に…行く…はずだった………。前日に予報とは裏腹な秋の長雨になるまでは…。

今期相変わらずの天気と予定の恵まれなさに喫茶店でホットケーキを食べながら悲観に暮れていた…。当日は晴れそうだが、たまたまその日に小川山、瑞牆に行っている方々は、皆本降りに遭って昼過ぎに撤収してきていた。それだけ降られたら乾きにくい岩場では良いコンディションは望めない。ただでさえフリクションが重要な岩場だ。

こうなったらどこでもいいから登りに行こうと検討していたら…あった!乾きの速い岩場が。


そんなわけで、まだ快適なシーズンにはちょっと早いけど、湯河原幕岩ボルダーに行くことにした。早めに到着したが、まだ路面が濡れていたので、しばらく乾きを待つ。同じ目論見でリードにいらしていたクライマーさんご一行も、乾きの速さに期待して甲府幕岩から予定を変更してきたという。

IMG_4054b.jpg


予報に反してなかなか雲が絶えなかったが、たまに日が差すと暑いくらいで、あっという間に乾きが進む。そしてようやく路面も乾いた9時過ぎに、アップも兼ねて広場の桜岩へ。


まだ日陰の面は濡れていたものの、アップには問題なし。久々に2級2本、3級1本をリピートしてアップを終える。貝殻岩に行く前に、米粒岩に寄り道。ロクスノのボルダー名課題に選ばれていたスラブの名作「米粒」4級をリピート。



ついでに、トポではグレードが?段となっている「米蔵」を登っておく。



左右カンテが限定とあるけど、それだけだと左のガバカチを使って、最後はランジか動画のようにカチを中継してデッドになり、段が付くほどとは言えなくなってしまう…。でもリップが止まると気持ちがいいので、2級ぐらいなら面白い課題だと思う。


さて、いよいよメインの貝殻岩へ。まだ踏み跡も草がボウボウで、へっつき虫が鬱陶しい。桜岩ではオオスズメバチさんともニアミス…。河原エリアはすすきが伸び放題で立ち入り不可だった。この時期はアプローチが厳しい正面エリアなんかには行けないなぁ。ほぼ遊歩道から行ける貝殻岩周辺でもこれだもの。

IMG_4055b.jpg


貝殻岩は日当たり抜群だけに、すでにカラッカラ。染み出しもなく、雨が降った形跡も感じられない良コンディション。目的は今回ご一緒したガミケンさんに「貴船」初段を一撃してもらうこと。その力は充分あるはず。念入りにホールドと手順を確認して、いよいよ1st Attempt…。



一手目でフォール!ヽ(・ω・)/ズコー


プレッシャーを与えすぎたか…。プレッシャーから解放された2トライ目は、遺憾なく実力を発揮して、見事完登!充分すごい!

その後はガミケンさんは「パイプライン」初段にトライ。僕は「Wプロジェクト」二段のムーブ作りをして、2手目以降をばらすも、いまだに一手目が止まる気がせず。つか2手目以降もきつい…。こりゃまだまだフィジカル不足だなぁ。なので、苦手の長もの&ヒール課題の「サブウェイ」二段にトライ。

スタートは「パイプライン」と同じなので、楽なトゥフックのムーブでスタートしたいけど、今日はうっかりトゥフックのかかる靴を持ってきていない…。なので、繋げトライは考えずにムーブをばらしにかかる。なんとかほぼばらせたものの、非常にパワフルなムーブ続きなので、精度を上げて自動化するまでにはまだまだかかりそう。

相変わらずできそうで出来ない「バーリアル」1級を触って速攻敗退、梅林ボルダーで「ガンバレ西村君」5級を再登して「アイアンメイデン」3級にトライするも、スタートキツすぎ!両手カチではなく、左はポッケ使っていいみたいだけど、それでも結構キツい。核心も悪い。

日が暮れてきたので、最後に僕は「十郎」?段を触って相変わらず初手が出せず、ガミケンさんはラストの「パイプライン」トライも落とせず宿題になり、撤収。


初段を何本落としてやろうかと、やる気満々の瑞牆が中止となり、非常に落胆しながら転戦した湯河原幕岩。最初から成果は期待していなかったので、ガックリして帰ってくるのかなぁと思っていたけど、終わってみれば充分なコンディションで外岩を楽しめたことに自分でも意外なほど満足していた。帰りは運悪く集中工事による渋滞で倍の時間が掛かってしまったけれど、気にならないほどだった。

やっぱり外は楽しい。湯河原幕岩はエンクラにもってこいの岩場だから、楽しみながら「サブウェイ」を進めて、苦手を克服してそのうち登れるといいなぁ。
Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ初段
百里眼1級
泉の家初段
花畑初段
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル初段
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術初段
狆穴子初段
竜王1級
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音初段
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
背骨岩カンテ右1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ