FC2ブログ

待ち合わせ核心

最近、ジム仲間が外岩づいており、非常に喜ばしい。先日などはマニアックな裏御岳に行き、皆見事にジュリエット1級を落としてきたというではないか。「裏御岳は御岳と1グレード違う上級者エリア」と聞いていたので、畏れ多くて全く行く気にならなかったのに…。

週末もまだ寒そうなので、どのジムでトレーニングするか思案に暮れていたが、土曜日は天気も良く、気温もギリギリ我慢できる程度のようだったので、誰か誘ってみて行ける人がいれば外に行くことに。そこで手を挙げたのが、先日裏御岳に行き、ジュリエットを宿題としていたコバちゃん。

そんなわけで、宿題回収に付き合いましょう!ということで初めての裏御岳へ。軍畑駅で待ち合わせだったが、電車の乗り継ぎに失敗したりしてメールを送ったものの、返信が一向に来ない。もしや寝坊…?一人では岩場まで辿り着けるか不安だし、スポッターもいないので、裏御岳は回避したい。

車内で何度もメールを送るが、とうとう返信が来なかったので、このまま川井に行こうかと思ったが、携帯を忘れたという可能性も考慮して、一応軍畑で降りてみることに。

あっさりコバちゃんと合流。

今時待ち合わせ場所を決めたらメールを見ることもなく、ガラケーはマナーモードにし忘れてポケットに入れて音楽を聞いていたので、全く気付かなかったという。SEなのになんというオールドタイマー。ともあれ、予定通り裏御岳へ。駅前にちゃんと8時でも営業している商店があったのは計算外だった。買い物は地元のコンビニで済ませて来る必要はなかった。

15分ほど歩き、裏御岳エリアへ。そこからしばらく歩いて今回のお目当て護岸岩へ。

IMG_2998b.jpg

見事な135度の前傾壁。池ポチャが恐いと聞いており、確かに真後ろに深い沢が流れているが、横の面をマントルするジュリエットでは問題なし。アップの課題もないので、ジュリエットのトラヴァースムーブを考えながらアップ。

すでに撃ち込んでいたコバちゃんはムーブの再確認をしながらトライ。3級パートまで行ったので、早くも完登かと思われたが、マントルで2回フォール。3級は一撃していたらしいので、舐めていたがムーブを忘れてしまったらしい。着地で足を軽く痛めてしまったらしく、長レストの間に僕がトライ。



マントルが完全アドリブだったので酷い。でもコバちゃんがあらかじめ付けておいてくれたカチのティックマークのお陰で助かった。ちなみに御岳用に買った新シューズ、JET7のデビュー戦。足入れいいし、反則レベルのフリクションが強力。ジムで威力を発揮しそうなので、外岩用は勿体ないかなぁ?

コバちゃんもその後のトライで見事完登を果たして、早くも今回の用事は片付いた。初段のJJJや眼鏡は少し触ったけど、これはかかりそうなので今回はパス。

せっかくなので、ハイボールのおむすび岩を見学。見学だけ。

IMG_2999b.jpg

動画で見た時ほどは大きくない印象だけど、さすがにこれは迂闊に手は出せない…。ただ、下地はいいのとホールドが明確なのは救いかも。いつか「こんなので落ちるはずがない」ぐらいの自信が付いたらトライしてみたいね…。

ゲートまで戻ってざぶとん岩も少し触る。クライマー養成ギプス、一徹右を触り、一徹の4級バージョンを登った後にランジバージョンの男一徹を飛んでみる。



距離はないけど止まらない系か…。リップがガチャガチャしたホールドで、このトライでいきなり指皮ごっそり持って行かれてヒリヒリになってしまったので、エンクラの今日は速攻断念。外のランジ課題は3級も登れない。

まだ昼過ぎなので、御岳に行くことに。ロッキーボルダー、忍者岩を見学し、御岳洞窟を少し触るも教わったムーブを忘れてしまったので諦めてデッドエンドへ。軍畑からマットを背負ってかれこれ5キロ以上歩いたことになる。

デッドエンド岩の目的は、コバちゃんにデッドエンドを登ってもらうこと。Twitterの知り合いの方ともお会いすることができた。僕はイギトラ2段の復習と左を跳んでみるも、移動中にがっつり食べてしまったのと、日の当たらない午後のデッドエンドの寒さで全く力が出ないので、ガンバ係。

僕より数センチリーチが短いコバちゃんはリーチムーブではギリギリポッケに届かないので、普通のムーブで組み立てて、ポッケが一瞬止まるところまでいった。本気トライがほぼ初日なのにこれは素晴らしい。次回に大いに望みを残して早めに撤収、二人でジムに行き、追い込みのトレーニングをしてお開き。

男一徹で火曜日の川井に向けて温存したかった右手の指皮を削られたのは痛かったが、裏御岳は楽しかったし、ジム仲間と御岳クラシック1級争いをしているコバちゃんに大いに希望を与えられたことは良かった。多分もう秋ぐらいには同じ課題を撃つようになってるだろうな~。
スポンサーサイト



強風核心

大雪予報が外れたお陰で、問題なく外岩に行けそうだったので、3ヶ月振りの笠間へ。夏は虫やへビ、スズメバチが出るため冬の岩場と言われ、林が風から守ってくれるので比較的暖かいと言われるが、着いてみると天気はいいのに風があってクソ寒い!

アップに珊瑚岩の樹海のムーブ作りで体を暖める。核心の手前が染みだしで濡れていて状態は万全ではないが、できないことはない。すでにこのトラヴァース課題を登っている48さんは撮影トライをするが、2回ヨレ落ちして再登を断念。僕は核心部分のヒールかけたままのガバ取りまでいけず。

充分アップはできたので、恒例の記念うるまにトライ。



一手目は全く止まる気配なし!しかしいつ止まってもいいように、そこからのオサレムーブはできた。取らぬ狸の皮算用。

そして宿題のワシントン倶楽部にトライ。しかし相変わらずリップ取りから先に進めない。今日はフリクションがイマイチなので、右手の寄せが止まらない。コンディションのせいにして、今回の目的、シンプル岩へ。

前回は一手目で奥のガチャガチャしたところを取ってから足上げが全く出来る気配がなかったものの、今回はあっさり足上げに成功。前回は明らかに肩に疲労が溜まっていてマッサージに行く直前だったので、調子が悪かっただけらしい。

数回トライし、まさかのガバ取りの後のマントルで2回も落ちる失態を犯した後に、ようやく完登。



出来てみると簡単な気がしてしまう。しかし同じ1級でも、48さんが撃ち込んでいるエ・モーションは離陸すらできず。しかもリップ取りの後のマントルが核心というのだから、どれだけ難しいのこれ。

宿題は済ませたので、石器人スラブでスラブの練習。ミウラー大活躍。8級、6級と登って、いよいよ中央の初段にトライ。



寒い動画だらけですみませんねぇ。最高到達点は両乳首取り。望みがなくもないので、毎回練習していつか登りたい。

その後、スパークカンテ2級にトライし、ようやく離陸しマントルまでいったが、リップに何もなかったので諦め落ち。この課題、万一落ちて転がったら下の谷間まで真っ逆さま。スポッターも恐いはず。誰得。その隣のマジックフィンガー3級も下地悪すぎて撃てず。

これまた恒例の記念ギルを触って、スローパーすら触れず。この岩はひんやりしていて粒子も粗く、ガバですらあまり安心して持てない…。本当に登れる日が来るのだろうか…。

最後に大黒岩で前回登れなかったスーパーマントル2級にトライ。



今回はあっさり打開。そして48さんが簡単というストロングフィンガー2級にトライするも、足上げができず敗退。薄暗くなり動画も撮れなくなったので撤収。

ようやく笠間の1級が登れたけど、笠間っぽい課題ではないし、もっとフリクションクライミングやスラブを練習しなくては…。笠間はジムダラーには最高の修行場所だなぁ。

帰りに48さんがTVで見て食べたかったスウィーツを買いに行こうとしたものの、渋滞で間に合わなかったので焼き鳥食べ放題の店へ。店を探している時にトイレに行きたくなったので、コンビニでトイレを借りてついでにソフトクリームを買って食べたら、すぐ近くに店があった…。

とりでんという釜飯、焼き鳥食べ放題のチェーン(牛角系列らしい)だけど、ちりとり鍋、焼き鳥もうまかったし、何より接客が素晴らしかった。メニュー見てれば「ご注文ですか?」と聞いてくれるし(呼び出しボタンも「注文」「お会計」とか種類がある)、注文品が来るのも早いし、おしぼりの替えは頻繁に持ってきてくれるし、下駄箱の鍵を預けておいたらお会計済ませた後に出口ですでに靴を並べてくれていたところもびっくりした。

食べ放題した割にはサラダ多めだったので、あまり翌日も太ってなくて一安心!笠間が寒すぎて、体を暖めるのに相当なエネルギーを使っていたと思われる…。

交流核心

中一日で指皮も筋肉痛も完全に回復はしていないが、翌日の大雪予報で連休中に登れる日がなさそうなので、御岳に強行。川井の方がベッケン、WXYと望みがありそうだが、指皮も潤沢なマットもないので…。今回の狙いはデッドエンド左のみ。

最高気温の予報は11度だったが、9時前に日が当たると暖かく…いやむしろ10時くらいからは暑くなるほど。イギトラのムーブを探ってようやく核心までのムーブができたので、忘れないうちに動画でメモ。



ここまでの狭さは克服した…が、核心の右手でピンチを取ってから左足に重心移動するとこがクッソ狭くてできず。さすが2段。今日はこのくらいで勘弁してやらあ。

他の簡単な課題をやろうと思って、以前登った4級をマットの上から背伸びしなくても届くホールドからスタートしてムーブを組み立てようとするも、できず。3級は下地の岩が恐かったのでパス。さらに下地の悪い5級なんぞやるはずもなし。でもカンテじゃない方の7級はできました!



危なっかしい…。以前もっと楽なやり方で登った気がするけど、忘れた。もうどうでもいい。そして本題のデッドエンド左へ。

僕の後にソロクライマーさんが来てデッドエンドを触っているものの、マットがない…。聞けば群馬からいらしたそうで、マットを車に載せるのを忘れたとか…。ということでマットをシェアして、一般的なムーブを少し教えてあげたところ、ポッケを取ったらそのまま完登。つ、強い。

僕はといえば、離陸はできるものの、リップがどうしても数センチ足りないので、リップの場所を変えてみたがスルスル落ちるのみ。じゃあ右手の保持力を上げようということで、スタートのムーブを探ってなんとかポッケに俵で入れる余裕を作りたかったものの、できずじまい。

そんなこんなで試行錯誤のうちに人差し指は痛くなり、普通に離陸もできなくなったので断念。次はもう迷わずにランジの飛距離を伸ばすことだけ考えよう。

せめてデッドエンドの普通ムーブ動画でも撮ろうかと思い、久々のトライ。何度かお手本を見せた時に余裕でできそうだったので。



余裕で落ちました(^_^)v 右手の持ち方が変だったのをスルーしたのが敗因。

関西から遠征に来ていたカップルのクライマーさんは、男性の方が前日の忍者返しに続いて見事デッドエンドを完登。上手い。北山公園や笠置の話を聞くことができた。関西は皆当たり前のようにミウラーを履いているので、御岳でパイソンとかを外で履いているのを見ると驚くとか。確かに北山公園ではミウラー率高かったな…。

マットのない群馬の方と行動を共にすることになり、一緒に丸こんへ。以前触って絶望した魅惑を触って成長を確かめたいとのことだったが、離陸であっさり断念し、私の家2段が見たいとのことで移動。しかし橋の工事で立ち入り禁止になっていた…。2/20まで橋は使えないらしい。

仕方なくそのままロッキーボルダーまで歩く。マット1枚だけなので、誰もいなかったら無駄足だが、途中ですれ違ったクライマーさんに、まだ人もマットも充分あると聞いて一安心。到着すると平日なのにジム状態。

早速トライし、先客のクライマーさんが同じ身長でカチありで練習していたので、ムーブをパクらせてもらう…が、カチが思ったより良くない!かなりスタティックに出しているのに止まらない。

In Tokyo!を撃っている方は某ジムの店長さんで、エゴを撃っているのは、たまたま御岳ではち合わせたそのジムのアルバイトスタッフさんらしい。ヘッデンでランタン代わりに照らしてもスタンスが見えなくなってきたので、本日はこれにて撤退。

帰ってからジムで軽く登ったが、長ものがいつも以上にできたり、ヨレてもいないし調子は良かった。ということは、デッドエンド左もエゴイストもまだまだってことか~。でも色んなクライマーさんと交流できて楽しかったな。土日だと団体同士だからなかなかこうはならないけど、平日はソロや二人ぐらいで来ている人が多いので交流しやすくて好きだな。

初登情報核心

前日の土曜日が小雨だった天気のいい日曜日。御岳が激混みであろうことは火を見るよりも明らか。ということで、ミケちゃんと9ヶ月振りの川井へ。キャンプ場は休業中なので、100円で利用できる代わりに自販機も使えない…。近くにお店もないので結構困る。

8時半で一番乗りだったが、まだ岩は冷たい。河原をジョギングしてアップに7級、6級をやっていたら続々と人が。休日だけに真新しいマットを持った団体さんが多い。アップの仕上げにすきま風3級を再登。相変わらず後の木に触れないムーブがリーチクライマーにはきついけどアップには最適。

この面ではまだ登っていない4級があったので、ムーブを探って、ミケちゃんのこのムーブでいいだろうということで採用。



まーたお笑い核心か!今日はベッケン面に人が集中しているようなので、早速クリスタル岩のミワタクにトライ。序盤から核心までのムーブを探っていると、見に来たクライマーさんから思わぬ情報が。何でも初登者(RaBの店長さん)曰く、限定とされる奥クラックは初登時に気付かなかっただけで限定というわけではなく、後半の奥のえぐれた部分は使っていたとのこと。

使っていい部分は落ち葉が溜まっているので掃除してからトライした方がいいですよとのアドバイスのもと、そこを取りに行くムーブを作って繋げトライするも、終盤でヨレ落ちという情けなさ…。その間にミケちゃんが完登!



先日のアタッカーに続いて2本目の初段おめでございます!そして僕もレストを挟んでトライ。



ヨレヨレで繋がった…。易しめの初段か1級ぐらいかも?でもまぁ神の瞳やピンチオーバーハングは逆に初登ラインとは違うのがスタンダードになりつつあるし、結局自分でよしとすればいいんではないかと。奥リップなしのムーブは今度余裕があったら探ってみようかな。指皮使わないし。ともあれ10本目の初段。

次はジム状態になっているベッケンバウアー1級にトライ。以前はカチが遠すぎて全く取れる気がしなかったけど、今回はあっさり取れた。足のスタンス欠けた?思いっきり乗れる足になっている気が。もしやあっさり登れるのではないかと思ってトライ。リップ取りの足がスメア気味なので、柔らかめのシューズの方がいい感じ。



う~ん、もらったと思ったんだけど…。そこそこじんわり出せてもリップが思ったより止まらない。右手のカチで薬指の皮がえぐられたし、リップもがちゃがちゃしていて止まらないと引っ掻いて出血の可能性もあったので、今回はすぐ撤退。

せっかくなので、まだ登っていないブロック2級にトライ。



1トライで終わったけど、1級より難しい気が…。そしてベッケンにトライしていたanykeyさんのお力(マット)を借りて、苦手のマントル課題、ラブリー3級をやってみることに。相変わらず下地が恐い…。すでにキャピタルを登っているanykeyさんは一応登っておこうということで危なげなくクリア。

僕は手首を返した後にヒールが抜けるという恐い落ち方をしたものの、まぁ落ちても大丈夫と吹っ切れた。



なんか左手デッドしててカッコ悪いけど、これでWXY初段への挑戦権ゲット。離陸とスローパーへのランジを少し探る。止まるところがピンポイントだけど、充分止まりそう。最後にモロヘイヤを触って、やっぱ痛てーわと実感して日が暮れたので撤収。

ちょいと成果としては微妙だったけど、成長は確認できたのでよしとする。次回は出血のリスク覚悟でベッケンは落とせそう。WXYも受け身を考えながらのランジで充分止まりそう。マントルは100%とは言えないけど…。モロヘイヤはマントル核心なので、まだかかりそうな予感。でもできる課題は片付けたのですっきりした。

迷子核心

前回アップ用の岩へのアプローチで心も体もボロボロにされてモチベーションダウン、成果なしの惨敗を喫した湯河原幕岩へリベンジ。マッサージで肩から背中をほぐしてもらってからジムで絶好調なので、オケラで帰る訳にはいかない。

今回は滅多に外岩に来ないコンペクライマーの王子(黒タオル先生)も参戦。ジムダラー向けの課題である貴船をサクっと落として初段ゲットしてもらい、苦手という外岩にもっと興味を持ってもらおうという目的もあり。

今回はアップにまだ行ったことのない林エリアを選択。しかしトポの地図がかなり怪しいとは聞いていたものの、それを知っていてなお全く岩が見つからず。ようやく一番南側にあるという蛸岩を見つけたものの、特に撃つ課題もないので、この岩を起点に他の岩を探してみる…が、10mぐらいの距離にあるという将棋岩すら見つからず。

散策の末、ようやくダイヤ岩を発見し、苔よけ核心の右カンテ5級、SDのダイヤモンドバスト3級を一撃。ダイヤモンドスラブに挑戦するも、あっさり敗退。これ足の限定なしで5級とあるけど、すると左側の小さなスタンスもダメなんだろうか…。

笠間の初段スラブ課題を落としている48さんはそこを使わず、ツルツルの面から離陸して意外と苦戦するも見事ゲット。諦めかけたところでの気合いの一登はさすが。王子は3級課題に苦戦し、結局断念。ジムでは使わない体の返しが核心だけに、苦手だったか…。

もっとアップに向いた普通の課題のある岩を探すも、南端の蛸岩、東端のダイヤ岩、北端の鶯岩を見つけてなおそのトライアングルゾーンの中に全く岩が見つからず…。なんだこの地図…。もしや梅林の開拓で撤去させられたか震災で転がり落ちたんじゃなかろうかと思うくらいのありえなさ。いやもうそうとしか考えられない。

結局岩探しは徒労に終わり、今回もアップで身も心もヨレたところでメインの貝殻岩へ。王子には早速貴船をトライしてもらい、核心のリップ取りはバッチリ決まるものの、左手が切れて振られてしまい、残せないという状態で苦戦が続く。48さんはサブウェイ2段のムーブ作り。

僕はパイプラインを撃ってみるも、まだスラブの課題くらいしかやっていないので全然ホールドが持てておらず、近隣の岩へノーマットでアップに。梅干岩がアップ向けだったのでSD3級と思って勘違いしていたライン(そんな課題はなかった)で登ったりしたが、まぁアップにはなったのでよしとする。

そしてパイプラインにトライ。核心のムーブを復習するも、できず…。また忘れてしまったか?と、別のどっかんムーブで取りに行こうとして振られ落ちして却下としたり、また迷宮にハマりかけたものの、なんとか思い出し、核心ムーブを2回連続で成功させて体に覚え込ませた後、繋げトライ。



やっと宿題終わり…。嬉しいというより一安心。ヒールと右手の2点支持でバランスを保ってからスタティックに左手を出すというのは自分の引き出しになかったようで、いい勉強になった。これで9本目の初段。初段以上なら10本目。まだまだ段クラなんてとても言えないけど…。自分で言う人はいないか。

その後は48さんとサブウェイのムーブ作り。でもこれ前半がハードすぎて、とても繋がる気がしない…。ということで、48さんは一手目を見て断念したという同じ2段のWプロジェクトを触ってみる。

どっかぶりでアンダーマッチから2本指ポッケにデッドする一手目が核心。取れたら後は何でもなさそう。ただしその分当然核心が厳しい。初めは離陸がやっとだったものの、アンダーの持ち方と足の置き場所が分かったらデッドで出せるようになった。といっても声を出さないと止まらないほどのフルパワームーブ。

王子は貴船を断念し、パイプラインはいいところまで進み、48さんはほぼムーブが固まってきたものの、前半の核心は越えられず。宿題を終えた僕はどちらの2段も真面目に取り組まずガンバ係をしていたが、小雨がぱらつきはじめ、皆ヨレ気味なので撤収することに。

最後に僕の希望で梅林ボルダーを少し触り、木漏れ日1級を実際に触るがやっぱりこれは面白そう。でも下地が斜めっていて高さもあるので今回は敬遠。トラヴァースの秋晴れ初段のムーブを少し探ってみたら可能性を感じたので、せっかくだし秋晴れの後半であるガンバレ西村君5級を登ってみる。



核心である一手目の遠さを舐めていてあわや落ちそうになっているのは内緒。ともあれ高度感を確認できて良かった。木漏れ日、全然できます!下なんて見てないけど。ついでにアイアンメイデン3級くらいやりたかったけど、これは落ちる可能性あるのでトライせず。

もう梅祭りも始まるし、暑くなってしまうので次は来シーズンの秋だろうけど、Wプロジェクトは登れる人を選ぶボルダーっぽい課題だし、木漏れ日も面白そうだし、秋晴れも多分ムーブを作れば一日で解決しそう。すっかりアップでテンション落ち気味で、次はどの課題をやったらいいのかと思っていた湯河原幕岩だけど、また来たいというモチベーションがグングン上がってきた。それまでに強くならなきゃ。
Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ1級
百里眼1級
泉の家初段
花畑1級
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル2級
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術1級
竜王初段
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音2級
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
骨拾い1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ