FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日の算数核心

祝日、文化の日。社畜コバちゃんが安定のドタキャンにより、ニコレンの予約もしていないし御岳か久々の大沢にでも行くかと思っていたけど、声を掛けてみたら一人来られそうだったので、だったらニッポンレンタカーを借りてても遠出しようと急遽前日に車を予約…からの、夕方から発熱により来られなくなってしまったとのこと…。

実は後からニッポンレンタカーは予約当日のキャンセルはキャンセル料がかからないということを知ったけど、もう二人で行っちゃおうということで、ちょっとコストはかかるけど二人で瑞牆へ。奥多摩方面は朝に雨が降るようだったし、せっかくの休みで状態もいいなら行けるときに行っておこうということで。

あえての瑞牆にした理由は、土曜日はおそらく小川山に行くであろうというのと、間抜けなことに前日軽くジムで登っておこうとテーピングを巻いて登っていたら、先週やってしまった方ではない方の左手人差し指の軽いひび割れが絆創膏とヒビケア軟膏で柔らかくなっていたせいで、逆に開いてしまったのだ…。登る前にはしっかり乾かしたうえでテーピングをすべし…。

そんなわけで、いつ両手人差し指が開くか分からない状態なので、カチ課題はできないし、もしひび割れが開きそうになったらひたすら「十六夜」でスラブ練習でもすればいいかなというのがもう一つの理由。


ニコレンのボロい軽とは違って、ニッポンレンタカーの軽(今回はCOCOA)は見やすいカーナビ付きだし乗り心地もいいしステレオの音もいいし、エンジンの吹け上がりも良く、下道から楽しく運転できた。あーマイカー欲しい。ヤマザキに寄って8:30と早めの瑞牆到着。まだまだ駐車場は空いていた。5月以来の瑞牆だけど、相変わらずこの開放的な景色は最高!

IMG_8846s.jpg

紅葉もいい塩梅に色づいていた。

IMG_8848s.jpg

まずは山形県エリアへ。このエリアは湿っぽくてほとんど染み出しがない時に来たことがないけど、今日はしばらく雨も降っていないし湿度も低いので、良い状態が期待できる。しかしアップで童子岩の6級を登っていたらガバポッケに水が…。代わりに「穴契約社員」をやることに。

アンジェラはまだこの課題を登っていないということなので、一緒にトライ。僕はカンテ左側は使わないで登って結構序盤が厳しいと思っていたけど、アンジェラは同じムーブはできないというので、カンテ使うムーブを考えてトライ。するとだいぶ楽になり、アンジェラも完登。


次は急登(笑)を少し登って、阿修羅の岩へ。アンジェラは本当に息を切らしていた…急登なんだ…。すでに「阿修羅」をトライしている方は何人かいたけど、僕はそんなハードな課題は避けて隣の「ナーガ」1級にトライ。スタートがよく分からないけど、「阿修羅」をトライするツヨツヨさんがアップで軽く登ったときのスタートでやってみることに。

スタートで左手ハンドジャム、ガバスタンスを踏んでクラック奥のアンダーを取るだけ。それで実質終了というような課題だった。その分一手目がしんどく、アップが終わっていないとロックしきれず右手が出なかった。まあカチ系じゃないからちょうどいいやとテーピングをしながらトライを重ね、ようやくアンダーが取れた。



でもこれ、イマイチクラックの面白さがないので、もう少し下からスタートできないものかと探ってみる。足位置に苦労したけど、なんとかできそう。一人であーでもないこーでもないとムーブを探る。とっとと隣の「阿修羅」でもやればいいじゃんって話だけど、ツヨツヨさんたちが軽く上部のマントルまでいっているのに、マントルが返せず降りてくるのばかりですっかり怖じ気づいていたのであった。こんなに状態がいいのにそんな難しいのか…。

そして逃避の末にムーブが完成。



染み出しがなければバチ効きだし、ジャム入門として非常に新鮮で面白かった。指皮は大丈夫だったけど、テーピングを巻いていても手の甲が傷だらけ…。


お昼休みも兼ねて「十六夜」の前でお昼ご飯を食べて、相変わらず離陸からの一手目も取れないことを確認し、植樹祭エリアに移動。目当てはずっと宿題となっている「算術」。アンジェラは「泉の家」。

「算術」は大人気で、かなりの人数が。しかし一手ものなので回転は速い。あと二時間ほどしかないので、まずはマントルの確認をしてからトライ。「ナーガ」は初めて触る課題だったので、あまり今日のコンディションのよさを体感できなかったけど、何度も触っているこの課題のイマイチな左手スタートホールドを触った瞬間、今日のフリクションは最高だということが分かった。

昔はこのホールドが全然持てず、離陸だけでもしんどく、色々を持ち方を工夫してやっと出られるようになっても一手目のガバに届かせるのがやっとだってけど、ジムで150度にいることが多くなり、フロントレバーも数秒できるようになったくらい体幹がついてきたお陰か、あとは振られをいかに止めるかだけになっていた。

これだけ状態が良くても、一手目にジャストミートしたうえで意識して振られを止めないと止まらない。

IMG_8730s.jpg

IMG_8731s.jpg

IMG_8732s.jpg

何度も振られ落ち。しかし今日は前回までのように「本当に止まるんかいなこれ」という不安はなく、次は止まる、と自信を持ってトライしていた。そしてやっと止まった。



一手目を止めても足拾いでヨレてマントル落ちするのを何度も見て来たけど、その轍は踏まないように準備しておいた甲斐があった。やっと何年越しかの宿題にケリを付けることができた。強傾斜と体幹という弱点にジムで向かい合ってきた成果だった。


最後にアンジェラの「泉の家」を見に行くと、この好フリクションにもかかわらず、あまり手が進んでいないという。僕も久々にトライしてみたけど、やっぱり難しい…。しかし女子向きの課題なので頑張って欲しい。

IMG_8850s.jpg

そして今日も瑞牆の夕焼けは美しかった。宵の明星もひときわ輝いていた。ひび割れを再び開くことなく成果を出し、最高に爽快な気分で帰途に就いた。

帰りはガストで食事。

IMG_8852s.jpg

手前の低糖質メニューが僕の、奥のカキフライ&唐揚げ丼がアンジェラの。相変わらず男女逆転している。


ひび割れに怯えながらだったけど、「ナーガ」の納得いく登り方での完登、数年越しの宿題であった「算術」の完登と、思わぬ成果があり、来てみてよかった。今日のフリクションは何でも登れてしまうのではないかというぐらいの良さだった。まだまだ宿題は残っているけど、今後に期待を持たせるワンデー瑞牆だった。

スポンサーサイト

眠れる岩の微風核心

GW明けのいつもより長く感じる一週間を乗り切って、アンジェラ、INOさん、ガミケンさんと瑞牆へ。僕は今シーズン初瑞牆だけど、INOさん、ガミケンさんはGW中に「眠った風」初段を宿題にしているので、それが目的とのこと。

アイシングにゃ早すぎねーかと言われながらも、立ち寄った釈迦堂PAでうっかり信玄ソフト。

IMG_7925s.jpg

黒蜜きなことソフトクリームはやっぱり合う。


空模様が微妙で、少し雨がぱらついていたけどさほど問題はなさそう。ただし二日前まで降っていた雨の影響で、乾きにくい山形県エリアはしっとり。とりあえずアップで定番の童子岩スラブ。

IMG_7926s.jpg

岩黒いな~。中央の6級は恐いのでやめて「穴契約社員」3級の再登トライ。この課題は左カンテの岩やホールドをどこまで使っていいのか謎だけど、とりあえずできる限り直登のラインを目指してみる。



直登抜けは厳しいけど、無理矢理一番上のホールドは使いたかった…。そして周辺で何か登っていない課題を探し、ツグミ岩の裏の岩の2級をやってみることに。

ほとんどチョーク跡はなかったものの、スタートホールドは明確なアンダーガバがあり、チョークも付いていたし、ホールドもあったので、ラインは見えた。実質3手くらいだけど、途中のホールドが悪い…。

アップ不足でホールドが持てないこともあるだろうと思い、皆を冷やかしたりしながら暖めていき、ようやくホールドが持てるようになってきた。



1回目の完登時に少し枯葉に触ってしまったので、これは登り直し時の動画。こっちの方が足が切れちゃってダメなトライだったけど…。

次に、周辺の課題を触ってみる。「阿修羅」はトライしている人がいたので、誰もやっている人を見たことがない「瑞牆ピョンピョン」三段を触ってみる。

IMG_0758s.jpg

僕はポッケはそこそこ強いようなので、試しにやってみたけど、左手1本、右手2本でこの距離を出すのは厳しい…。でもリーチが活かせる課題なので、いつかやりたいなあ。


INOさんとガミケンさんがリス岩の課題をやっていたので混ぜてもらう。クラック2課題のうち簡単な方の「デール・クラック」3級にトライ。なんとかジャミングで登ってやろうと試行錯誤してみたものの、ジャミング技術がなさすぎる僕には解決できず…。



結局レイバックから一手目でいきなりガバ取り。マントルがちょっと嫌だった。オヤツに福島旅行で買ったチーズケーキを皆で食べた。

IMG_7927s.jpg

好みのタイプの濃厚チーズケーキで美味しかった。「チップ・クラック」2級も少し触って、「阿修羅」を1トライだけして、ムーブの面白さは瑞牆随一な「ガルーダ」二段の離陸を皆とあーだこーだと試行錯誤するだけして満足して午後に移動。


二ノ谷を登って、お初となる先住岩へ。高さ核心と言われる「先住者」1級、「望」初段、「朔」初段の高さをアホだな~とスルーして裏面の「眠った風」初段へ。こちらは普通の高さだし、トラヴァース課題なので安心。

INOさんたちはすでにムーブができており、繋げるだけということで、状態が良くなる夕方の時間まで温存してきたとのこと。あっさり登ってしまうのではないかと思ってトライを見ていたけど、今日は状態が前回より悪いのか、午前中に遊びすぎてしまったのか、前回以上の高度に到達しない。

せっかくなので僕もトライすることに。薄かぶりのカチ系トラヴァースと聞いていたので、どうせ細かいの苦手な僕向きではないんだろうと思っていたけど、思ったより手が進む。ただ、後半の核心はさすがに難しく、ムーブが悩ましい。

先にトライしていた身長・体重がアダム・オンドラと同じという身体スペックのAさんが採用していた巨人ムーブならかなり核心が楽になりそうだったので、試してみたらなんとかなりそう。ばらしでは問題ないことを確認。



う~む、やはり繋げてくるとクロス取り時のピンチの持ち感が悪い…。もう少し状態がいいか、持ち方を研究できればいけそうだったけど、今回は断念して最後に少し下に降りたところにある「寒空」初段を皆で触って帰ることに。

この課題、Aさんいわく皆Youtubeでは岩を間違えて登っているそうで、今日ちょうど室井さんがいらした際に聞いてみたら、やはりその岩ではなく、隣の岩のスラブ課題だとのこと。見てみると、ホールドが乏しくて高さは全然ないものの、かなり厳しいスラブのようだ…。

速攻諦めて、間違えられた方の岩の課題で皆で遊んでみる。キャンパでスタートして、リップを取ってマントルを返すだけ。その結果、INOさんオンサイト、ガミケンさんフラッシュ…。そして僕の番。



チャールズ・アルバートばりに裸足で登ってみたものの、無理でした!


帰りは安定の境川。

IMG_7928s.jpg

キャベツが無料だったのはラッキーだったけど、肉うどんの肉の量が減ったような…。

皆成果がなかったけど、次回は皆いけるという確信を得られたようだった。まあそれを2,3回繰り返すのがクライミングあるあるなんですけどね!


閉門前の極寒核心

瑞牆のゲートは毎年12/10~4/25に閉鎖されるそうで、ゲートが閉まってからでも歩いて行けるし、ハットエリアや金山沢エリアは行けるわけだけど、気温や道路の凍結からして今週末が最後だろうということで瑞牆へ。メンバーは「皇帝」狙いのINOさん、ガミケンさんと、メインエリア狙いのアンジェラと僕。

8:30過ぎにチップの駐車場に到着し、二手に分かれて僕はジョギングしつつメインエリアへ。さすがに車は減っているけど、それなりにボルダラーはいる。天気はいいものの、最高気温が6度くらいと低いので日当たりのいい岩であることがアップの条件。まずは久々に一の谷エリアまで歩いて梟岩へ。

IMG_7150s.jpg

狙うはもちろん、「ミネルヴァ」五段…なんぞではなく、ハイリスク・ローリターンなランジ課題「チキンちゃん」3級。

IMG_0721s.jpg

ガバからガバへのランジ!

IMG_0728s.jpg

止まった!




…というのはフェイクで、飛んでいません。だって、止め損ねたら5m以上のスラブ面を転げ落ちるわけですよ…。試しにマットを落としてみました。



これでも挑戦する勇気ある若者を募集しています!


そんなわけで、近くの日当たりのよいフサフサ岩で自由なラインを登る。トポにラインは載っていないけど、1~8級の課題があるとのこと。簡単めなのから色々触ってみる。やはりグレードに関係なく、あれこれムーブを探りながら登るのは楽しい。この日一番楽しかった時間かも知れない。ちょっとムーブを考えさせられたこのラインは4級くらいかな。



この左隣のSDスタートのラインは極悪カチからのリップ取りが解決できず敗退。しかも人差し指に穴を開けてしまった…。


まだダウンもフリースも脱げないけど、二の谷へ移動。少しアンジェラに「百里眼」をやらせて、リップを叩くものの止まらなそうだった。僕もトライしてみたけど、カチが充分に持てないしリップもあまりフリクションを感じなかった。まだ暖まっていないのだろうか…。

次にアンジェラがトライしたいという「カラクリ」へ。この課題はスタートが欠けてしまい、最初の核心が変わってしまっているのでグレードは変えるべきだと思うけど、元初段、今は何も限定せずに登って2級くらいと思われる。しかしアンジェラは最初の一手目が解決できずにお昼休み。

その間僕は「竜王」をやろうと思ったものの、スタートを少し触った時点で先週爪剥がれで出血した右手中指が痛くなったので今までほとんど触ったことのなかった「倶利伽羅」を触ることに。離陸核心と言われるけど、ノーマットでも足が上がった。しかし一手目が止まらない…。

そのうちカチっている左手人差し指から出血してしまったので終了!ついでに気がついたら右手薬指もぱっくり。ダメだこりゃ。結局「カラクリ」の一手目ができなかったアンジェラとともに移動。


次もアンジェラの希望により「泉の家」。僕はかなり前に登っているのでほとんどムーブを覚えていなかったし、欠けたフットホールドがどれなのかも分からなかったけど、とりあえず少し一緒にトライ。結構あっさりクリアできた記憶があるけど、難しい…。とにかく中継のダイクが悪いし足も微妙。

気温は低いし湿度も低く状態はいいはずなのに、岩にフリクションを感じないのはなぜだろうか。僕はマッサージの後一週間は保持力が落ちるのと、テーピングのせいかも知れないし、気温が低く暖まらないのかも知れないけど、にしても持てなさすぎる。ここでどハマリしても面白くないので、宿題の「算術」に行かせてもらう。


前回はかなり好感触だったけど、思ったより振られ止めが悪いことも分かった。しかしラスト瑞牆で登ってしまいたい。とりあえずスタートしてみたら、なんとか飛び出せそうだったので、1回1回を大事に行こうと決めてマントルの復習…と思ったら、いつもは何でもないスローパーのリップが悪い…やっぱりフリクションは全然良くないんでは…。

とりあえずもう一度トライしてガバに届かず落ち、そしてアロンアルファで補修していた左手人差し指に痛みを感じてホールドが持てなくなり、速攻終了…。


「泉の家」に戻ってアンジェラにアドバイスを送りつつ、近くの手頃な課題を探してみたものの、寒さと指の怪我でやる気にならず。この日結局フリースを脱いだのは「チキンちゃん」のフェイク写真撮影の時だけだった。

IMG_7152s.jpg

僕もアンジェラも進展なく夕日を迎え、待ち合わせの皇帝岩まで戻り、猫パンで終了していたINOさんと「阿修羅」を回収して「皇帝」に撃ち込むガミケンさんと合流して17時前の撤収。


帰りは境川で先週の肉うどんに続き肉そば。カロリー表示が一新されており、肉そばも肉うどんとほとんど変わらないカロリーになっていた。受け取りの時でも言えばネギ多めにできるとガミケンさんから聞いたので、ネギだくにしてもらった。

IMG_7153s.jpg

やはり黒胡椒にんにくも七味にんにくも美味しい。冬は暖まるし最高ですな~。


ダイハードなクライマーは雪の季節にフリクションを求めて登るらしいけど、寒さに弱くアップが極端に遅い僕には絶対無理。そもそもそんなシビアなレベルの課題は撃たないし。最高気温が1桁の時は外岩には行くまいと、ひび割れと剥がれかかった爪に涙しながら誓うのであった。

乾燥の功罪核心

週末はアンジェラの宿題回収のために御岳に行くつもりだったけど、ガミケンさんがリーチのかかっている「ベシミ」を今年中に回収するためにINOさんと行くとのことで、交通費折半&マット運び要員として帯同させていただくことに。

ビジターセンターの営業と、ゲートクローズをごっちゃにしていた人がいるみたいだけど、問題なくゲートは開いていた。8時半頃にチップの駐車場に到着すると、なかなかの車の多さ。状態の良さが期待できるので、宿題の回収を期待している人が多いのだろう。アンジェラはメインエリアへ、僕はINOさんの100×150cmの「サブ」マット運び係として大面岩下へ。気温の低さから、ところどころにつららが。

IMG_7144s.jpg

寄り道せず、ベシミの岩に到着。下のガバ岩やベシミ後半部でガミケンさんと共にアップ。すでに先週登っているINOさんはマット配置やムーブのアドバイスで支援。僕もあわよくば登りたいところだったけど、前日はレストを余儀なくされ、いつも通りのスロースターターっぷり…。まあアップが早かったとしても、皆がこれほど苦労している課題を、アップも早くムーブの固まっているガミケンさんよりも早く登れるとは思えなかったけど。

ガミケンさんが全ムーブの復習をして、繋げトライ開始。1トライ目はカンテの飛ばしで失敗したものの、2トライ目で危なげなく完登!僕はようやく一手目が止まるようになり、フットジャムのコツを教えてもらい低確率ながらも2手目ができるようになってきたけど、繋げトライをすることもなく移動となった。面白い課題だけど、僕にはちょっと縁がなかったな~。


次に二人は「消費者」二段をトライするという。僕は極カチホールドを見ただけで全くやる気が起こらないような課題だったし、ベシミ後半部のカチでいつの間にか右手人差し指のひび割れが開いてしまっていたので、遠慮して近くの手頃な課題を触ってみることに。まずは小さくて下地も良い「ジャイアンとパンダ」3級。



スタートが狭いけど、このエリアには珍しい和み系。次に横長の綺麗な前傾壁とクラックの岩に設定されている「アナリスト」2級。石の上からスタートとのことだけど、地ジャンでいいのか分からず。一応僕の身長だと上のポッケに届くけど…。

IMG_0503s.jpg

まあいいやと諦めて二人のところに戻ると、まだ厳しそうな一手目に撃ち込んでおり、そうだこの二人「スラッシュ・フェイス」二段の一手のために数時間を費やすのも厭わない人たちだった…と思い出し、ちょっとついて行けない感があったので一足先に下のエリアに行くことに。自分のマットを持ってきていないのでアンジェラと合流するつもりだったけど、マットを一枚貸していただけることに。ありがたや。


B岩の初段でもやるかなと、うっかりスタートホールドをカチってしまったら右手人差し指から出血!慌ててアロンアルファで埋めて退散…。さあて撃てる課題が限られてしまったぞと山梨県エリアをうろうろしていたら、思い出した!猫頭エリアで宿題となっていた課題を。

高さとスリルのあるマントルで人気課題となっている「猫頭ントル」をスルーして、その下のスラブ課題の横にある「ラブタッチ系」と言われる抱え込み系の無名初段。以前は上部左の何もないカンテを止めることができなかったけど、今日の乾燥した空気なら止まるかもしれないと淡い期待を抱きつつ来てみた。岩が思ったより黒く、チョークも乗っていない。このエリアが口コミで広がった直後はそれなりに触られていたと思うけど、もうひとしきりトライされて自然に還りつつあるのだろうか…。

ともあれトライを開始。すると止まらなかった一手が止まった!そして足で何もないフェイスをスメアしつつよじよじと登る…が、リップを前にして足が抜けてフォール。しかしこれはいけるぞと、ホールドを磨きつつ激撃ち。しかしどうしてもリップが取れない。一手目以降はひたすらパーミングで力任せに抱え込んでいたけど、結局リップ近くに上がると加重が抜けて落ちてしまう。

どんだけ保持力を要求されるのよと心折れそうになっていたところに、右手中指が圧迫に耐えきれず爪の間から出血…。幸い課題を撃つのはなんとか問題なかったので、テーピングで止血してトライ続行。ムーブを考えて、とても乗れるとは思っていなかった極薄のフットホールドに乗せてみることにした。すると意外と乗れる。

足を乗せるまでのムーブを考え、乗れてしまえば立ち込むことでリップが取れるはずと信じてムーブ変更。そのトライ中に、ついに左手中指の爪からも出血…。こうならないように、登り始める前に爪の間にハンドクリームを塗り込んでおいたけど、定期的に塗らないとダメだったか…。フリクションは抜群だけど、乾燥肌の僕にとっては乾燥しすぎているのも考えもの。そろそろ皆との集合時間だし、最後にしようとしたトライ。



信じて立ち込んだところ、超デッドでガバリップが止まった。泥臭くて無様この上ないけど、久々のラッキークライムで完登。ついつい声が出てしまった嬉しい完登だった。エリア移動ついでに見た、いつも染み出しのある初段課題は凍結していた…。

IMG_7145s.jpg


ボロボロの状態だったけど、集合場所の皇帝岩でやりたい課題もなかったし、山梨県エリアで何か触ろうと思い、昔触った「背伸び運動」3級を触ってみる。限定のランジ課題だけど、そもそもどこを止めたらいいのか迷う。真上のスローパーが背伸びをするとちょうど止まる距離なので、課題名からしてそこでいいのか、それとも少し左上にあるツノへのランジなのか。通りがかった人に聞いても分からなかった。どっちも止まりそうだったけど、そんなモヤモヤした状態では結局止まらず移動。


皇帝岩では「夜を待ちながら」2級を完登&再登してきたアンジェラがいた。INOさんとガミケンさんは「皇帝」二段をトライしていた。カチ系なのでもうトライできないし、カチを止めたていでもそこからの寄せとマントルもできないし、そもそも悪いカチへのデッドで振られを止められるとはとても思えなかったので、僕は後片付けをしながら撤収の時間までライト係をして終了。


帰りは安定の境川で特製肉うどん。

IMG_7146s.jpg

これカロリー表示ではたった500kcal(そばは670kcalぐらいだったので怪しいけど)なのに、肉がこれでもかと牛丼並に入っており、うどんが足りなくなるくらい。つゆも美味しい。売店で売っており、試供されている香辛料の黒胡椒にんにくと七味にんにくとの相性も最高!追加でもつ皿とセットにしようかと思ったけど、充分なタンパク質が摂取できた。


ガミケンさんの完登というミッションは果たしたものの、お買い得ではない二段に撃ち込む二人と比べて、初段で満身創痍となっている僕は不甲斐ないなあと思ってしまった。

とはいえ、登れそうだと思っている初段でも数日かかっている現実を考えると、難しい課題で足りないものを認識することも必要だけど、僕は適度な課題をたくさん登って楽しみたい。そういう課題がほとんど残っていないほど通っている御岳はともかく、面白い課題はグレードを問わず山ほどあるのだから。強くなりすぎちゃったらそういう課題もさっくり登れちゃって楽しめないでしょ!

と、成長曲線がなだらかになる一方のオッサンクライマーの負け犬の遠吠えでした。

瑞牆成長確認核心

文化の日の外岩は、前回ベシミに手応えを感じたメンバーによる「ベシミを愛でる会・最終章」が行われることになっていたけど、僕は辞退してアンジェラ、コバちゃん、ナミちゃんのエンクラ組と廻ることに。ベシミもいいけど、秋は春からの宿題に全然触っていなかったので成長を確かめたかったからだ。

下りの境川PAで豚汁豚皿定食を食べて、韮崎のセブンイレブンでベシミ組と健闘を誓いつつ瑞牆入り。下道の長い小川山と違って早めに到着できるのは嬉しい。アップに皇帝岩。皆で「ロイヤルポケット」→カンテ4級のお約束のアップメニュー。いつもアップだけ済ませて移動してしまうけど、今日はそこそこアップが早かったのでまだ登っていない「玉」2級にトライ。

相変わらず一手目からキツい。一本指ポッケの左手はもちろん、なんとか2本ねじ込める右手を縦ピンチで持っても足を上げるとデッドになってしまう。仕方なく低い足でリーチを生かして一手目を解決。二手目は遠いけど足を間違えなければ問題なし。そして核心であるリップ取りが不安なスタンスと悪い下地で恐い…。

恐らく何かの取材と思われるご一行の強いベテラン女性クライマーさんがこの課題を撃っており、数トライで登っていたときのムーブを参考に、リップ取りのバランスを考えて他の足を試したりする。そしてこの足で行くしかないだろうと決めてトライ。



リップが超どガバで良かった…。ようやくスラブ三種の神器が揃ってよかった…。その後は武蔵君が一撃したという「ブラック・エンペラー」初段に触ってみるも、小指一本指ポッケからの乗り込みが恐いしアンジェラ、ナミちゃんがやる課題がないので移動することに。


久々の花畑岩。最近ジムで強傾斜に慣れてきたアンジェラに「花畑」をやらせてみるも、相変わらずスメアが下手…。僕は久々に再登してみたけど、150度にいる時間が多くなって体幹に余裕が出てきたのを感じた。「ラフレシア」もいけるんじゃないかと思ってトライしてみるも、相変わらず一手目は触るのがやっと。

ヒールの位置を工夫してみてもダメ。進歩してない…ふと気がつくと、右手のホールドが悪くなってませんかコレ。前はガバではないけど一本指ポッケではなく、もう少し指がかかったような…。「花畑」のスタートで蹴られるホールドなので削れてしまったのだろうか。とにかく体が浮かないし、仮に一手目が取れたとしても振られ止めが厳しそうだったので断念…こりゃ相当強くなってからでないと次はないなあ。


日当たりがよく気持ち良かったので、お昼ご飯を食べて、周辺の岩でスラブやマントルをして遊んでから移動。僕は計算岩へ、アンジェラやナミちゃんは「泉の家」に行くつもりだったが、広場から計算岩へのショートカットの途中にあるトポには載っていないけど課題が設定されているらしい岩で遊ぶことに。

さて、瑞牆の谷エリアに来るたびに触っては敗退しているこの課題、夏の間の強傾斜トレで成長が感じられるかどうか。先客のクライマーさんたちに混ざってトライ。以前はスタートで体を浮かせるのもいっぱいいっぱいだったのに、今回はかなり余裕がある。そして一手目、行きすぎるくらいに飛んでフォール。これはいけると成長を実感。

ガバはガバだけど外傾していて指が入りきらないスタートの左手も結構持てており、強い人のように右手ぶらりはできないけど、右手の補助があれば体を引き上げるのは問題なし。タメを作ることもできなかった昨年と違って充分にタメを作れている。数回トライし、いきなり中指第二関節の腹を出血してしまったものの、テーピングを巻いてトライし続ける。

途中、気分転換に計算岩の下の岩で遊んでいるコバちゃんたちに混ざってカンテ沿いの4級くらいと思われる課題をやってみたけど、ムーブがあって非常に面白い課題だった。これ絶対瑞牆屈指の4級だと思う。フェイス真ん中のガバフレークから始まる2級ぐらいらしい課題はリップ取りが解決せず。

残り時間も少なくなってきたので集中して「算術」にトライ。



止まったのに左手が抜けたこのトライが今日のベスト。この後、強い若いクライマーさんが鬼のようなマシンガントライで一手目をかなりの確率で止めていたものの、マントルで落ちてばかり。一手目の振られ止めと足のスタンスを拾っている間にヨレてしまうらしい。結局誰も登れずじまいで時間切れ。僕はまず一手目の振られ止めに耐えるのが課題だけど、繋げると厳しいんだなあ…。


帰りはベシミ組と境川で合流して報告会。見事ミケちゃんは「ベシミ」を登ったらしい。さすがの決定力だな~。INOさん、ガミケンさんもあと一歩だったらしいので次回は期待できそう。僕もちょっとだけ進歩は感じられたけど、まだまだだなあ…。みんなに置いていかれないようにまだまだ進歩しないと。

IMG_7038s.jpg

瑠璃色の空と夕焼けのコントラストが幻想的だった。どんどん日が短くなっていくけど、もう少しだけチャンスをくれないかな。

Recent Tweet

Twitter < > Reload

プロフィール

SEN

Author:SEN
外岩好きのボルダラー。リードもたまに。175cm、62kg前後、リーチは178cm。アップに90分は要する超スロースターターなのが悩み。

元々ジム専だったものの、初段が落とせるようになってからは外ボルに取り憑かれる。シーズン中は毎週のように外岩に行っているように思われているが、仰るとおり。嫁は関西弁のアンジェラ(青森生まれ)。

以下過去の主な完登課題。

■御岳
マミ岩右SD2級
すべり台トラヴァース3級(OS)
デッドエンド1級
変形忍者返し初段
忍者返し1級
ファットアタッカー初段
とけたソフトクリーム岩トラヴァース初段
子供返し初段
勅使河原美加の半生初段
立ち鵜1級
命ちょーだい2級
丸こんにゃく右1級
チキンSD2級
御岳こうちん2級
丸こんにゃく左1級
デッドエンド左初段
遊歩道岩トラヴァース1級
素登り初段
イギリス人のトラヴァース2級
私の見栄1級
命ください中央2級
デッドエンド横断初段
白狐岩SD2級
オーストラリア岩カンテ右3級(FL)
マミ岩トラヴァース2級
遊歩道岩逆トラヴァース初段
豚の鼻1級
A/B岩トラヴァース初段
丸こんにゃく中央1級
マルガリ初段
ジャンピングフック1級
マミ岩階段1級
水の詩3級
亀返し初段
私の家(リップVer.)二段
凹角右抜け3級
モンキーポッケ初段
命ください右1級
トラヴァースボルダー左→右1級
エゴイスト(中継カチあり)初段
御岳洞窟1級
ファット・ブロッカー初段
猫砂1級
In Ome!(仮)1級くらい

■小川山
芋掘り1級(FL)
穴社員3級(FL)
達筆3級
神の瞳初段
コンケーブ3級
プーシェ3級(FL)
変人1級
流れの中に1級
ベヒーモス1級
メイ3級
ルー2級
ギガント初段
狸寝入り2級
目薬パチパチ1級
ライトスパイヤー3級
エイハブ船長1級
モルボル初段
三日月ハング1級
太古3級
きたない大岩左側壁のカンテ1級
サブウェイ3級
黒豆岩左2級
黒豆岩右2級(FL)
黒豆1級
田嶋ハング初段
キングチョックレフト1級
ファルコ初段
犬小屋二段
忘却岩マントル2級
飛沫二段
スィール3級
太鼓判初段
ラブリー・トラヴァース左→右初段
モンスリー1級
烈風初段
忘却の果て初段
フィロソフィー初段
露岩スラブ3級
露岩マントル2級
玉葱左3級
縦ダイク3級
冬枯れ2級
静かの海三段
キャンプ場ボルダーD岩左→右2級
石の魂(ポケット使用)1級
扇子2級
虹の入江初段
コンパウンド4級
涙岩1級(命)
The Two Monks二段
梅見る頃を過ぎても1級
アストロノーツ初段
八月二段
逆フィロソフィー初段
アイアンクロー3級(FL)
スプリンター1級
流れる3級
隠れ人1級
ヒッパルコス2級
大いなる河の流れ二段
モファット・トラヴァースⅠ1級
延長サブウェイ1級
ミダラ後半1級
ヴィクターカンテ1級

■笠間
ラブタッチ3級
ベンチ岩2級
大黒岩トラヴァース2級
ハングマン2級
シンプルファイター1級
スーパーマントル2級
樹海初段
ワシントン倶楽部2級
ハートビートカンテ2級
かさまん2級
きのこ岩トラヴァースSD1級
エ・モーション1級
シンプル&ディープ初段

■川井
ミエールSD3級
ブロック2級の右の1級(FL)
I've2級
イノバウワー3級
ミワタク初段
ブロック2級
ラブリー3級
ベッケンバウアー1級

■湯河原幕岩
ノーズ2級
ノース2級
のっぺり3級
貴船初段
ダイヤモンドバスト3級(OS)
パイプライン初段
米蔵2級Ver.
ダイヤモンドスラブ2級
湯河原ジャンプ3級
展望台2級
サンセットダディ1級
アイアンメイデン3級
木漏れ日1級
サブウェイ二段
秋晴れ初段
Wプロジェクト二段
バーリアル1級
ローリングストーン3級
ジャッキアップ2級

■天王岩
ウラヌス二段
般若初段

■十里木
深呼吸1級
超深呼吸初段

■北山公園
ナインティナイン3級
鉄人3級(FL)
ホールドアップ2級
股フックカンテ2級
林トラヴァース3級
シャークハング3級(FL)
お昼寝フェース1級
バーカーヘッドマントル1級
インシュリン3級
ウマノリカンテ3級(FL)
木下フェース中央3級
ショーギノーマル1級
火の用心左フェース1級
飛龍1級
スコーミッシュゾンビ2級
ドラの音2級
キーホールネオ1級(OS)
空手oh!1級

■笠置
黒い豚カレー1級(FL)
のっぺりカンテ3級

■裏御岳
ジュリエット1級
男一徹3級
一徹右2級
クライマー養成ギプス2級
めがね初段
ジョニージェニージャニー初段

■瑞牆
シャリシャリ君SD3級
祭の花1級
あかね雲3級
桜餅2級(OS)
カラクリ初段
百里眼1級
泉の家初段
花畑初段
ガリガリトラバース2級
夜を待ちながら2級
日々の暮らし1級
少年3級
角衛門マントルV5
穴くまじろうV5
ガリガリ君1級
普通の日初段
夏への扉1級
ジュゴン初段
指人形初段
コールドスリープ1級
穴熊ントル1級
DKマントル初段
玉2級
猫頭エリア無名初段
ナーガ1級
算術初段
狆穴子初段
竜王1級
倶利伽羅初段
エンドロール二段
羽音初段
黎明期SD3級
背伸び運動3級
インペリアルマーチ1級
背骨岩カンテ右1級
草笛1級

■具志頭
Around The Corner II初段
パインライス1級
チョックストーンアタック初段
オザーンの怪力トラバース1級(FL)

■笠置山(恵那)
エル3級(FL)
エンカイ1級
SOS2級
エルエル2級(OS)
ウォールフラワ3級
積木1級
皇帝ペンギン初段
エキドナ初段
シュクラン1級
三十路ボンバイエ3級
ノムール1級
ダイヤモンド初段
イルカ1級
ブライル2級
ウォールブライル2級
孔雀王初段?
ナイフのようなカンテ初段

■豊田
兄貴e
一難去ってd
ヘタd
蛇の目e
ティータイムd
ノミのジャンプd
うねりf
文明開化e
やせがえるd
ゴーストザッパーf
ピーターラビットe
緑e
枯れ葉e
枯山水e
ムーンサルトe
鯉のぼりe
半生茶e
きび団子d
瞬間芸e
石器d
ため息d
大盆栽d
王滝クラックe
極上おつまみe
破壊d
小鯨e?
タスキSDe
氷雨e
オレひざe
ポールd
デッドブラインドd
デルタd
バックトゥ・ザ・フューチャーⅢd
俊トラe
D助d
叫びe
手長猿d
ラースベイダーe
パンタグラフc
ポールポジションd
すりこ木d
球根e
寅トラe
へそe?
はたた神e

■SSK
ナルコレプシー初段
なまはげ初段(FL)
パスウェイ初段

■塩原
後悔3級
エロンチョ4級
Dライン3級(FL)
タンニャバード2級
鳥2級
桜3級(FL)
マントル職人初段

■フクベ
KIWA1級
マジック初段
カワゴイ1級
トリケラトプス初段

■下仁田
橋の下1級
道化師初段
クラック状岩2級

■城ヶ崎
富戸の冬1/2級
富戸の春初段
文殊初段

■安達太良
普通の人1級
柴田ランジ1級

■霊山
宝の山R3sd
休日出勤R3sd

■白州(神宮川)
秋天1級
川1級
ダイヤ2級
いぶし銀2級

■神戸
ディエス初段+

■三峰
一輪車初段
涼しいマントル初段
上級者への登竜門3級

■白州(尾白川)
高砂2~3級(FL)
烏蛇2~3級
剣の道3級
白蛇3級

■富士川
Rebellion初段
破れ傘初段
トキオハング初段

■王子ヶ岳
安藤さんカンテ2級
スプーンカットフェイス1級
グリコ3級(FL)
ナテハ3級

■黒潮ボルダー
松風1級
百と八つの流れ星
愛と絶望の狭間1級
季節外れの入道雲2級(FL)

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。